ジャクリーン・ホールデン

この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。

ジャクリン・ホールデン(Jacqueline Holden)はメイクアップ・アーティスト。

スポンサーリンク
TV映画

ブレイク ゾッとする少女

生まれて間もない双子の子育てに奔走中の母親ステラ。彼女はSNSで子守りを募集し、20歳の女性ブレイクを雇います。じつはブレイクはステラが19歳の時に産み、養子に出した実の娘。ブレイクは実母の家庭環境を調べ尽くし家族の中に入り込もうと画策しました。
TV映画

デッドリー・エクスチェンジ 狂気の女子留学生

留学生を受け入れた母娘の周囲に起こる怪死事件を描いたサイコ・サスペンス。ヴァレンティーナ・ノヴァコヴィッチとビクトリア・コネファルが女子大生役を演じます。ファム・ファタルなキャラクターはいませんが、キャンパスライフに生じる恐怖設定はナイス。
TV映画

フェイク・ガール 偽りの少女

フェイク・ガール 偽りの少女は2018年公開の米国TV映画。10代のサマンサは14年間で12の施設を渡り歩いた問題児。彼女を演じたシドニー・スウィーニーの高い演技や、シンディ・バスビーとエイプリル・ボウルビーのアットホーム感あふれる演技が魅力的。
TV映画

フェイク・マザー

この作品を濃密なホラーとはいえませんが、看護師ヴァネッサの綿密な計画をたどりながら見ていくと、なかなか怖いです。優しい笑顔とは裏腹に、看護師は患者一家を奪う計画を綿密に立てていました。二人の女優が逆の役柄でも怖い作品に仕上がったはず。
TV映画

ザ・サイコ 異常な愛情

突っ走るストーカーの内面にサイコ要素とマザコン要素が混ざって、なかなかキモい仕上がり。主演女優の演技、とくに感情を顔に出す演出が上手。出演女優が少なく、ファム・ファタル的な登場人物もいなくて、ただただロイドの気持ち悪さが目立ちました。
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
タイトルとURLをコピーしました