別居後の人生を考える

この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。

ここでは夫婦の別居を前提とした映画ドラマを紹介しています。

映画やドラマを見ていると、夫婦の別居や離婚、あるいは子供の養育や親権について、当事者たちが熟知している場合とそうではない場合に分かれます。

自分自身や子供の将来を考えるうえで、多少なりとも法的な事柄を知っておくことは有益です。

日本国の法務省では、父母の離婚後の子の養育の在り方や家族法制などに関連して、父母の別居や離婚が未成年期の子供に与える影響を実態調査した(委託)報告書を公表しています(2023年2月)。

報告書はこちらからダウンロードできます。

スポンサーリンク
女優・モデル

ダイアン・レイン

ダイアン・レインは米国の女優。ニューヨークで生まれ育ち、1979年、14歳のときに「小さなロマンス」で映画デビュー。スターへの階段を駆け上がるはずだった「ストリート・オブ・ファイヤー」は失敗し大きな印象を与えたのは西部劇の「ロンサム・ダブ」。
TV映画

キラー・コントラクター 暴かれる秘密

人気の絵本作家ケリーに父の訃報が届きました。母の死後、父とは疎遠になっていたため、ケリーは久しぶりに故郷へ戻ってきました。遺産として残された生家は誰もが羨む趣のある家でしたが、ケリーは母娘2人の生活に慣れたこともあって処分しようとします…。
TV映画

ジェラシー 幸せを奪う女

すべては夫が犯した一夜の過ちからスタート。執念深い女性の恐怖を描いたサスペンス。再び幸せをつかもうと踏み出したキャリアウーマンが、狡猾な罠に翻弄されて追い込まれる展開にハラハラ。執念深い女になり切ったアンナ・ヴァン・ホフトの怪演に戦慄。
女優・モデル

クリシェル・スタウス

クリシェル・スタウスは米国の女優、不動産業者。Netflixのリアリティ番組「セリング・サンセット」での役柄で知られ「オール・マイ・チルドレン」のアマンダ・ディロン役や「デイズ・オブ・アワ・ライブス」のジョーダン・リッジウェイ役でテレビに出演。
女優・モデル

アンナ・カリーナ

アンナ・カリーナはデンマークに生まれ仏国で活躍した映画女優。喫煙している姿や表情をみると煩悩が沸騰。彼女は目と口が大きく、映画女優に相応しい顔面偏差値。可愛いキャラクターでも、何気ない日常生活の描写でビュンビュン私たちを振り回してくれます。
女優・モデル

ベレン・ルエダ

ベレン・ルエダはスペインの女優。ホラー映画やサスペンス映画での演技が上手で、ホラー・ファンの間で国際的な名声を築いています。これからは、熟女なファム・ファタル役をもっと担当して、どんどん映画やドラマに出演していってほしいです。
女優・モデル

ミシェル・ファイファー

ミシェル・ファイファーは映画「バットマン リターンズ」のキャットウーマン役(兼セリーナ・カイル役)で有名な米国の女優。20歳のとき、南カリフォルニアの大手食料品チェーン「ボンズ」でチェッカーとして働いていたところ、女優になろうと決心。
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
タイトルとURLをコピーしました