ANNA/アナ

劇場映画
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

全ての予測を爽快に裏切るノンストップアクション・エンターテイメント。

スポンサーリンク

ANNA/アナ

  • 邦題:ANNA/アナ
  • 原題:Anna
  • 公開年:2019年
  • 上映時間:119分
  • 製作国:仏国
  • ジャンル:アクション、スリラー
  • 配給:キノフィルムズ

あらすじ

1990年、ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の殺し屋アナ。彼女は明晰な頭脳と身体能力を駆使し、国家間の争いをも左右する一流の暗殺者へと成長していく。そんな中、アメリカCIAの巧妙なわなにはめられ危機に陥ったアナは、さらに覚醒し…。

キーワード

闘うヒロイン、女殺し屋

見どころ

監督・脚本・製作は魅力的な闘うヒロインを世に送り出してきたリュック・ベッソン。ヒロインを演じたサッシャ・ルスのリアルかつ壮絶なアクションシーンに息をのみます。

スポンサーリンク

ファム・ファタル

主役のアナを演じたサッシャ・ルスは冷たいような悪女のようなビジュアルが似合い、ファム・ファタル要素が豊富。

けっこう顔面偏差値が低いですが、両目の距離が大きめなので目立つ顔立ち。口が大きいことも相まって、ド派手にメイク映えしますし、軽く塗るだけでクールなイメージにもなります。

トリビア

リュック・ベッソンの性的不品行

脚本家、プロデューサー、監督のリュック・ベッソンは、この映画の製作中に性的不品行で告発されました。

証拠不十分で告発はされませんでしたが、その後、スタジオと配給会社はこの映画から距離を置き、公式上映もせず、最低限の宣伝だけで公開。

モデルから女優に転身したサッシャ・ルスのブレイク作となるはずの映画は、全世界で3000万ドルしか稼げず、前作の興行的失敗作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」(2017年)ですでに苦境に立たされていたベッソンのヨーロッパ・コープ・スタジオの終焉を意味しかねませんでした。

ロシア人役を演じる主要キャスト

ロシア人役を演じる主要キャストのうち、ロシア人なのはサッシャ・ルスだけ。ルーク・エヴァンスはウェールズ人、デイム・ヘレン・ミレンはイギリス人だが先祖にロシア人がいます。シリアン・マーフィはアイルランド人で、アメリカ人を演じています。

モスクワ大学の化学部

クライマックスの戦いでアナを待つ車があるK.G.B.の建物はモスクワ大学化学部。大学の本館が一瞬見えます。

アナがシャワーを浴びる場面

殺し屋稼業に失敗したアナがシャワーを浴びながら壁にもたれる場面は、ベッソン監督の「レオン」でジャン・レノが演じた、ほぼ同じ状況場面へのオマージュ。

他作品との共通点

この映画は、脚本家、プロデューサー、監督であるリュック・ベッソンの過去作のひとつ「ニキータ」(1990年)と、そのアメリカでのリメイク版「アサシン」(1993年)と、ストーリーに多くの共通点があります。

ベンツW124のエンブレム

アナが1987年の通りを歩いていると、ボーイフレンドがベンツW124で停車するが、メルセデスのエンブレムはクロームではなくボンネットにあります。

また、ATMの前に車を止めると、1992年のフェイスリフトでのみ利用可能だった「サッコ・パネル」が装着されているのがわかります。

キャスト

登場人物 出演者
アナ サッシャ・ルス
オルガ ヘレン・ミレン
アレックス・チェンコフ ルーク・エヴァンス
レニー・ミラー シリアン・マーフィ
モード レラ・アボヴァ
ピョートル アレクサンドル・ペトロフ
ヴラド ニキータ・パヴレンコ
ニカ アンナ・クリッパ
ジミー アレクシー・マスロドゥドフ
ヴァシリエフ エリック・ゴドン
モッサン イヴァン・フラネク
サミー ジャン・バティスト・プエシュ
ジョン エイドリアン・カン
ドロテ アリソン・ウィーラー
オレグ アンドリュー・ハワード
フレデリック ヤン・オリバー・シュローダー
ソニア ルイーズ・パーカー
ペトラ サーシャ・ベリアエワ
レナータ グレタ・ヴァルレーゼ
インゲ ローレン・デ・グラーフ
アナの父 ミハイル・サフロノフ
アナの母 マリア・ルス
モスクワのタクシー運転手 セルゲイ・バチュルスキー
KGB上官 アーネスト・グロモフ
KGBの歩哨 セルゲイ・ジャルコフ
モリ エド・フレロフ
ワシーリエフの秘書 ユリア・ムンロフ
オルガの技術者 ジェス・リアウディン
ピョートルの人質 クリストファー・クレイグ
モスクワのプレイボーイ ユーリイ・ザバルニョク
CIA長官 デビッド・コバーン
ミラーの運転手 ジェームズ・ジョイント
ミラーの助手 トニオ・デスカンベル
ブレイク レジナル・クディウ
ビノーム・ブレイク マヌエル・シノル
モンソーのウェイター ジェラール・グライヨ
マリオ ローラン・フェラーロ
マリオのスタイリスト ザック・アンディアナス
マリオのメイク担当 薮内彩
マリオのアシスタント マボ・クヤテ
ナト エリック・ランペール
ナトのプロデューサー ファニー・ル・ガック
ナトのモデル1 ポーリン・ホアラウ
ナトのモデル2 ノーム・フロスト
ナトのアシスタント ジョーダン・ドウェイン
ボクシング・カメラマン ピーター・ラマルク
ネタ グレース・ハンコック
自動車事故の女 カンス・トスン
研究員 ニッコロ・センニ
スコープCIAエージェント スコット・スラン
スコープCIAエージェント2 テレンス・アマディ
邸宅カメラマン ジャン・マルク・モンタルト
KGB監視1 アレクサンドル・マジェトニアク
KGB監視2 トニ・フリストフ
KGB監視3 レオニード・グルシチェンコ
DJパーティー アンソニー・ウェバー
エージェンシー受付1名 エリース・リサグ
アシスタント ウェンディ・グルニエ
レストランマネージャー ヴィアチェスラフ・アルダチョフ
レストランゲスト ポール・ルフェーヴル
レストランのターゲット アラン・フィグラーツ
アレックスの相棒 イゴール・サヴォーチキン
アンナ 8歳 カミラ・ホヴォルコワ
アンナ・ブロンド ナスティア・ステン
ナトのモデル8 アナ・アンデルサール
CIAエージェント コリン・ベイツ
CIAエージェント ヴィクトリア・サー
ファッション・ウィーク・ゲスト ソフィア・ダン=ウォーカー
カスケードゥール フランソワ・ジラール
CIAエージェント ドミトリー・グリネビッチ
ロシア衛兵 マクサンス・ユエ
KGBエージェント アンドレ・ラファエル・イワノフ
キリル トラビス・カーシェン
ボディガード ヘンリック ジャン・クロード・ムアカ
外交官 エマニュエル・メナール
CIAエージェント トム・ニール
CIA諜報員 ジュヌビエーブ・オニール
KGB諜報員 ウィリアム・サイオルティーノ
CIA諜報員 ジェイソン・ストーンキング
スタイリスト クリストフ・テック
車の男/シャワーの男 ルパート・ウィン=ジェームズ

スタッフ

監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン
衣装デザイン オリヴィエ・ベリオ
ヘアスタイル/メイクアップ ミラノ フルヴィア・バルトリ
メイクアップ主任 モスクワ アンナ・ベリャエワ
メイクアップ グアドループ コリンヌ・ビッソ
ヘアスタイル グアドループ ステファン・ブロンドー
追加ヘアスタイル カトリーヌ・ボディニエ
追加ヘアスタイル ジュリエット・シュパン
追加ヘアスタイル ステファン・ドラハイエ
メイクアップ ギィ・エスピタリエ
特殊メイクアップ ドゥニ・ガストゥ
メイクアップ研修生 ルキーノ・ガッティ
追加メイクアップ ファビエンヌ・ジェルヴェ
メイクアップ研修生 メロディ・グランド
ヘアスタイル マチュー・ゲラカグ
追加メイクアップ ファニー・ヤクボヴィッチ
ヘアスタイル ベオグラード ジョヴァナ・ジェラカ
特殊メイクアップ効果 ケイティ・ジョーンズ
特殊メイクアップ効果 木村和仁
ヘアスタイル主任 ニコラ・ル・スクール
追加メイクアップ エロディ・ルプランス
追加メイクアップ コリンヌ・マイヤール
追加メイクアップ サンドラ・マルシアーノ
メイクアップ モスクワ ゼーニャ・ミハイリチェンコ
メイクアップ フレデリック・ネイ
メイクアップ ティ・タイン・トゥー・グエン
メイクアップ ヴェスナ・ペボルデ
ヘアスタイル ヘレン・ミレン ケイ・フィリップス
追加メイクアップ エリザベス・ピラルスキー
メイクアップ主任/スカー エマニュエル・ピトワ
特殊メイクアップ効果 レティシア・キレリー
追加メイクアップ アリス・ロバート
ヘアスタイル ミゲル・サントス
特殊メイクアップ ジャン=クリストフ・スパダッチーニ
追加メイクアップ アウエファ・スタッブス
ヘアスタイル・メイク主任 ベオグラード マルティナ・スビッチ=ドドチッチ
追加ヘアスタイル セシリア・スバーン
ヘアデザイナー主任 ジスレーヌ・トルテロー
メイクアップ 薮内彩
メイクアップ主任 エマニュエル・ピトワ
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
劇場映画
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました