コンスタンス・ウー

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

コンスタンス・ウー(Constance Wu)は米国の女優。

なむ
なむ

彼女の顔はBLACKPINKのジスに似ています。二人とも小柄でクールな女王様顔。

彼女は2017年にタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました。これまで、ゴールデン・グローブ賞、映画俳優組合賞、2つのTCA賞にノミネートされるなど、いくつかの称賛を得ています。

また、批評家チョイス・テレビジョン賞のコメディシリーズ部門主演女優賞に4回ノミネートされ、エイミー・ポーラーと並び、ジュリア・ルイス=ドレイファスに次いで同部門で2番目にノミネートされた女優となりました。

スポンサーリンク

コンスタンス・ウー

  • 中国名:吳恬敏(繁体字)、吴恬敏(簡体字)
  • 生年月日:1982年3月22日(41歳
  • 出生地:米国バージニア州リッチモンド
  • 学歴:ニューヨーク州立大学パーチェス校(BFA)
  • 職業:女優
  • 活動期間:2006年~現在
  • パートナー:ライアン・カットナー
  • 子供:2人
  • Instagram:Constance Wu
  • Twitter:Constance Wu

コンスタンス・ウーはABCテレビのコメディ「フレッシュ・オフ・ザ・ボート」(2015~2020年)のジェシカ・ファン役で主演し、これがブレイクのきっかけとなりました。そして、批評家チョイス・テレビジョン賞のコメディシリーズ部門主演女優賞に4度ノミネートされた。

ロマンチック・コメディ・ドラマ映画「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(2018年)のレイチェル・チュー役でさらに称賛され、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)、映画俳優組合賞優秀キャスト賞(映画部門)などにノミネート。アジア系の女優としては40年以上ぶりに、前者の部門にノミネートされた女優としては全体で4人目となりました。

その後、犯罪ドラマ映画「ハスラーズ」(2019)と映画「ライル、ライル、クロコダイル」(2022)に主演。同年、一連のメディア論争と精神衛生問題を経て、回顧録「Making a Scene」を出版し、批評家たちから成功を収めています。

スポンサーリンク

ファム・ファタル

ハスラーズ

コンスタンス・ウーが「ハスラーズ」で演じた人物は、母として娘とともに生きる決断をした女性デスティニー。つまり、役名そのものを全うする登場人物です。

メイクとパッツンがセクシーでした。

部屋着や外出着、そしてストリッパー衣装をたくさん見られます。ブーツを履く場面は2回登場。

生い立ち

コンスタンス・ウーは米国ヴァージニア州リッチモンドで生まれました。

両親は台湾から移住してきました。父親のファン・シェン・ウーはヴァージニア・コモンウェルス大学の生物学と遺伝学の教授であり、母親はコンピューター・プログラマー。

父方の祖父母は非常に貧しく、竹細工農家として働いており、教育を受ける機会がなかったため、読み書きができなかったとコンスタンスは語っています。

バージニア州ヘンリコ郡にあるダグラス・S・フリーマン高校を卒業。高校時代にリー・ストラスバーグ演劇映画研究所の6ヶ月間のプログラムに参加しました。

その後、2005年にニューヨーク州立大学パーチェス校の演劇芸術音楽院を卒業し、演技の学士号を取得。

経歴

初期の仕事とフレッシュ・オフ・ザ・ボート(2006年~2016年)

ニューヨークで、コンスタンス・ウーは舞台や自主映画に出演しました。

「ステファニー・デイリー」(2006年)の脇役でスクリーンデビュー。その後、「Year of the Fish」と「The Architect」で脇役を演じました。テレビでは「LAW & ORDER」のエピソードに出演。

2007年にはABCのソープオペラ「One Life to Live」にローディン・リー役でレギュラー出演。

2010年、失恋をきっかけに衝動的にニューヨークからロサンゼルスに引っ越したとインタビューで語っています。ロサンゼルスでは、ザル・バトマングリイ監督の「Sound of My Voice」に出演。

2012年から2017年まで、ウェブシリーズ「EastSiders」に出演。2014年と2016年の2度、インディ・シリーズ・アワードのアンサンブル賞(ドラマ部門)を受賞。また、同年のインディ・シリーズ・アワードでは助演女優賞(ドラマ部門)とゲスト女優賞(ドラマ部門)の2部門にノミネートされました。

2014年、コンスタンスはサンダンス脚本家ラボに参加。アジア系アメリカ人の新鋭監督2人、ヨン・チャンとクリストファー・ヨギとともに活動をはじめました。アジア系のストーリーテラー仲間をサポートするまたとない機会だと感じたそうです。

同2014年、売れないコメディのパイロット版に出演した後、ランダル・パークとともにABCのコメディ番組「Fresh Off the Boat」の主役を射止めました。このシリーズは、シェフでフード・パーソナリティのエディ・フアンの人生と、彼の著書「Fresh Off the Boat」をモチーフに描いています。同シリーズは2015年に初放送され、コンスタンスは批評家から絶賛されました。

「E!」は彼女を2014-15年テレビ・シーズンのブレイアウト・スターに選出。ジェシカ・ファン役で、批評家チョイス・テレビジョン賞コメディ・シリーズ部門主演女優賞に4回ノミネートされ、テレビ批評家協会TCA賞コメディ部門個人業績賞に2回ノミネートされました。

クレイジー・リッチ・アジアンズと高い評価(2017年~現在)

2017年、Huluのアンソロジーシリーズ「Dimension 404」に出演し、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれます。

同2017年2月、彼女はケヴィン・クワンの同名ベストセラー小説を原作とするジョン・M・チュウ監督の映画化作品「クレイジー・リッチ・アジアンズ」の女性主人公に抜擢されました。同作は2018年8月15日にワーナー・ブラザースによって米国とカナダで公開され、1993年の「ジョイ・ラック・クラブ」以来、オール・アジア系キャストを起用した初のハリウッド・スタジオのメジャー映画となりました。この映画は批評的にも商業的にも成功を収め、2億3800万ドル以上の興行収入を上げ、この10年間で最も興行収入を上げたラブコメディーとして注目されました。彼女の演技は高い評価を受け、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞、サテライト賞、批評家チョイス映画賞2部門、NAACPイメージ賞2部門にノミネート。ゴールデン・グローブ賞のコメディ・ミュージカル部門主演女優賞にノミネートされたのは40年以上ぶりで、アジア人女性としては史上4人目。

彼女は「クレイジー・リッチ・アジアンズ」の続編「チャイナ・リッチ・ガールフレンド」と「リッチ・ピープル・プロブレムズ」のレイチェル・チュー役で再出演することが決まっています。

2018年11月、短編アニメ映画「Crow」に主演。また、「The Legend」にスカンク役で出演しました。

2019年、マンハッタンで裕福な男性から強盗を働く元ストリッパーのグループを描いた犯罪コメディ映画「ハスラーズ」でジェニファー・ロペスと共演。2019年9月13日に公開された同作は興行的に成功を収め、全世界で1億5700万ドル以上の興行収入を記録。批評家からも好意的な評価を受けました。コンスタンスは役作りのために、ストリップクラブで覆面捜査をしました。

また、2019年、独立系ドラマ映画「I Was a Simple Man」に主演。

2019年6月、レイチェル・コンのデビュー小説を原作とする「グッバイ・ビタミン」というタイトルの映画で主役を演じることが発表されました。この映画はユニバーサル・ピクチャーズが配給し、彼女はエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

2021年3月、アマゾン・プライムのスリラーシリーズ「The Terminal List」に出演。

最近では、Entertainment OneとファーストルックTV契約を結びました。

2022年10月7日公開の新作映画「ライル、ライル、クロコダイル」でプリム夫人を演じました。2022年後半には、ロサンゼルスのアーマンソン劇場で上演された舞台「2:22 A Ghost Story」に主演。

2022年10月、初の著書となる回顧録「Making a Scene」を出版。

私生活

人間関係

コンスタンス・ウーは米国ロサンゼルス在住。

2011年12月、ウーは俳優のベン・ヘスコートと出会い、2018年2月まで交際した。

2018年11月、コンスタンスは、白人であるヘスコートと交際したことで受けたネット上での嫌がらせや批判について語りました。

2020年8月、彼女はバンド「マンマン」のフロントマンである恋人ライアン・カトナーとの間に第一子となる女児を出産。

2023年2月21日、インスタグラムのストーリーで第2子の妊娠を発表し、2023年7月20日に第2子となる男児を出産したことを明らかにしました。

活動家と慈善活動

コンスタンスは米国メディアにおける中国人の表現に関する活動家であり、映画業界に多様性をもたらすことへの支持を表明しています。

また、彼女は、人種的背景のために役柄を拒否されたことがあるというエピソードを披露し、自分の成功が米国映画界に多様な表現の道を開くことを願っていると述べています。

中国系アメリカ人の活動家によって採用された#StarringConstanceWuというハッシュタグ・ミームは、中国系の俳優が主演を務めていないことを強調するために、彼女の画像を映画の宣伝材料に挿入します。

2017年、「Teen Vogue」のインタビューで、コンスタンスは南カリフォルニアに新しく到着した移民や難民の家族に必要なキットを提供する団体「Miry’s List」と協力し、”平和、安全、家族の幸福を求めて移民の旅をする勇気のある人々 “のケアに積極的に取り組みたいと述べました。

メンタルヘルスとネットいじめ

2019年5月、「フレッシュ・オフ・ザ・ボート」の第6シーズンが更新され、最終シーズンとなった後、彼女は、更新を発表した番組のインスタグラムの投稿に「Dislike(嫌い)」とコメントしたり、「今は動揺していて、文字通り泣いている」とツイートするなど、更新への不満をソーシャルメディアに投稿しました。

その数日後、番組のリニューアルに腹を立てていたのは「フレッシュ・オフ・ザ・ボート」での役柄と比べ、芸術的な挑戦となるような「本当に情熱を注いでいた」別のプロジェクトからの降板を余儀なくされたからだと明らかにしました。

彼女はさらに、キャストの仲間を愛しており、彼らに敵意は持っていないと述べました。

これらの投稿はソーシャルメディアで反発を呼びました。

2022年7月、コンスタンスは、この論争、とくに「中国系アメリカ人コミュニティの汚点になった」と彼女に告げた「中国系女優仲間」からの数通の私信が自殺未遂を促したことを明らかにしました。

彼女はその後3年間ソーシャルメディアを控え、女優としての仕事量を減らして「精神衛生に専念」し、心理療法にも入りました。

2022年9月、彼女はインタビューで述べたことによると、「Fresh off the Boat」の不特定多数のプロデューサーからセクハラのターゲットにされ、それが番組リニューアルのニュースに対する彼女の最初の反応の一因になりました。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました