リズ・フェニング

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

リズ・フェニングは、米国の舞台女優、映画女優、声優。

スポンサーリンク

リズ・フェニング

  • 名前:リズ・フェニング(Liz Fenning)
  • フルネーム:エリザベス・アン・”リズ”・フェニング
  • 生年月日:1984年8月12日(39歳)
スポンサーリンク

経歴

リズ・フェニングは、ローマ大学、グラウンドリングス・スクール、アンソニー・マインドルのアクティング・スタジオ、カーネギーメロン大学で学んびました。

舞台女優として、すでにいくつかの作品に出演。劇場だけでなく映画祭にも出演。

2009年にテレビシリーズ「I Didn’t Know I Was Pregnant」と長編映画「Box of Shadows」でテレビ・映画女優としてデビュー。

2012年、「ゴーストメーカー」で長編映画の主役に初挑戦。その後、「Deadly Alibi」、「Californication」、「Sex Sent Me to the ER」、「Deadly Sins」でエピソード的な役を演じました。

つづいて、2016年にはホラー映画「OMG…」で主役の一人を演じ、「We’re in a Horror Movie」にも出演。2018年、B級映画「アタック・フロム・ザ・アトランティックリム2-メタルVSモンスター」、「フライト666」などで脇役。 2019年、「サンアンドレアス・メガクエイク」で女性主役を演じました。

2018年以降、彼女はメタルバンド「ゴースト」のビデオに出演し、シンガーのカーディナル・コピアの架空の物語を語り、バンドの歴史とされる他の時代も映し出しています。なかでも彼女は、1969年9月13日にロサンゼルスでライブを行なうバンドの映像に出演。

また、アルバム「Prequelle」収録曲「Dance Macabre」のミュージックビデオに出演。リズは自らをメタル音楽の愛好家だと語っています。

私生活

2018年10月7日より、映画プロデューサー、映画監督、俳優のジェイコブ・デイビッド・スミスと結婚。

フィルモグラフィ

映画

  • 2023年:遠い物語
  • 2023年:闇を抜けて
  • 2023年:ねじれたデート
  • 2023年:トゥルー・レヴュー
  • 2023年:Nanny Dearet
  • 2021年:苦悩の芸術家たち: コーダ茶屋のヒットマン
  • 2021年:マリーゴールド
  • 2021年:ホワイト・エレファント
  • 2021年:スペース・ドック
  • 2021年:キラー・グレード
  • 2021年:アーツ&レジャー
  • 2020年:雪の中の秘密
  • 2020年:深淵より
  • 2020年:開催
  • 2020年:ドレスデン・ファイル ピース・トーク
  • 2020年:トゥ・ザ・ビート!年:バック2スクール
  • 2020年:ありのままで
  • 2019年:荒野のマクベス夫人
  • 2019年:リカバリー
  • 2019年:ラフ・モブのラフ・トラック
  • 2019年:サンアンドレアス・メガクエイク
  • 2018年:フライト666
  • 2018年:ヒューマン・レポート85616
  • 2018年:ジャスト・セイ・イット
  • 2018年:カム ダイアン
  • 2018年:アタック・フロム・ザ・アトランティックリム2〜メタルVSモンスター(アトランティックリム:リザレクション)
  • 2018年:アイ・ラブ・ユー、アメリカ
  • 2018年:UnCorked
  • 2017年:不吉な大臣
  • 2016年:ブラッド・トレイル
  • 2016年:セイレーンの音から私を救って
  • 2016年:ザ・リビング
  • 2016年:ゴーストハンターズ
  • 2016年:OMG… 私たちはホラー映画の中にいる
  • 2015年~2016年:Deadly Sins
  • 2015年:Sex Sent Me to the ER
  • 2014年:ロン・スケイルズ 狼男ハンター
  • 2014年:フューセリ
  • 2013年:ロコ・デ・アモール
  • 2013年:カリフォルニケーション
  • 2012年:致命的なアリバイ
  • 2012年:ゴーストメーカー 死後の世界を恐れろ
  • 2011年:免疫
  • 2011年:ナイトメア
  • 2011年:ザ・リスト
  • 2010年:この街を走れ
  • 2009年:私が妊娠したなんて知らなかった
  • 2009年: 影の箱

ゴーストビデオ

  • 2022年:十字架のマリア
  • 2019年:第7章 新世界レドロ
  • 2019年:チャプター・エイト キス・ザ・ゴー・ゴート
  • 2018年:第四章 事故
  • 2018年:第五章 電話
  • 2018年:第一章:新しい血
  • 2018年:ダンス・マカブル

舞台

  • 2016年、2018年~2019年:シルク・ドゥ・ソレイユ&ザ・デリュージョン
  • 2017年:無関心、レジー ロバート・マレー・ダンカン(SPFフェスティバル)
  • 2018年:ドライ・ボーンズ」 レジ:サム・アンダーソン(SPFフェスティバル)

2020年

  • レジデント:ナンシー・ファセット(SPFフェスティバル)
  • ホワイト・ナイツ」レジ:スチュワート・J・ズリー
  • ドラキュラ(ヴァージニア・ステージ・カンパニー)
  • ゼン・ショート(パサディナ・プレイハウス)
  • エヴリシング・ウィル・ビー・ディファレント(エコー・シアター・カンパニー)
  • R+J=Love(インナー・サークル・シアター)
  • The House of Blue Leaves(ラウ・シアター)
  • Pope(シアター・アンリーシュド)
  • Ligature Marks(シアター・アンリーシュド)
  • ラスト・オブ・ザ・レッド・ホット・ラヴァーズ(ビッグ・オーク・シアター)
  • スリーピング・カントリー(PLAY LA Fest)
  • ロンバルディ事件1975(ライブ・イン・シアター)

シンクロナイズ

  • 2019年:アリスとイヴ 遊園地でぶらぶら(アニメーション映画)
  • 2017年:ルナの物語(ツァイチェントリックフィルム)
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました