エージェント:0 漆黒の暗殺者

劇場映画
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

一流の暗殺者たちがプライドを懸けた戦いを繰り広げるサスペンスアクション。

スポンサーリンク

エージェント:0 漆黒の暗殺者

予告編はこちら。

  • 邦題:エージェント:0 漆黒の暗殺者
  • 原題:The Virtuoso
  • 公開年:2021年
  • 上映時間:110分
  • 製作国:米国
  • ジャンル:アクション、クライム、スリラー

あらすじ

伝説の暗殺者ゼロは、任務中に一般人の命を奪ってしまったことから過去を償うようにひっそりと生きています。ある日、ボスから再び殺しの指令を授かり、裏社会から足を洗うために最後の任務に臨みますが、彼の前に殺し屋のデキシーが現れて…。

キーワード

ウェイトレス、殺し屋、暗殺者

見どころ

「ゴッドファーザー PARTIII」の製作陣のもと、アンソン・マウント、アビー・コーニッシュら実力派俳優が集結。組織のボスに扮するアンソニー・ホプキンスの怪演は圧巻。

感想

一流の暗殺者たちがプライドを懸けたかもしれませんが、アンソニー・ホプキンスが出演していなければ、神経質で疑心暗鬼な男性が放浪ついでに犯人探ししているだけのようなB級映画。

アビー・コーニッシュがグラマラスな可愛い女性だったのが私的には救い。

本作の枯れた印象は、すでに映画の冒頭でヴィルトゥオーゾが受け取った暗号文に書かれています。

かつて、自分のやり方に固執し、日常に縛られ、76年間いつも同じことをして、同じものを食べ、同じ色を選び、同じ戦いに勝ってきたことを理解し、先見の明をもたない、すり減って枯れ果てた老人がいた。家、仕事、休息、食事、夢。18歳のときから、彼は自分の境遇に疑問を抱くことはなかった。はじめて自分の境遇を疑ったのは、三位一体…そして、生きた人生は二度と生きられないという苦悩を味わってからだった。

スポンサーリンク

ファム・ファタル

ウェイトレスのアビー・コーニッシュがグラマーでアクティブな女性を演じていて萌えます。彼女とのベッドインは楽しそう。

頼り甲斐のなさそうなジョニーのガールフレンドにDiora Baird。劇中では生えないビジュアルでしたが、もともと顔面偏差値はかなり高いです。

GTOガールをシェイ・ガスリーが演じました。この女性がGTOs(Girls Together Outrageously)だとしたら、ロサンゼルス、とくにサンセット・ストリップ・シーン出身のガールズ・グループとなって、活動時期は1960年代・1970年代。本作の時代設定はどうなってるんだろう…。GTOガールはGTOsの系譜をもつガールのことなのでしょうかね…!?

トリビア

アクションがほとんどなく静的な場面が長く続くので、いろいろ発見があります。

アビー・コーニッシュが演じたウェイトレスだけをとりあげてみます。

  • ウェイトレスがヴィルトゥオーゾを撃ったら最初の一発は空砲。銃がリボルバーじゃないので、クリップから弾丸を取り出してもこの現象は起こりません。クリップの弾丸の数に関係なく弾丸は発射されるのです。
  • 主人公が車のトランクで本物の保安官の死体を発見したとき、彼はウェイトレスのディクシーが以前に彼が食堂に入ったときに偽者を知っているかのように振る舞い、彼に「旅のお供に」と菓子を勧めたことに気づくはず。もし主人公が自称するように観察力があるのなら、彼がホテルの部屋に戻って彼女がまだベッドで眠っているのを見つけた時点で、彼女の人生を終わらせるべき。
  • 巻き添え被害を憂慮する誰かは、彼女が偽の副保安官を知っていたかもしれないという理由で彼女を殺すことに飛びつくのは薄っぺらな推論。本物のウェイトレスなら、お菓子の売上を増やそうとするはず。

キャスト

アンソン・マウントは「インヒューマンズ」でアビー・コーニッシュの妹、イザベル・コーニッシュと共演。

登場人物 出演者
ザ・ヴィルトゥオーゾ アンソン・マウント
ウェイトレス アビー・コーニッシュ
メンター アンソニー・ホプキンス
副官 デヴィッド・モース
一匹狼 エディ・マーサン
ハンサムなジョニー リチャード・ブレーキ
ジョニーのガールフレンド ディオーラ・ベアード
モーテルの従業員 クリス・ペルフェッティ
GTOの男 ライアン・ジョーンズ
GTOガール シェイ・ガスリー
ママ ジェナ・ヘルマス
デュード ブレーズ・コリガン
女の子 エステル・ジラード・パークス
男の子 トレント・イアコノ
ウィロー
歩行者 バジル・カーシュナー

スタッフ

監督 ニック・スタグリアーノ
脚本 ニック・スタグリアーノ、ジェームズ・C・ウルフ
衣装デザイン リタ・スキティエール
衣装監督 アリソン・ピエローニ
衣装制作助手 リアム・ダグ
テーラー キャロライン・ラ・ポルタ
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
劇場映画
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました