ボー・ローゼズが衣装デザインを手がけた映画やドラマ

ボー・ローゼズが衣装デザインを手がけた映画やドラマ
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。

ボー・ローゼズは米国の衣装デザイナー。

ロサンゼルスを拠点にセレブリティ向けのワードローブ・スタイリストやファッション・デザイナーとして活躍しています。

ここでは彼女が衣装デザインを手がけた映画やドラマを紹介しています。

経歴や作品などの詳細はボー・ローゼズをご覧ください。

スポンサーリンク
TV映画

ハード・ストーム 監禁された女性

交際相手の暴力から逃れようと車を走らせるエマ。時を同じくしてテキサス州に雷雨警報が発令されます。タイヤがパンクし、竜巻が接近してきたため、エマは人里離れた農家に助けを求めましたが、この家は足を踏み入れたが最後、恐ろしい事態が待っていました。
TV映画

デッドリー・エクスチェンジ 狂気の女子留学生

留学生を受け入れた母娘の周囲に起こる怪死事件を描いたサイコ・サスペンス。ヴァレンティーナ・ノヴァコヴィッチとビクトリア・コネファルが女子大生役を演じます。ファム・ファタルなキャラクターはいませんが、キャンパスライフに生じる恐怖設定はナイス。
関連情報

ボー・ローゼズ

ボー・ローゼズは米国で活躍する衣装デザイナー。メキシコにルーツをもち、米国カリフォルニア州サンディエゴに育ちました。彼女が最初に業界からブッキングされたのは2015年のことで、リル・ジョンのヒット曲「Bend Ova」のMVでスタイリングを手がけました。
TV映画

フェイク・ガール 偽りの少女

フェイク・ガール 偽りの少女は2018年公開の米国TV映画。10代のサマンサは14年間で12の施設を渡り歩いた問題児。彼女を演じたシドニー・スウィーニーの高い演技や、シンディ・バスビーとエイプリル・ボウルビーのアットホーム感あふれる演技が魅力的。
TV映画

フェイク・マザー

この作品を濃密なホラーとはいえませんが、看護師ヴァネッサの綿密な計画をたどりながら見ていくと、なかなか怖いです。優しい笑顔とは裏腹に、看護師は患者一家を奪う計画を綿密に立てていました。二人の女優が逆の役柄でも怖い作品に仕上がったはず。
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
タイトルとURLをコピーしました