シャーリーズ・セロン

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

シャーリーズ・セロンは、南アフリカ、米国の女優、プロデューサー。

世界でもっとも稼いだ女優の一人で、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などさまざまな賞を受賞しています。

2016年、タイム誌は彼女を「世界で影響力のある100人」に選出しました。

なむ
なむ

シャーリーズ・セロンはシャロン・ストーン似の顔面偏差値とスタイル性が高いうえ、本気度が高い役作りがこれまた多彩 (^^)/ トレンディな社会活動を頑張りすぎていて、恋愛面では米国政府の結婚政策にアンチにやや翻弄されているか…。ちょっと私生活を楽しめていない気がするのは、余計な杞憂でしょうか…!?

スポンサーリンク

シャーリーズ・セロン

  • 本名:Charlize Theron
  • カタカナ表記:シャーリーズ・セロン
  • 生年月日:1975年8月7日生まれ(48歳)
  • 出身地:南アフリカ共和国トランスバール州ベノーニ
  • 国籍:南アフリカ、米国
  • 職業:女優、プロデューサー
  • 活動期間:1995年~現在
  • パートナー:スチュアート・タウンゼント(2001-2009)
  • 子供:2人
  • ウェブサイト:Charlize Theron Africa Outreach Project
  • Instagram:Charlize Theron
  • Twitter:Charlize Theron
  • Rotten Tomatoes:Charlize Theron
スポンサーリンク

キャリア

1994年、シャーリーズ・セロンは映画業界で働くつもりで、母親が買ってくれた片道航空券でロサンゼルスに飛びました。

現地で最初の数ヶ月をすごした間、彼女は母親からもらった300ドルの予算でモーテルに住んでいました。

ある日、母親が家賃援助のために送った小切手を含む数枚を現金化するためにハリウッド大通りの銀行へ行きました。しかし、州外であり、アメリカ市民ではないという理由で拒否され、銀行の窓口係と議論し嘆願しました。

結局、後続客であったタレント・エージェントのジョン・クロスビーが現金化し、彼の名刺を渡しました。

「ショーガール」のオーディションを受けたとき、シャーリーズは共同キャスティング・ディレクターのジョハンナ・レイからタレント・エージェントのJ・J・ハリスを紹介されました。

彼女は、ハリスが自分の可能性をどれほど信頼していたかに驚いたと振り返り、ハリスを自分のメンターと呼びました。

ハリスはシャーリーズのためにいろんなジャンルの脚本や映画をさがし、プロデューサーになろうと提案。ハリスが亡くなるまでの15年以上、彼女はシャーリーズのエージェントでした。

ブレイクスルー(1997年〜2002年)

その後、ハリウッド映画でより多くの役を演じるようになりました。

1990年代末までにシャーリーズ・セロンのキャリアは拡大。

出世作のホラードラマ「悪魔の代弁者」(1997年)で、キアヌ・リーブスやアル・パチーノらと共演し、異常な成功を収めた弁護士の妻を演じました。

その後、アドベンチャー映画「マイティ・ジョー・ヤング」(1998年)では巨大なマウンテンゴリラの友人・保護者役、ドラマ「サイダーハウス・ルール」(1999年)では第二次世界大戦時代のメイン州で中絶を求める女性役で出演。

「マイティ・ジョー・ヤング」が興行的に失敗したのに対し、「悪魔の代弁者」と「サイダーハウス・ルール」は商業的に成功しました。

また、「ヴァニティ・フェア」誌1999年1月号の表紙を「ホワイト・ホット・ヴィーナス」として飾り、「プレイボーイ」誌1999年5月号の表紙を、無名モデルだった数年前に撮影された写真で飾りました。

2000年代初頭まで、シャーリーズ・セロンは次のような映画で着実に役柄をこなしました。

商業的な成功は限定的だったものの、いずれも女優としての地位を確立するのに貢献しました。

  • トナカイゲーム
  • The Yards
  • バガー・ヴァンスの伝説
  • Men of Honor
  • Sweet November
  • 翡翠色のサソリの呪い
  • Trapped

この時期のキャリアについて、シャーリーズはこう語りました、「監督たちは私をバックアップしてくれるけれど、スタジオはそうしてくれない」。

また、「本当に心から尊敬する監督たちとの恋愛が始まった。気がついたら、本当にひどい映画も作っていた。《トナカイゲーム》は良い映画ではなかったが、ジョン・フランケンハイマー監督が好きだったから撮った」。

世界的な知名度と女優としての成功(2003年~2008年)

イタリアン・ジョブ

シャーリーズは2003年の強盗映画「イタリアン・ジョブ」で金庫技師役に出演。この作品は、1969年の同名イギリス映画のアメリカ版オマージュ・リメイク。

F・ゲイリー・グレイが監督し、マーク・ウォールバーグ、エドワード・ノートン、ジェイソン・ステイサム、セス・グリーン、ドナルド・サザーランドらが共演しました。

この映画は興行的に成功して、全世界で1億7,600万米ドルの興行収入を上げました。

モンスター

モンスター」(2003年)では主演を務めました。

1980年代後半から1990年代前半にかけて6人の男性を殺害し、2002年にフロリダ州で死刑が執行された元娼婦の連続殺人犯アイリーン・ウーノスを演じました。

この演技により、2004年2月の第76回アカデミー賞で主演女優賞を受賞し、映画俳優組合賞とゴールデングローブ賞も受賞。

アカデミー賞の受賞により、ハリウッド・レポーター誌で2006年ハリウッドで最も稼いだ女優のリストに入り、1本の映画で最高1,000万米ドルを稼いで、7位にランクインしました。

2004年のHBO映画「The Life and Death of Peter Sellers」ではスウェーデン女優で歌手のブリット・エクランドを演じ、ゴールデングローブ賞とプライムタイム・エミー賞にノミネート。

2005年には、FOXのTVドラマ「アレステッド・ディベロプメント」の第3シーズンで、マイケル・ブルース(ジェイソン・ベイトマン)の知的障害のある恋人リタを演じ、商業的に失敗したSFスリラー「イオン・フラックス」では主演。

ノース・カントリー

また、「ノース・カントリー」(2005年)は絶賛され、シャーリーズはシングルマザーでセクハラを経験した鉱山労働者を演じた。

「バラエティ」誌のデヴィッド・ルーニーは、「シャーリーズは《モンスター》から、多くの点でより完成度の高い演技に移行している」と高評価。

ロジャー・エバートも同じような感想を述べ、「ファッションモデルのような美しさをもちながら、男性の世界で華やかさのない女性たちを力強く演じるためのリソースを自分のなかに見出した女優」と位置づけました。

2005年9月30日、シャーリーズはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのスターを獲得しました。

2007年、シャーリーズは犯罪映画「In the Valley of Elah」で刑事役を演じ、「Sleepwalking」では、ニック・スタールやアンナソフィア・ロブらと共演し、無謀でだらしない母親役として製作・主演を務めました。

2008年、シャーリーズは、ギレルモ・アリアーガ監督、ジェニファー・ローレンスとキム・ベイシンガー共演のドラマ「The Burning Plain」に出演し、トラウマを抱えた幼少期に直面した女性を演じ、スーパーヒーロー映画「ハンコック」では、ウィル・スミスとともにアルコール依存症のスーパーヒーローの元妻を演じました。

「The Burning Plain」は米国の劇場で限定公開され、米国外での興行収入は526万7,917ドル。「ハンコック」は全世界で6億2,430万米ドルを稼ぎました。

また2008年、シャーリーズはヘイスティ・プディング賞ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、潘基文国連事務総長から国連平和大使に任命されました。

キャリアの休止と変動(2009年~2016年)

2009年に公開された映画は、フラッシュバックで短時間登場する黙示録ドラマ「The Road」と、キャラクターの声を担当したアニメ映画「鉄腕アトム」。

2009年12月4日、南アフリカ・ケープタウンで開催された2010年FIFAワールドカップの抽選会で、シャーリーズは南アフリカ国籍または先祖をもつ数人のセレブリティとともに共同プレゼンターを務めました。

プレゼンのリハーサル時、彼女はフランス対アイルランドのプレーオフでティエリ・アンリのハンドボールが物議を醸したことを引き合いに出し、FIFAを揶揄したジョークとしてフランスの代わりにアイルランドのボールを描きました。

このスタントはFIFAを憂慮させ、彼女が世界中の観客の前で再び同じことをするのではないかと心配させました。

ヤング・アダルト

さて、2年間の映画活動休止後、シャーリーズは2011年にブラックコメディ「ヤング・アダルト」でスポットライトを浴びます。

ジェイソン・ライトマンが監督したこの映画は批評家から称賛を浴びました。とくに鬱病で離婚したアルコール依存症の37歳のゴーストライターを演じた彼女の演技は高く評価されました。

2019年にシャーリーズは役作りの方法について語ったことがあります。

キャラクターの感情的な部分と一緒に肉体的なアイデンティティを創り出すことは、「俳優としてすでにやっていた他のすべてに追加する素晴らしいツールセット」だと彼女は述べています。

また、ケースバイケースですが、外見と内面、両方の面を手に入れることができたとき、私にはこの美しいことが起こります。実に力強いダイナミズムだ」とも。

役の準備をするときは、「ほとんど勉強のように扱います。一人で、集中できる場所を見つけ、家には誰もおらず、ただ座って勉強し、遊び、自分の顔を見て、声を聞き、歩き回り、クソ馬鹿になることができる」。

2012年、シャーリーズは2本の大作映画で悪役を演じました。

スノーホワイト

クリステン・スチュワートやクリス・ヘムズワースらと共演した「スノーホワイト」では白雪姫の邪悪な継母ラヴェンナ女王を演じました。

この作品でのシャーリーズとラヴェンナの評価は、シャーリーズの名演に高評価、ラヴェンナ設定の単純さに低評価と、二分されています。

また、リドリー・スコット監督の「プロメテウス」では、隠された意図をもつ乗組員として出演しました。

2015年、シャーリーズはジリアン・フリンの小説を映画化した「ダーク・プレイス」で家族虐殺の唯一の生存者を演じ、プロデューサーとしてクレジット。

マッドマックス

「マッドマックス」は広く批評家の称賛を受け、彼女のキャラクターがとった支配的な性質についてシャーリーズに賞賛が集まりました。この映画は全世界で3億7840万米ドルを売り上げています。

2016年、シャーリーズは西アフリカで働く医師兼活動家として、ショーン・ペンと共演した未公開恋愛ドラマ「The Last Face」に出演し、3Dストップモーションファンタジー映画「Kubo and the Two Strings」に声を提供し、自主ドラマ「Brain on Fire」を製作しました。

同年、「タイム」誌は彼女を世界で最も影響力のある100人のリストに選んでいます。

リサージェンス(2017年~現在)

2017年、シャーリーズは「フェイト・オブ・ザ・フューリアス」に主演し、フランチャイズ全体の主な敵役であるサイバーテロリストのサイファーを演じ、デヴィッド・リーチ監督によるグラフィック小説「The Coldest City」の映画化「アトミック・ブロンド」では1989年のベルリンの壁崩壊前夜のスパイを演じました。

「アトミック・ブロンド」は、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」とともに、正式にA級アクションスターに。

ジェイソン・ライトマン監督、ディアブロ・コディ脚本によるブラックコメディ「タリー」(2018)では、シャーリーズは3人の母親を演じ、この映画は批評家から絶賛され、現代の子育ての経験を掘り下げたといわれています。

彼女は犯罪映画「Gringo」で製薬会社の社長を演じ、伝記的戦争ドラマ映画「A Private War」をプロデュースし、どちらも2018年に公開されました。

2019年、シャーリーズはセス・ローゲンと共演して、ジョナサン・レヴィン監督のロマンティック・コメディ映画「Long Shot」を製作・主演し、かつてベビーシッターをしていたジャーナリストと再会する米国務長官を演じました。

同作は2019年3月のサウス・バイ・サウスウエストでワールドプレミア上映され、2019年5月3日に公開され、映画批評家から好意的な評価をえました。

つづいてシャーリーズは、共同製作した映画「スキャンダル」にメギン・ケリー役で出演。ジェイ・ローチ監督によるこの作品は、フォックス・ニュースのCEOロジャー・エイルズに対する元女性社員からのセクハラ疑惑を軸に展開します。

この映画のノミネートは次のようにたくさん。

  • アカデミー賞主演女優賞
  • ゴールデングローブ賞主演女優賞(映画ドラマ部門)
  • 批評家チョイス映画賞主演女優賞
  • 映画俳優組合賞主演女優賞
  • BAFTA賞主演女優賞

同2019年、「フォーブス」誌はシャーリーズを世界で最も稼いだ女優の9位にランクインさせました。なんと年収は2,300万ドル。

2020年、ジーナ・プリンス=バイスウッド監督の「The Old Guard」でキキ・レインの相手役として製作・主演を務めました。

また、当初は2020年5月22日公開予定の「F9」でサイファー役を再演したが、COVID-19パンデミックの影響で2021年6月に延期。

2022年5月の映画公開と同時に、シャーリーズがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でクレアというキャラクターを演じることが明らかになり、スーパーヒーロー映画「ドクター・ストレンジ 狂気のマルチバース」のクレジット中盤のシーンでデビュー。

また、Netflixのファンタジー映画「The School for Good and Evil」ではレディ・レッソを演じました。

「ザ・ボーイズ」シーズン3のオープニングでは、ストームフロントを演じる女優としてカメオ出演。

2023年、シャーリーズは「Last Call」を製作総指揮し、「連続殺人犯がクィア・ニューヨークをつけ狙うとき」という、ゲイ男性を食い物にする連続殺人犯をめぐるドキュメンタリーシリーズをHBO用に製作しました。

その他のベンチャー

CTAOP

シャーリーズ・セロン・アフリカ・アウトリーチ・プロジェクト(CTAOP)は、HIV/AIDSと闘うアフリカの若者を支援するために、翌年国連平和大使に任命されたシャーリーズが2007年に創設。

このプロジェクトは、HIV/AIDSの主な原因となっている問題に取り組み、地域社会を巻き込んだ組織の支援を行なっています。

CTAOPの地理的範囲はサハラ以南のアフリカですが、おもにシャーリーズの母国である南アフリカに集中しています。

2017年11月までに、CTAOPは現場で活動するアフリカの団体を支援するために630万ドル以上を集めました。

国連平和大使ほか

2008年、シャーリーズは国連平和大使に任命され、潘基文はその任命文のなかで、彼女について「一貫して南アフリカの女性と子どもたちの生活を向上させ、女性と女児に対する暴力を防止し、阻止することに身を捧げてきた」と述べました。

2014年、彼女はStop Rape Nowプログラムの一環として公共サービス広告を録音しました。

限定ユニセックス・シューズ

2009年12月、CTAOPとトムス・シューズは提携し、限定ユニセックス・シューズを製作。

この靴はアフリカのバオバブの木にインスパイアされ、ビーガン素材で作られています。

そのシルエットがブルーとオレンジのキャンバスに刺繍され、1万足が貧困にあえぐ子どもたちに贈られました。収益の一部はCTAOPに寄付されています。

Dior Stands With Women

2020年、CTAOPはパルファン・クリスチャン・ディオールと提携し、カーラ・デルヴィーニュ、ヤリッツァ・アパリシオ、レオナ・ブルーム、パロマ・エルセッサーなどが参加する「Dior Stands With Women」を立ち上げ、女性たちの旅路、挑戦、達成を記録することで自己主張することを奨励しています。

シャーリーズは女性の権利団体にも参加していて、プロチョイスの集会に参加したこともあります。

同性婚支持

また、同性婚の支持者であり、2009年5月30日に米国カリフォルニア州フレズノで行なわれた同性婚を支持するデモ行進と集会に参加。

彼女は、米国で同性婚が合法化されるまで結婚を拒否すると公言しています。

またシャーリーズは、2011年6月に「ピアーズ・モーガン・トゥナイト」のインタビューで、自身のスタンスについてさらに詳しく語り、「同性婚を合法化するために、私たちの政府が十分なステップアップをしていない事実が問題。私は誰もがその権利をもっていると思う」と述べました。

2014年3月、CTAOPは、第86回アカデミー賞の夜に開催された毎年恒例の募金イベント「Fame and Philanthropy」の恩恵を受けた慈善団体の一つでした。シャーリーズは、ハル・ベリーや基調講演者のジェームズ・キャメロンとともに名誉ゲストとして参加。

エンドースメント

2004年にジョン・ガリアーノと契約を結んだシャーリーズは、エストニア出身モデルのティウ・クイックに代わって、クリスチャン・ディオールの広告「ジャドール」の広告塔を務めました。

2005年10月から2006年12月にかけて、レイモンド・ワイルの腕時計の世界的な印刷メディア広告キャンペーンでは300万米ドルを獲得。2006年2月、彼女と彼女の製作会社は契約違反でワイルから訴えられました。2008年11月4日に訴訟は和解。

2018年、セロンはブラッド・ピット、ダニエル・ウー、アダム・ドライバーとともに、ブライトリングのブランド・アンバサダーとして、ブライトリング・シネマ・スクワッドと呼ばれました。

私生活

2007年、シャーリーズは南アフリカ国籍を保持したまま、米国の国籍も取得。

2012年3月に娘、2015年7月にもう一人の娘、あわせて2人の養子を迎えています。

彼女は子供の頃から養子縁組に関心があり、孤児院とそこに溢れる子供たちの存在に注目していました。

2019年4月、シャーリーズは当時7歳だったジャクソンがトランスジェンダーの女子であることを明かしました。

彼女は娘たちについて、「2人はありのままの姿で生まれてきたし、2人が成長するにつれて世界のどこで自分自身を見つけるようになるのか、誰になりたいのかは私が決めることではない」と語っています。

彼女は女優のスーザン・サランドンとシガニー・ウィーヴァーに影響を受けています。

また、トム・ハンクスへの憧れを「恋愛感情」と表現しており、青春時代をとおして彼の映画をたくさん観ています。南アフリカではハリウッド俳優が雑誌で特集されることはなかったため、彼女はアメリカに移住するまで彼がどれほど有名な俳優であるかを知りませんでした。

「ザット・シング・ユー・ドゥ」の撮影が終わった後、セロンは脚本にハンクスのサインをもらいました。

この後、彼女は2020年にセシル・B・デミル賞を彼に贈りましたが、そのときハンクスは、シャーリーズに会ったときから彼女のキャリアに互いに憧れを抱いていたことを明かしました。

シャーリーズは2018年、怒りのために30代でセラピーを受け、それが南アフリカのアパルトヘイトの時代に育ったフラストレーションによるものだとわかったと語りました。アパルトヘイトは彼女が15歳のときまで残っていました。

また、イギリスのバンド、デペッシュ・モードの長年のファンで、2020年に彼らのロックの殿堂入りのプレゼンターを務めました。

人間関係

シャーリーズの最初の公の場での交際相手は俳優のクレイグ・ビアーコで、1995年から1997年まで交際。

2001年10月まで、歌手のステファン・ジェンキンスと3年間交際していました。

サード・アイ・ブラインドのサード・アルバム「アウト・オブ・ザ・ヴェイン」の一部は、ジェンキンスが二人の破局によって経験した感情を探求。

シャーリーズは2001年、「Trapped」の撮影現場で出会ったアイルランド人俳優スチュアート・タウンゼントと交際を開始。二人はロサンゼルスとアイルランドで同棲していましたが、2009年末に別れました。

2013年12月、シャーリーズは米国人俳優ショーン・ペンと交際をスタート。2015年6月に関係は終わりました。

健康上の懸念

ベルリンで「イオン・フラックス」を撮影中に、連続バク転の撮影中に転倒。首の椎間板ヘルニアを患いました。

また、「オールド・ガード」の撮影中、格闘シーンにて親指が他の俳優の上着に引っかかり、親指の靭帯が切れました。抜歯をして、復帰するまでドナーの骨を入れて治し、それからまた手術をして金属のネジを入れたそうです。

アクション映画以外では、「タリー」の撮影中に腰の椎間板ヘルニアを患い、鬱病のような状態に苦しみましたが、これは役柄上、産後の体のために食べなければならなかった加工食品のせいだと彼女は推論しています。

2009年7月、海外で感染したと思われる深刻な胃のウイルスと診断された。

「ザ・ロード」の撮影中、シャーリーズは陣痛の場面で叫んで声帯を負傷。

「ロング・ショット」のプロモーション時、彼女は「ボラット」で大笑いして、首が5日間ロックされたました。彼女は「ロング・ショット」の撮影中、ニーパッドを装着するときに後ろベンチに頭をぶつけて救急車で運ばれました。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました