藤純子

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤純子

藤純子は日本の女優・司会者。

1960年代に任侠映画で有名になり、その後、バラエティ番組の司会者を務めるなど、長らく芸能生活を続けています。

京都女子高校在学中に映画出演し、デビュー作品は「八州遊俠伝・男の盃」(1963)。

主な出演作品は次のとおり。

  • 十三人の刺客
  • 肉体の盛装
  • 幕末残酷物語
  • 解散式
  • あゝ同期の桜
  • 昭和残侠伝 血染の唐獅子
  • 大奥秘物語
  • 緋牡丹博徒
  • 人生劇場 飛車角と吉良常
  • 緋牡丹博徒 花札勝負
  • 日本暗殺秘録
  • 緋牡丹博徒 お竜参上
  • 女渡世人

任侠映画のヒロインとして一時代をつくりあげました。

なむ
なむ

キュートな愛嬌とシリアスな薄幸、定番の美しさ。

基本情報

  • 別名義:富司純子
  • 本名:寺嶋純子
  • 旧姓:俊藤純子
  • 生年月日:1945年12月1日(78歳)
  • 出生地:日本国和歌山県御坊市
  • 出身地:日本国大阪府大阪市東成区
  • 血液型:O型
  • 職業:女優、司会者
  • 活動期間:1963年~
  • 配偶者:七代目尾上菊五郎
  • 著名な家族:寺島しのぶ(長女)、五代目尾上菊之助(長男)、尾上眞秀(孫)
スポンサーリンク

フィルモグラフィ

映画

公開年 題名 登場人物
1963年 八州遊侠伝 男の盃 お千代
1963年 柳生武芸帳 剣豪乱れ雲 登世
1963年 めくら狼 お志乃
1963年 次郎長三国志 お千
1963年 十三人の刺客 加代
1964年 柳生武芸帳 片目の忍者 白妙の前
1964年 大笑い殿さま道中 八重
1964年 次郎長三国志 第三部 お千
1964年 隠密剣士
1964年 車夫遊侠伝 喧嘩辰 玉竜
1964年 新吾番外勝負 お夏
1964年 博徒 小里
1964年 日本侠客伝 おふみ
1964年 竜虎一代 松橋雪子
1964年 肉体の盛装 妙子
1964年 幕末残酷物語 さと
1965年 博徒対テキ屋 お咲
1965年 顔役 民子
1965年 バラケツ勝負 妙子
1965年 いれずみ判官 お加代
1965年 関東流れ者 サト
1965年 おゝい雲! 松宮由美江
1965年 股旅 三人やくざ みよこ
1965年 色ごと師春団治 おとき
1965年 関東やくざ者 静香
1965年 日本侠客伝 関東篇 光子
1965年 明治侠客伝 三代目襲名 初栄
1965年 大阪ど根性物語 どえらい奴 花房美津
1965年 関東破門状 美恵
1965年 無頼漢仁義 福原奈美
1965年 隠密侍危機一発 菊姫
1965年 関東果し状 ゆき
1966年 日本侠客伝 血斗神田祭り 花恵
1966年 旗本やくざ 美津
1966年 日本大侠客 お竜
1966年 大陸流れ者 加代
1966年 男の勝負 おその
1966年 昭和残侠伝 一匹狼 桂木美枝
1966年 日本侠客伝 雷門の決斗 中川千沙子
1966年 お尋ね者七人 あき
1966年 兄弟仁義 関東三兄弟 小秀
1967年 日本侠客伝 白刃の盃 大林弓子
1967年 男の勝負 仁王の刺青 お袖
1967年 一心太助 江戸っ子祭り お仲
1967年 あゝ同期の桜 白鳥礼子
1967年 昭和残侠伝 血染めの唐獅子 風間文代
1967年 大奥(秘)物語 おみの
1967年 日本侠客伝 斬り込み お京
1967年 侠骨一代 お藤
1968年 博奕打ち 総長賭博 弘江
1968年 男の勝負 白虎の鉄 一本松しの
1968年 尼寺(秘)物語 浄真尼
1968年 獄中の顔役 田島敏子
1968年 あゝ予科練 藤井美恵子
1968年 侠客列伝 お加代
1968年 緋牡丹博徒 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1968年 緋牡丹博徒 一宿一飯 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1969年 緋牡丹博徒 花札勝負 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1969年 緋牡丹博徒 二代目襲名 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1969年 緋牡丹博徒 鉄火場列伝 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1970年 緋牡丹博徒 お竜参上 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1971年 緋牡丹博徒 お命戴きます 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1972年 緋牡丹博徒 仁義通します 矢野竜子(緋牡丹のお竜)
1968年 人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊 堀内菊枝
1968年 人生劇場 飛車角と吉良常 おとよ
1969年 日本暗殺秘録 たか子
1969年 昭和残侠伝 唐獅子仁義 おるい
1969年 現代やくざ 与太者の掟 小峯弥生
1969年 日本侠客伝 花と龍 お京
1969年 日本女侠伝 侠客芸者 信次
1970年 日本女侠伝 真赤な度胸花 松尾雪
1970年 日本女侠伝 鉄火芸者 小しず
1971年 日本女侠伝 血斗乱れ花 平野てい
1971年 日本女侠伝 激斗ひめゆり岬 与那嶺ゆり
1969年 ごろつき部隊 佐知子
1969年 渡世人列伝 清香
1970年 博徒一家 加代
1970年 博奕打ち 流れ者 小秀
1970年 日本ダービー 勝負
1970年 シルクハットの大親分 緋牡丹のお竜
1970年 遊侠列伝 おゆき
1970年 昭和残侠伝 死んで貰います 幾江
1970年 最後の特攻隊 宗方志津子
1970年 シルクハットの大親分 ちょび髭の熊 緋牡丹のお竜
1970年 日本侠客伝 昇り龍 お京
1971年 女渡世人 妻恋いお駒
1971年 女渡世人 おたの申します 太田まさ子
1971年 任侠列伝 男 由美
1972年 関東緋桜一家 鶴次
1989年 あ・うん 水田たみ
1991年 ふたり 北尾治子
1998年 あ、春 韮崎公代
1999年 おもちゃ 里江
1999年 ドリームメーカー
2004年 解夏
2006年 待合室 和代
2006年 寝ずの番
2006年 フラガール 谷川千代
2006年 犬神家の一族 犬神松子
2007年 愛の流刑地
2008年 明日への遺言 岡田温子
2008年 Sweet Rain 死神の精度 かずえ
2008年 山桜 手塚志津
2008年 ラストゲーム 最後の早慶戦 戸田しず江
2008年 櫻の園 高山玲子
2009年 空気人形 未亡人・千代子
2012年 この空の花 長岡花火物語 元木リリ子
2012年 人生、いろどり 石本花恵
2014年 舞妓はレディ 小島千春
2014年 トワイライト ささらさや お夏
2015年 エイプリルフールズ 櫻小路文子
2017年 恋妻家宮本 井上礼子
2018年 散り椿
2021年 椿の庭 絹子
2021年 よろこびのうた Ode to Joy 冬梅

テレビ

放映年 放送局 番組名 登場人物
1963年 朝日放送 スチャラカ社員 二代目事務員
1965年 フジテレビ 戸田家の兄妹 戸田節子
1965年 読売テレビ 王将物語 小春(坂田三吉の妻)
1966年 NHK 大河ドラマ 源義経 静御前
1968年 関西テレビ 大奥 浅宮顕子
1968年 関西テレビ 堂島
1969年 フジテレビおんなの劇場 五瓣の椿 おしの
1970年 関西テレビ 大坂城の女 京極竜子
1970年 関西テレビ 徳川おんな絵巻 お春の方
1970年 フジテレビおんなの劇場 振袖御殿 小夜
1970年 フジテレビおんなの劇場 柳橋物語 おせん
1971年 関西テレビ 江戸巷談・花の日本橋
1983年 NHK 勇者は語らず いま、日米自動車戦争は 正木玲子
1989年 NHKドラマ10 詩城の旅びと たか子・トリオレ
1990年 NHK 大河ドラマ 翔ぶが如く 天璋院
1991年 テレビ東京 次郎長三国志 投げ節お仲
1992年 日本テレビ まったナシ! 坂上康子
1993年 NHK 大河ドラマ 琉球の風 尚永王妃
2001年 NHK 大河ドラマ 北条時宗 松下禅尼
2002年 NHK 結婚泥棒 辻川小夜子
2004年 NHK 連続テレビ小説 天花 鈴木美子役
2010年 NHK 連続テレビ小説 てっぱん 田中初音役
2004年 長男の結婚
2005年 七色のおばんざい
2007年 柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い
2008年 眉山 河野龍子
2008年 CHANGE 朝倉貴江
2009年 そうか、もう君はいないのか 城山三郎の妻・容子
2009年 NHK 大河ドラマ 天地人 高台院
2010年 わが家の歴史 八女マキ
2011年 帰郷 神尾千春
2013年 NHK土曜ドラマ 夫婦善哉 ナレーション
2015年 フジテレビ オリエント急行殺人事件 羽鳥夫人
2015年 NHK特集ドラマ 紅雲町珈琲屋こよみ 杉浦草
2015年 日本テレビ 偽装の夫婦 陽村華苗
2016年 NHK ちかえもん 杉森喜里
2016年 フジテレビ ナオミとカナコ 斎藤順子
2018年 東海テレビ 大誘拐2018 柳川とし子
2019年 NHK総合 みをつくし料理帖スペシャル 里津
2020年 WOWOW 竹内涼真の撮休 第5話 久保須磨子

ファム・ファタル

猫女
猫女

上の動画は、投影シアターオンラインが配信している「緋牡丹博徒 お竜参上」の予告編です。

なむ
なむ

私にとって藤純子はファム・ファタル。

1960年代にはじまった緋牡丹博徒シリーズや1970年代にヒットした日本女侠伝など、任侠映画で有名になりました。

その後は任侠物にかぎらず、幅広い役柄をこなし、日本を代表する女優となっていきました。

任侠映画では一貫して和装を着こなし、歩幅の狭い歩き方でアクションにチャレンジするなど、なかなかな無茶ぶりな役柄を任せられました。

それでも、迫力と凛々しさを備えた演技を見せ、男性ヤクザ相手に堂々と張り合っています。

かなり近づきがたい役柄ではありますが、その分、ひたすらかっこいい女優だなぁと感じます。

映画史では色気を削ぎ落とした役柄だと評価されてきました。

しかし、私はそうは思いません。

各作品で何かを守ろうとするスタンスが強く主張されていますし、その強い意志が表情や衣装込みのスタイルに現れています。

私はそういう藤純子の演技を色っぽいと感じています。

好きにならずにいられないような罪悪感を視聴者に与える、そんな矢野竜子(緋牡丹のお竜)のキャラクターは十分にファム・ファタルなのです。

日常的な役柄でも凛々しさを発揮していて、憧れの気持ちも抱いてしまうほどです。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました