ラスト・アライブ

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

美しき女性たちが生き残りを懸けて壮絶な戦いを繰り広げるソードアクション。

スポンサーリンク

ラスト・アライブ

予告編はこちら。

  • 邦題:ラスト・アライブ
  • 原題:血染淑女
  • 英題:Lady Bloodfight
  • 公開年:2016年
  • 上映時間:100分
  • 製作国:香港
  • ジャンル:アクション

組手は英語で「grappling hands」と訳され、空手の中で敵と対戦する稽古のこと。

あらすじ

失踪した父がかつて参加した謎の武器・格闘術大会に参加するため、香港を訪れたジェーン。しかし、強盗に襲われ、父の写真や全財産が入った鞄を奪われてしまいます。意識を取り戻したジェーンは、彼女を救った女性が優れた武術者と知り、教えを請うことに…。

見どころ

ハリウッド女優のスタントを数多く務めたエイミー・ジョンストンが切れのあるアクションを披露。クラヴマガ、猴拳などマニアックな格闘術を駆使したバトルが痛快。

感想

父が参加した謎の武器・格闘術大会に娘ジェーンが参加したとき、参加者は女性ばかり。本当に謎の大会(笑)

さて、序盤からの伏線。ジェーンは香港の土産にタバコをお母さんに買ってあげたのでしょうか…。

スポンサーリンク

ファム・ファタル

一番のファム・ファタルは大会司会者(黒龍会リーダー)の熟女。ポマードで塗り固めたような頭を オールバックにしていてかっこいいです。

この女優はシンシア・ホー(何彦桦)。

キャスト一覧を中国語や英語で探してみてもわからず、妻に聞いたらいとも簡単に顔面一致で教えてくれました。どうも私は顔認識の能力がかなり低いみたいです^_^

主役ジェーンを演じたエイミー・ジョンストンや、その師匠シュウ役を演じたミュリエル・ホフマンも綺麗でした。

トリビア

  • 最後の戦いのシーンで、ジェーンの腕の包帯が右と左で絶えず入れ替わります。
  • ランガムホテルでジェーンがサング氏に見せる火傷と、写真に写る彼女と父親の姿が、それぞれが持つたびに「左から右」「右から左」と変化しました。

キャスト

  • 当初はマギーQ、スー・チー、チャン・ツィイーら武侠映画の女性トップスターが出演する予定でした。
  • プロデューサーのベイ・ローガンの2人の息子がカメオ出演しました。
  • 女優のジェット・トランターは、製作中にベイ・ローガンのパーソナル武術&フィットネストレーナーを務めました。
  • 映画のオープニングでローズマリー・ヴァンデブルックのキャラクターが紹介され、彼女が組手に到着するシーンが映し出されます。しかし、完成した映画で彼女が実際に戦う姿を見ることはなく、同時にメイリング・ンのキャラクターが組手に到着するシーンも映し出されません。
登場人物 出演者
ジェーン エイミー・ジョンストン
シュウ ミュリエル・ホフマン
ワイ キャシー・ウー
リン ジェニー・ウー
キャシディ ジェット・トランター
スヴィエッタ メイリング・ウン
ジャー サニー・コールスト
ヤラ ローズマリー・ヴァンデブルック
ラム リサ・チェン
アリア チャリネン・バシナ
ヴァン ローレン・ローデン
ナターリヤ リサ・ヘンダーソン
キム イサ・ソファ・チャン・クワンガー
アウン ナタリー・ン
カズミ ハッピー・マー
ウォン シャオ・シャオ
チャウ ホー・ウィンヒン
ラウ モン・チョイ
ミスター・サン カート・キシタ
ジーン ジョー・フィオレロ
クッカー セシリア・レイナル
ジョーンズ夫人 イネス・ライミンス
2歳の子供 コムジャコワ・アナスタシア
疲労困憊の女性 アリエル・ガブリエル
ドニー ジャイ・デイ
デール ハリー・オーラム
ピート ジェームズ・カース
サム ジョン・ドヴォアック
ぽっちゃりした女の子 サイ・ラム・ウォン
メガネっ娘 チャン・リー・ユアン
パンクガール ユニーク・ロク・ワイ・ウン
パンク1号 ホイ・キット・ソー
パンク2号 ケイ・ロック
パンク3号 トー・チー・シン
パンク4号 ヴィト・シュン・ワイ・キット
ベル ベリンダ・イェン
ギャングボーイフレンド クオック・ホン・リュウ
ガール ケイミー・ウォン
ギャング#1 ロー・ワイ・ガイ
ギャング2号 ソー・ワイ・ラム
黒龍会リーダー シンシア・ホー
黒龍会幹部/リングアナウンサー ハリー・ドゥ・ヨン
ブラックドラゴン ン・ライヒン
ブラックドラゴン リー・フェラン・ジョニー
ブラックドラゴン関係者 ゲイリー・チャン
ワイの女生徒 チャン・スアン
審査員1号 ウィン・ファイ・チャン
老判事2号 ワウ・ライ
ナルク1号 アンドリュー・ダス
ナーク2号 スティーブン・ダス
ナルク3号 ロレンツォ・コッチャレッリ
少女オブザーバー #1 キャンディ・クヌッツェン
少女オブザーバー #2 イバンナ・カメッツ
少女オブザーバー #3 クリスティエンヌ・コエル・ナオール
ロシアンガード ジュディス・C.
ハイローラー#1 ランソン・マー
ハイローラー2号 ヴィンセント・レオン
笙のアシスタント リー・リアム
ジェーンの生徒 カミロ・ナホン
オージー デール・クロフォード
アーニャ マリア・シャンタノワ
シャロン・チャン スノー

スタッフ

  • 「ラスト・ブラッド」(2009年)以来となるクリス・ナホンの監督作品。
  • 映画のアメリカ公開日は、プロデューサーのベイ・ローガンの誕生日。
  • サニー・コールストは優れたファイターで、ローズマリー・ヴァンデブルックにファイティングスタイルを教えました。
監督 クリス・ナオン
脚本 ベイ・ローガン、ジャド・ブロック
衣装デザイン ミギー・チェン
衣装デザイン助手 ニコール・ユエン
メイクアップ ミッキー・チョイ
メイクアップ ヘディ・チュン
メイクアップ モン・チュン
メイクアップ キウィ・レオン
メイクアップ シンディ・ン
メイクアップ ジェーン・ウィップ
ヘアスタイル リウ・ホイミン
ヘアスタイル ロナルド・ヨン
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました