スー・リーチェン

キャラクター
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

スー・リーチェン(蘇麗珍)はウォン・カーウァイ監督の映画作品に登場する架空の登場人物です。

1988年に公開された「今すぐ抱きしめたい」でマギー・チャンが演じて以来、一貫して彼女がスー・リーチェンを演じてきました。

スポンサーリンク

スー・リーチェン

  • 本名:蘇麗珍
  • ローマ字表記:Su Li-zhen
  • カタカナ表記:スー・リーチェン
  • 出生年:1932年(91歳)
  • 出身地:上海(のち香港へ移住)
  • 職業:サッカー場の販売員、商社秘書
  • 活動期間:1988年~現在
  • 登場映画:「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」「花様年華」「2046」

※出生年は1962年(「花様年華」舞台年)に30歳と設定した推計。年齢は今年大晦日の時点での仮満年齢。

学歴

不詳

表情

いずれの出演作品でもポーカーフェイスや強ばった表情が多く、各作品ごとに少し笑顔を見せます。

また、「欲望の翼」ではやく怒っています。

スポンサーリンク

フィルモグラフィ

映画

公開年 邦題 原題 英題
1988 いますぐ抱きしめたい 旺角卡門 As Tears Go By
1990 欲望の翼 阿飛正傳 Days of Being Wild
2000 花様年華 花樣年華 In the Mood for Love
2004 2046 2046 2046

ファム・ファタル

ファム・ファタルとしてのスー・リーチェンを作品別にまとめてみます。

いますぐ抱きしめたい(1988年)

バリバリの少女。

欲望の翼(1990年)

サッカー場売店の販売員をしています。

仕事場でナンパしてきた男性の阿飛と恋仲になりますが、二股とわかり離縁。

そのあと、近所の警官と相思相愛風になりますが、互いに踏み込めず離縁。

花様年華(2000年)

すでに既婚女性として登場。

悪女ではありませんが、チャウ・モーワンを悶絶させた点でファム・ファタルな女性といえます。

ダブル不倫を避けつつも、相手に引き寄せられ、相手を引き寄せる女性。

一線を越えたくないと彼女は言いました。しかし、字幕によると、女性は機会を与えたものの、男が踏み込めなかったことになります。

やはり私は、「花様年華」のスー・リーチェンが嗅覚に迫るエロスを醸し出していて、とっても好きです。

2046(2004年)

特別出演で、短い登場。

チーパオを着てベッドに寝そべっています。過去を思い出して妖しく悶絶しているような仕草。

まとめ

少女から人妻へと成長していったスー・リーチェン。

作品の公開年ごとに最近まで時系列に視聴していくと、彼女を演じたマギー・チャンの演技力が向上していくさまを確認できます。

そして、ポーカーフェイスや強ばった表情が多かったのですが、「いますぐ」「欲望」の苦い青春が「花様年華」に開花したのだと私は感じています。

やはり私は「花様年華」のスー・リーチェンが嗅覚に迫るエロスを醸し出していて、とっても好きです。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
キャラクター
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました