エマ・ピール

キャラクター
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

エマ・ピールは、1960年代のイギリスの冒険TVシリーズ「アベンジャーズ」に登場した架空の人物。

そのときはダイアナ・リグが演じ、1998年の映画版ではユマ・サーマンが演じました。

実業家ジョン・ナイト卿の娘エマ・ナイトとして生まれ、ジョン・スティードの犯罪と戦うパートナーです。

スポンサーリンク

エマ・ピール

  • エマ・ピール(Emma Peel)
  • 初登場:帰らざる町
  • 最後の出演:忘れな草
  • 演じた女優:ダイアナ・リグ(TV)、ユマ・サーマン(1998年の映画)、オリヴィア・プーレ(音声)
  • 声優:ダイアン・アップルビー(1971年~1973年)、スー・ロイド(1977年)

ユニバース情報

  • 性別:女性
  • 職業:非公式の秘密工作員
  • 配偶者:ピーター・ピール
  • 親族:ジョン・ナイト卿(父)
  • 国籍:イギリス

1960年代のファッション・アイコンとして、またセックス・シンボルとして扱われてきました。第1シリーズでリグがときどき着ていたレザーのカチューシャがとくに有名。

スポンサーリンク

キャスティング

ピール夫人は、女優オナー・ブラックマンが演じた人気キャラクター、キャシー・ゲイルの後任として登場しました。

オナーはジェームズ・ボンド映画「ゴールドフィンガー」の共演のため、第3シーズン終了後に番組を降板。

当初はエリザベス・シェパードがエマ・ピール役にキャスティングされ、第4シリーズの制作がスタート。第1話のすべてと第2話の一部を撮影した後、プロデューサーはシェパードがこの役にふさわしくないと判断し、彼女は解雇。

なお、ピール役のシェパードの映像は残っていません。シェパードが出演したエピソードはその後、再撮影されました。

キャラクター

エマ・ピールは強いヒロイン。

戦いで負けることはめったになく、スティードのピンチを救えます。彼女は武術の達人で、手強い剣士でもあります。

天才の称号をもつ彼女は、化学やその他の科学を専門としています。エピソードでは芸術的な趣味に没頭する姿がよくみられ、亡き父、ジョン・ナイト卿の会社を率いて産業界でも成功を収めました。

夫のピーター・ピールはパイロットで、飛行機がアマゾンの森の上空で消息を絶ちました。彼は長年死んだと思われていましたが、ピールはスティードのもとで働くようになりました。

彼女はオープンカーのロータス・エランを高速で運転し、看護婦から乳母まで、一連の潜入捜査を説得力をもって演じました。彼女のお気に入りは女性誌記者で、大企業の大物や金持ちのプレイボーイにインタビューするもの。

「エマ・ピール」の名前は、「Man Appeal」「M. Appeal」というフレーズをもじったもの。この登場人物が作品で重要な要素の1つだということです。ちなみに、ダイアナ・リグは、世界的に有名なセックス・シンボルという立場に安住することはありませんでした。

恋愛関係

エマとスティードの言葉によるやりとりは、ウィットに富んだ雑談から薄っぺらい当てこすりまで様々。彼らがいつでも性的な関係をもっていたかどうかについて、パトリック・マクニーは、登場人物たちがごく定期的にベッドインしていたと考えていました。もちろん、カメラの見えるところの話ではありません。

脚本家兼プロデューサーのブライアン・クレメンズは、エマがシリーズに初登場する前に、不倫関係にあることを想定して二人を書きました。たしかに、エマがシリーズに初登場したとき、二人はすでにお互いをよく知っているようにみえます。

ファッション・スタイル

彼女のファッション・スタイルは当時を代表するものであり、このキャラクターは今でもファッションア・イコンです。

第4シリーズの後半から、エマ・ピールの衣装デザイナーとしてジョン・ベイツが起用されました。

彼は黒と白のオプ・アートのモッズ服やミニスカートのワードローブを作りました。ミニスカートがファッションの主流になる前に、エピソードが撮影されたのです。ベイツはミニスカートの裾を残すのを止める必要がありました。

彼はまた、アベンジャーズ・ウェアというレーベルのもと、いくつかのメーカーにデザインをライセンスし、これらの作品は国中のさまざまな店で販売されました。ダイアナ・リグが最初のシーズンの初期に着ていたレザーのカチューシャは、視聴者の記憶によく残っています。リグはレザーの衣装を着るのを嫌がったので、ベイツは代わりに柔らかいストレッチ・ジャージーとPVCのカチューシャをデザインしたのです。

ショーがモノクロからカラーに移行したとき、デザイナーはアルン・ヒューズで、大胆な色使いと薄気味悪いサイケデリックなパターンを用いました。

ヒューズは、鮮やかなブロックカラーのストレッチジャージーで作られた「エマピーラー・カチューシャ」も製作しました。エマピーラーをはじめ、このシーズンのワードローブから数点がライセンスされ、女性向け衣料店でも販売されました。

はじまり

「忘れな草」のラストで夫のピーター・ピールが意外にも再登場すると、エマはスティードとスパイのキャリアを捨てる決心をします。

ピーターが登場する遠景のショットで、ピーター彼はスティードに酷似していて(実際、パトリック・マクニーのスタントダブル、ピーター・ウェストンが演じていました)、スティードと同じように、現代的モデルとはいえ、2ドア・オープンカーのベントレーに乗っています。

エマは後任のタラ・キング(リンダ・トーソン演)に会いますが、彼女自身が去ろうとするときにビルに入ってきて、スティードは紅茶を「反時計回り」にかき混ぜるのが好きだと告げます。

ピールは、ジョン・スティードがコンビを組んでいた「才能あるアマチュア」の最後の一人となります。

実生活で、ダイアナ・リグはいくつかの理由からシリーズを降板することになりましたが、そのひとつがジェームズ・ボンドの映画「女王陛下の秘密情報局」に出演するため(同様に、彼女の前任者オナー・ブラックマンもボンド映画「ゴールドフィンガー」に出演するため降板)。

その後、彼女のギャラは3倍になり、マクニーへの忠誠心も相まって、25話(「タラ・キング」シーズン中に撮影されたお別れのエピソードを含む)追加で出演するよう説得されました。

結局、過酷な撮影スケジュール、プロデューサーとのさまざまな対立、映画や舞台の役への誘惑、女優として挑戦したい願望などが重なり、彼女は番組を去ることを決めました。

シリーズを去った後、ダイアナ・リグは8ミリ市場向けに制作された2本のドイツ短編映画で、エマ・ピールのキャラクターのバリエーションを演じました。

  1. The Diadem(ディアデム)
  2. The Mini-Killers (ミニ・キラーズ)

映画自体は残っていますが、舞台裏の情報はほとんど出ていません。

ニュー・アベンジャーズ

エマ・ピールは「ニュー・アベンジャーズ」にオリジナル・シリーズのアーカイブ・クリップを使って再登場。「K is for Kill」というエピソードで紹介されました。

彼女はスティードと電話で短く話し、自分の名字がもうピールではないことを口にします。スー・ロイドが新しい台詞の声を担当しました。オリジナル・シリーズとのクロスオーバーは、リバイバル版ではこの回だけでした。

アベンジャーズ(1998年)

このキャラクターは、1998年の映画版「アベンジャーズ」で復活し、作り直されました。

エマ役にはユマ・サーマンが起用され、スティード役のラルフ・ファインズと共演。映画では、ピール夫人は気象プロジェクトの一員として働く科学者です。

作品では、エマの替え玉と思われる人物がプロジェクトを妨害したとき、エマは省庁のエージェント、ジョン・スティードから調査されます。最終的に2人は手を組み、真実を突き止めます。

この映画は批評的にも興行的にも失敗し、登場人物の新しい姿は酷評されました。2003年、「トータル・フィルム」誌は、スティードとピールを演じたファインズとサーマンを「史上最悪の映画二人芝居」に選出しました。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
キャラクター
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました