シドニー・スウィーニーがサバイバルスリラー「Eden」に出演

FFニュース
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

シドニー・スウィーニーがサバイバルスリラー「エデン」に出演します。

撮影は11月にはじまります。

なむ
なむ

不貞腐れた猫顔で暴れまくるんかな。

シドニー・スウィーニーとヴァネッサ・カービーは、ジュード・ロウ、アナ・デ・アルマス、ダニエル・ブリュールらと共演し、ロン・ハワード監督のサバイバル・スリラー「エデン」に出演。

オスカー受賞者ロン・ハワードは、「Origin Of Species」として製作されていたサバイバル・スリラーを改名し、「Eden」として新しく、11月末に撮影を開始します。

スポンサーリンク

シドニー・スウィーニーがサバイバルスリラー「Eden」に出演

先に発表された出演者のジュード・ロウ、アナ・デ・アルマス、ダニエル・ブリュールに加え、ヴァネッサ・カービーとシドニー・スウィーニーが新たに出演。

ヴァネッサは、リドリー・スコット監督の「ナポレオン」でホアキン・フェニックスと共演するオスカー候補。

スウィーニーは「ユーフォニアム」「ホワイト・ロータス」の出演で有名。

この2人の女優は、アリシア・ヴィキャンデルとデイジー・エドガー=ジョーンズの後任です。

また、作曲の巨匠ハンス・ジマーもドラマ製作プロジェクトに参加していて、1991年の「バックドラフト」から始まった2人のオスカー受賞者の10回目のコラボレーションとなります。

スポンサーリンク

映画「Eden」とは?

ガラパゴスの離島で繰り広げられた未解決の謎をモチーフにする本作は、幸福を追求するために人間がどこまでやるかを描いています。

ハワードは、実際に事件が起きたガラパゴス島を初訪問してから15年もの間、この物語を伝えたいと考えてきました。

covid 19が起こる直前、彼はこの物語を伝えるために脚本家のノア・ピンクとチームを組みました。

イマジン・エンターテインメントは、ハワードが何年もかけて作り上げてきた自身のストーリーページをもとに脚本開発に着手しました。

プロデューサーは、次の面々。

  • イマジン・エンターテインメント…ロン・ハワード、ブライアン・グレイザー、カレン・ランダー
  • AGCスタジオ…スチュアート・フォード、ビル・コナー、パトリック・ニューオール

AGCは先週にAFMで国際セールスを継続し、CAAメディア・ファイナンスと共同で国内セールスを行ないました。

プロデューサーによると、この映画は「予想外に不条理で、ユーモラスで、セクシーで、何よりもスリリングで深いサスペンスフルな方法で人間の状態を探求します」とのこと。

撮影や製作はオーストラリアのクイーンズランド州で行われ、ガラパゴスでは小規模な部隊が撮影を行ないます。

ちなみに、ハワード監督の前作、タイの洞窟救出スリラー「Thirteen Lives」もクイーンズランド州で撮影されました。

ビジネス

共同出資者には、スチュアート・フォードのAGCスタジオ、ライブラリー・ピクチャーズ・インターナショナル、エレベート・プロダクション・ファイナンス。

シドニー・スウィーニーの代理人はパラダイム、ハンセン、ジェイコブセン、テラー。

ヴァネッサ・カービーの代理人はCAA、ハミルトン・ホーデル、JSSK。マネージメントはリンデン・エンターテインメント。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
FFニュース
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました