アナ・デ・アルマス

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)キューバとスペインの女優。

キューバではロマンチック・ドラマ「Una rosa de Francia」(2006年)の主役でキャリアをスタート。18歳でスペインのマドリードへ移り、2007年から2010年まで6シーズンにわたり人気ドラマ「エル・インテルナド」に主演。

スポンサーリンク

アナ・デ・アルマス

  • アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)
  • 本名:アナ・セリア・デ・アルマス・カソ(Ana Celia de Armas Caso)
  • 生年月日:1988年4月30日(35歳)
  • 出生地:キューバ、ハバナ
  • 国籍:キューバ、スペイン
  • 職業:女優
  • 活動期間:2006年から現在
  • 配偶者:マルク・クロテ(2011年結婚、2013年離婚)
  • Instagram:Ana de Armas
  • Twitter:Ana de Armas Daily

ロサンゼルスへ移住後、アナは心理スリラー「ノック・ノック」(2015年)とコメディ犯罪映画「War Dogs」(2016年)で英語を話す役を演じました。

SF映画「ブレードランナー 2049」(2017)のホログラフィックAI投影機ジョイ役で一躍脚光を浴び、ミステリー映画「Knives Out」(2019)の看護師マルタ・カブレラ役で、ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされました。

その後、ジェームズ・ボンド映画「ノー・タイム・トゥ・ダイ」(2021年)でボンドガールのパロマを、伝記映画「ブロンド」(2022年)でノーマ・ジーンを演じた。「ブロンド」では、キューバ人として初めてアカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。

スポンサーリンク

生い立ちと教育

アナ・デ・アルマスはキューバのハバナに生まれ、サンタ・クルス・デル・ノルテという小さな街で育ちました。

母方の祖父母はスペイン北部(エル・ビエルソ、レオン、パレンシア)からキューバへ移住。

父ラモンは銀行支店長、教師、校長、副市長などさまざまな仕事を経験。以前はソ連の大学で哲学を学んだこともあります。

母親のアナは教育省の人事課に勤務。

兄弟姉妹では兄ハビエルが一人。彼はニューヨークを拠点に活動する写真家で、2020年、政令349号に対する批判的な姿勢と、政府の監視下にあるアーティストたちとのつながりから、キューバ警察に尋問されたこたがあります。

アナ・デ・アルマスはキューバの特別期間中、食糧配給、燃料不足、停電の中で育ったが、幼少期の生活は幸せだったと語っています。

幼少期から青年期にかけて、デ・アルマスはインターネットにアクセスできず、キューバ以外の大衆文化に関する知識も限られていました。彼女は鏡の前で一人芝居を暗記して練習し、12歳のときに女優になることを決意しました。

彼女は「厳しい」コースに通うためにヒッチハイクをすることもありました。在学中、彼女は3本の映画を撮影。キューバの卒業生は3年間の社会奉仕を義務づけられ、それを終えなければ国外に出ることが禁じられているため、4年間の演劇コースを卒業論文を発表する数ヶ月前に退学しました。

18歳のとき、母方の祖父母を通じてスペイン国籍を取得し、女優のキャリアを追求するためにマドリードへ移住。

経歴

スペイン映画界でのキャリアのはじまり(2006-2013)

母国キューバで

母国キューバで、アナ・デ・アルマスはマヌエル・グティエレス・アラゴン監督のロマンチックドラマ「Una rosa de Francia」(2006年)でアレックス・ゴンサレスの相手役を演じました。

キューバ人俳優ホルヘ・ペルゴリアは、自分の娘たちとの誕生日パーティーに出席したときにアナに会ったことから、監督にこの役を検討するよう提案したのです。

監督はデ・アルマスの演劇学校を訪れ、オーディションの最中に16歳の彼女を邪魔して、この役は彼女のものだと告げました。この映画のプロモーションのためにスペインを訪れたアナは、後に彼女のスペインのエージェントとなるフアン・ランハを紹介されます。

その後、映画「El edén perdido」(2007年)に主演し、フェルナンド・ペレス監督の「Madrigal」(2007年)では脇役を演じました。

スペインで

18歳のとき、アナはマドリードへ移住。到着して2週間も経たないうちに、「Una rosa de Francia」で彼女を見たキャスティング・ディレクターのルイス・サン・ナルシソと出会います。

その2カ月後、彼は彼女をドラマ「エル・インテルナド」のカロリーナ役に起用し、彼女は2007年から2010年まで6シーズンにわたって主演しました。

寄宿学校を舞台にしたこのテレビ番組は視聴者の人気を博し、デ・アルマスはスペインで有名人に。

撮影の合間には、青春コメディ「Mentiras y Gordas」(2009年)にも出演し、成功を収めました。

「エル・インテルナド」の人気にもかかわらず、アナは型にはめられたと感じ、主に若者の役をオファーされるようになります。彼女は「エル・インテルナド」の第2シーズンから最終シーズンにかけて、降板を申し出ました。

アナは、英語を学ぶためにニューヨークで数カ月を過ごし、スペインへ戻るよう説得され、歴史ドラマ「Hispania」(2010~2011)の17エピソードに出演。

その後、アントニオ・トラショラス監督のホラー映画「El callejón」(2011年)と「Anabel」(2015年)、ドラマ「Por un puñado de besos」(2014年)に出演。

長い間、演技の仕事がなかったアナは、トマス・パンドゥールのマドリード劇団のワークショップに参加し、キャリアに勢いがないことにとても不安を感じたそうです。

ハリウッドへの進出と躍進(2014~2020年)

新しく雇ったハリウッドのエージェントからの励ましで、アナは米国ロサンゼルスへ移住することを決定。

2014年に初めてロサンゼルスに到着したとき、彼女はゼロ・キャリアを再スタートしなければなりませんでした。

ノック・ノック

彼女はハリウッドで初めて公開されたイーライ・ロス監督のエロティック・スリラー「ノック・ノック」(2015年)でセリフを音声で覚え、キアヌ・リーブスの相手役を演じました。

プロデューサーのマーク・ダウニーは、この映画がアナの主演作になることを期待しましたが、重役の口出しにより「Daughter of God」は厳しく編集されて、以前に主演していた役は縮小されました。

彼女の役は魅力的でしたが、登場人物の激しい感情的要求を示すことができていません。

ウォー・ドッグス

ついでアナは、トッド・フィリップス監督の「ウォー・ドッグス」(2016年)で脇役を演じ、マイルズ・テラーの相手役として武器商人の妻を演じました。ここでもセリフを音声で覚えています。

本作でのアナは、ありがたい役どころを演じて記憶に残る印象的なものものでした。

ハンズ・オブ・ストーン

公開は遅れたものの、「ハンズ・オブ・ストーン」はアナがが初めて撮影したハリウッド映画でした。

本作ではアナが非常にカリスマ的な存在になっていますが、少しの派手な場面をのぞけば、従順な妻として機能する以外に彼女の出番はほとんどありませんでした。

ブレードランナー 2049

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の近未来スリラー「ブレードランナー 2049」(2017年)で、アナはライアン・ゴズリング演じるブレードランナーのホログラフィックAIのガールフレンド、ジョイ役で脇役として出演。

アナは、本質的にデジタル投影である登場人物に立体的な温かみをもたらしています。

本作での演技は当初、画期的な役柄として話題になりましたが、映画は商業的に不振に終わり、アナは翌年の大半を故郷のキューバで過ごし、家を購入しました。

また2017年には、アクションスリラー「Overdrive」でスコット・イーストウッド演じる主人公の恋敵として脇役を演じました。

2018年以降

2018年、デ・アルマスはジョン・ヒルコート監督の医療ドラマ「Corazón」でデミアン・ビチルの相手役に。

臓器提供の意識を高めるためにモンテフィオーレ・メディカル・センターが資金提供したこの短編映画で、彼女は心不全のドミニカ人女性を演じました。

2019年のロマンティック・コメディ「Yesterday」でヒメシュ・パテルと共演したアナの出演場面は、映画の予告編には含まれていたのですが、最終的にはカットされました。

監督のダニー・ボイルは、デ・アルマスは彼女の場面が「本当に輝いていた」が、三角関係の小プロットの導入は観客にうまく伝わらなかったと語っています。

アナがリアン・ジョンソン脚本・監督の群像殺人ミステリー映画「Knives Out」(2019年)で演じた移民の看護師役は広く称賛され、女優としての躍進を印象づけました。

この企画について最初に打診されたとき、アナはステレオタイプな「ラテン系介護士」を演じるというアイデアに乗り気ではなかったのですが、キャラクターが「それ以上のもの」であることに気づきました。

この映画は興行的に大成功を収め、ゴールデングローブ賞の主演女優賞(映画コメディ・ミュージカル部門)にノミネートされ、サターン賞の助演女優賞とナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の最優秀キャスト賞も受賞しました。

アナは2020年に米国で公開された4本の映画に主演。

犯罪スリラー「インフォーマー」では、ジョエル・キナマン演じる主人公の妻として脇役に。

アナはオリヴィエ・アサイヤスのNetflixのスパイスリラー「ワスプ・ネットワーク」でキューバ5人組の一人の妻を演じるためにモウラと再会。

主役とさらなる評価(2021年~現在)

2021年、アナはダニエル・クレイグと再共演し、ケーリー・ジョージ・フクナガ監督の「ノー・タイム・トゥ・ダイ」でボンドガールを演じました。フクナガ監督はデ・アルマスを念頭に置いてキューバのCIA諜報員のキャラクターを書きました。彼女はそのキャラクターについて気立てがよくてとても無責任だと表現しています。

「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は商業的に成功し、全世界で7億7420万ドルの興行収入を上げ、好意的な評価を得ました。

アナは、パトリシア・ハイスミスの小説を原作とするエイドリアン・ライン監督のエロティック・スリラー「ディープ・ウォーター」に主演。

2022年にはルッソ兄弟のNetflixアクションスリラー「The Gray Man」に主演し、ライアン・ゴズリング、クリス・エヴァンスと共演しました。

またアナは、ジョイス・キャロル・オーツの同名の伝記小説を原作としたNetflixの伝記映画「ブロンド」(2022年)でマリリン・モンロー(ノーマ・ジーン役)を演じました。

アンドリュー・ドミニク監督は「ノック・ノック」でのデ・アルマスの演技に注目し、長いキャスティング・プロセスを経て、最初のオーディションの後に彼女の役を確保。

役作りのために、アナは方言コーチのもとで1年間働き、オーツの小説を読み、何百枚もの写真、ビデオ、録音、映画を研究したそうです。

本作でアナは、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたほか、BAFTA賞、ゴールデングローブ賞、SAG賞の同部門にもノミネートされました。

ついでアナは、スカーレット・ヨハンソンの代わりにクリス・エヴァンスと共演したApple TV+のアクションコメディ映画「Ghosted」(2023年)に出演。

また、「ジョン・ウィック」シリーズのスピンオフ作品であるアクション・スリラー「Ballerina」で殺し屋のタイトルロールを演じる予定です。

サバイバルスリラー「Eden」にも出演する予定で、すでに撮影がはじまっています。

私生活

アナ・デ・アルマスは2010年半ばにスペイン人俳優のマルク・クロテと交際を始め、2011年7月にコスタ・ブラバで結婚した。二人は2013年初めに離婚。

2019年後半に「ディープ・ウォーター」のセットで出会った後、アナは2020年3月から2021年1月までアメリカ人俳優のベン・アフレックと交際。

その後、ハイテク企業の重役ポール・ブカダキスと交際を開始。

アナはキューバとスペインの二重国籍を持っています。

26歳のときにロサンゼルスへ移住し、2023年現在はバーモント州に居住。

2023年4月15日にサタデーナイトライブの司会を務めたとき、3週間後にアメリカ市民権を取得すると述べました。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました