アビー・リー

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

アビー・リーは、オーストラリア出身のモデル、女優、ミュージシャン。

2011年のファッション・シーズンまでの数年間の成功を受けて「V」誌は彼女をスーパーモデルと称し、Models.comは彼女を「業界のアイコン」に挙げています。

2015年に彼女はカーショウという姓の使用をやめました。

スポンサーリンク

 アビー・リー

  • 本名:アビー・リー・カーショウ(Abbey Lee Kershaw)
  • 1987年6月12日(36歳)
  • 出生地:オーストラリア、ビクトリア州メルボルン
  • 職業:モデル、女優、ミュージシャン
  • ヘアカラー:ブロンド
  • アイカラー:ブルー
  • 活動期間:2007年~現在
  • 両親:キム・カーショウ(父)
  • Instagram:Abbey Lee
なむ
なむ

口とブルーの目が大きく、キュートな顔立ちで背が高い。可愛いカッコいいが混ざって素敵。

スポンサーリンク

ファム・ファタル

ネオン・デーモン」にサラ役で登場。目と口が大きめで、背が高い骨格美人。ダントツにカッコよかったです。

生い立ち

アビー・リーは、オーストラリアのビクトリア州メルボルンにて、心理学者のケリーと、元フットボール選手のキム・カーショウの娘として生まれました。

4歳のときに髄膜炎を患い、2度の脊髄穿刺を受けた。また、膝に腫瘍ができ、木登りで何度も骨折しています。

ビクトリア州ケンジントンで育ち、ノース・メルボルンのセント・マイケルズ・カトリック小学校に通学。彼女は「42の国籍の子どもたちと一緒に育った」と語っていて、150人の子どもたちが通う小学校は非常に多文化的だったと説明しています。

その後、フィッツロイにある無原罪のメアリー・アカデミーに通いました。

アビーは「裕福な家庭ではなかった」と語っていて、10代の頃はファンフェアや食料品店の店員、マクドナルドで働くなど、さまざまな仕事を経験しました。

2004年、アビーはオーストラリアのガールフレンド・モデル・サーチで優勝しました。反抗的な一面があったため、最終学年の始めに高校を退学させられました。

高校退学後の2005年、アビーはメルボルンからシドニーへ引っ越し、モデル業を開始。彼女はビーチから100メートルのところに住んでいました。

ミランダ・カーやサマンサ・ハリスも発掘したシック・マネージメントのキャシー・ワードにスカウトされたのはビーチにいたときでした。彼女は数週間以内にシック・マネージメントと契約しました。

経歴

2007-2009

2007年、アビー・リーはネクスト・マネジメントと契約し、3月までにニューヨークへ移住。

12月11日、Models.comは彼女を「ネクスト・スーパースター」に選出しました。

アビーは2008年のニューヨーク・ファッション・ウィークでデビューし、オスカー・デ・ラ・レンタやハルストンなどのデザイナーの計29のショーを歩き、とくにロダルテのクロージングを飾りました。

初めてのミラノ・ファッション・ウィークでは、グッチのエクスクルーシブとしてブッキング。その後、9月にニューヨークで行なわれたロダルテのショーでハイヒールを履いて転倒。その1カ月後、パリで開催されたアレキサンダー・マックイーンのショーでは、非常にタイトなレザーコルセットを着用して失神しました。

しかし、2つのアクシデントがあってもアビーはランウェイショーのブッキングから遠ざかることはありませんでした。

彼女は「V」誌秋号の14の表紙のひとつを飾ったニューフェイスのひとり。2008年11月15日、マイアミで開催されたヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーでは、「ピンク・プラネット」部門でモデルを務め、国際的なテレビ出演を果たしました。

また、アビーは2008年からグッチの新しい香り「フローラ」のフレグランス広告に出演しました。

2009年11月、ファッションTVは2010年春夏のファースト・フェイス・カウントダウンでアビーを1位に選出。

彼女は、2009年秋冬に発行されたフランスの雑誌「Purple Fashion」で露骨な撮影に登場。写真家テリー・リチャードソンが撮影したこの悪名高い見開きページは、ブロゴスフィアで憤慨を引き起こし、リチャードソンは自身の性的満足のために少女たちをこき使ったと非難されました。

膝の負傷のため2009年秋シーズンをスキップした後、アビーはミラノ・ファッション・ウィークに再登場し、D&Gのオープニングを飾り、フェンディとヴェルサーチのファーストルックとラストルックを飾りました。

2009年12月1日、2度目となるヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーに参加しましたが、今回は3つの衣装を身にまとい、「スター・トルーパー」「ピンク・プラネット」「魅惑の森」でモデルを務めました。

2010–2011

2010年、アビーはキャンペーン、撮影、ショーに引っ張りだこでした。

テリー・リチャードソンが撮影した2010年版ピレリ・カレンダーと、カール・ラガーフェルドが撮影した2011年版カレンダーに登場。

2010年3月、彼女はシャネルの2010/2011年秋冬プレタポルテ広告キャンペーンの顔になることが発表されました。このニュースは、シャネル2010年春のクチュールショーを締めくくり、シャネル2010/2011年秋冬プレタポルテショーのオープニングを飾った後に発表されました。

11月には、4度目となるオーストラリア版「ヴォーグ」誌の表紙を飾りました(過去に同誌の表紙を飾ったのは2010年3月、2009年3月、2008年9月)。

同2010年、アビーはアナ・スイの2010年秋冬キャンペーンの顔としても起用さされます。また、ヴェルサーチとh&mのコラボレーション・コレクションのルックブックにも登場。

2011年春のラグ&ボーン広告キャンペーンでは、モデルのサーシャ・ピヴォヴァロヴァ、エディタ・ヴィルケヴィシューテ、カロリーナ・クルコヴァ、キャンディス・スワンポール、リリー・オルドリッジたちとともにセルフポートレートを撮影。

シャネルの専属モデルとして、パリで春夏コレクションを歩き、10万ドルを稼ぎました。

そして、ニューヨーク・ファッション・ウィークをスキップしてロンドンに。

V誌の「The Discovery Issue」は、リーを新スーパーモデルに選出。同誌はリーを「エル・マクファーソンがシンディ・クロフォード、クラウディア・シファー、ケイト・モス、ナオミ・キャンベル、クリスティ・ターリントンの仲間入りを果たして以来、「南半球から最大のファッション輸出」といわれました。

また、トム・マンローが撮影したNumero誌2011年5月号の表紙を飾りました。

2012-2013

アビー・リーは、アレキサンダー・ワンとアナ・スイのためだけに歩いた2012年秋のショー以来、ランウェイから姿を消しました。

2012年中、彼女は女優業に専念し、ポスト黙示録的映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)の撮影のため、1年の大半をアフリカで過ごします。

彼女はmodels.comによる「Top 50 Models Women」でキャリア絶頂期には4位にランクされていましたが、2013年6月時点では12位となりました。

また、、マート・アラスとマーカス・ピゴットが撮影したグッチの2013-14年秋冬キャンペーンに、男性モデルのエイドリアン・サホレスとともに登場。

2014年~現在

2014年5月、アビーは再びヴォーグ・オーストラリアの表紙を飾り、同号の2つのエディトリアルに主演し、女優デビューを飾りました。

2014年8月、Models.comは、彼女が映画「マッドマックス」「エジプトの神々」の撮影のためにランウェイや社説を欠席していたものの、フローラバイグッチやヴェルサーチのイエローダイヤモンドなどの大きなフレグランス契約とファッション界で今もなお存在感を示していることを考慮し、アビーを業界のアイコンリストに加えました。

アビーは2015年の映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で脇役を演じました。

2016年には、ジェラルド・バトラーと共演した映画「エジプトの神々」と、エル・ファニングと共演したニコラス・ウィンディング・レフン監督のスリラー映画「ネオン・デーモン」で主要な役を演じました。彼女は、武術の訓練歴が「エジプトの神々」での役作りにつながったと述べています。

2017年、彼女は映画「ダークタワー」でティラナ役を演じました。翌2018年、セバスチャン・グティエレス監督の「エリザベス・ハーベスト」で主人公を演じました。

2020年、彼女はHBOのドラマホラー「ラヴクラフト・カントリー」で、問題を抱えたクリスティーナ・ブレイスホワイトを演じました。彼女が「ハーパース・バザー」誌に述べたところによると、このホラーで最後にキャスティングされたのが自分であり、キャラクターを理解するためにカルト教団で育ったことについて調べました。

2021年、M・ナイト・シャマラン監督の映画「オールド」で、低カルシウム血症を患うクリスタルを演じました。

2023年、犯罪シリーズ「フロリダマン」で主役のデリー・ウェストを演じ、エドガー・ラミレスと共演。

私生活

アビー・リーは大きな希望と夢をもった意欲的な子供でしたが、複雑な家庭のために、両親は食卓に食べ物を並べるのに苦労し、家には音楽も芸術もなかったと語っています。

モデル業は自分を「使い捨ての歯車」にしましたが、それが生き残るための切符だと感じてもいました。そして、「マッドマックス」に出演したことで、演技がいかに表現、音、動き、パフォーマンス、そして「彼女が愛するものすべて」を結びつけるものであるかに目を開かせたのです。

2015年、アビーは依存症についての半自伝的映画を執筆中だと語りました。彼女は国際スター登録簿に自分の名前を冠したスターをもっています。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました