コン・ヒョジン

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

コン・ヒョジン(공효진)は、韓国の女優、ファッションモデル。

1999年、映画「女子高生怪談第二話」で女優活動をスタートし、2000年「家の栄光」でTVドラマにもデビュー。

つづいて、「華麗なる時代」「勝手にしなさい」「品行方正」「雪だるま」「サンドゥヤ、学校へ行こう」「ビスケット先生と星のお菓子」「家族の誕生」などのドラマや映画に出演しました。

その後、2008年に「三つ目の赤面」で頬の赤い醜い先生役で熱演し、大韓民国映画大賞主演女優賞を受賞。

「ありがとうございます」「パスタ」「最高の愛」「主君の太陽」「大丈夫愛だ」「プロデューサー」「嫉妬の化身」「椿の花咲く頃」まで立てつづけに成功。

「パスタ」でMBC演技大賞最優秀賞、「最高の愛」で白賞芸術大賞TV部門女子最優秀演技賞、「椿の花咲く頃」でKBS演技大賞大賞を受賞しました。

なむ
なむ

「女は冷たい嘘をつく」の暗いベビーシッター役が愛おしく感じました。童顔と大人顔が混ざって綺麗可愛い。

スポンサーリンク

コン・ヒョジン

  • 本名:공효진(コン・ヒョジン)
  • 生年月日:1980年4月4日(43歳)
  • 出身地:大韓民国ソウル特別市陽川区
  • 国籍:大韓民国
  • 職業:女優、ファッションモデル
  • 活動期間:1999年~現在
  • 宗教:カトリック(洗礼名:ユスティーナ)→プロテスタント
  • 所属事務所:マネージメント森
  • 学歴:世宗大学校 映画芸術学科 学士
  • 兄弟姉妹:コン・ヒョソン(弟)
  • 配偶者:ケビン・オ(2022年10月11日~現在)
  • 受賞歴:2019年KBS演技大賞大賞
  • Instagram:Hjk
  • Facebook:Hyojin Kong
スポンサーリンク

学歴

  • ソウル江月小学校
  • 陽川中学校
  • 中興高校
  • 世宗大学校 映画芸術学科

経歴

生い立ちと幼少期

コン・ヒョジンはソウル市陽川区出身で、江月国民学校を卒業し、陽川中学校に進学。

中学3年生のとき、1995年に母親と弟と一緒にオーストラリアのブリスベンに移民留学。

3年間ブリスベンに滞在し、ジョン・ポール・カレッジの学校に通いましたが、1997年、IMF危機の影響で家計が傾いて、再び韓国に戻りました。

帰国後、中興高校に進学・卒業し、進路を悩んでいたところ、オーストラリア留学時代に現地のモデルエージェンシーにキャスティングされたことをきっかけに、1年間だけモデル活動をしました。

当時一緒に活動した同期モデルはクォン・サンウとチェ・ジョンウォンら。

女優デビュー

1999年、ホラー映画「女子高生怪談第二話」で俳優としてデビューし、2000年からMBC「家の栄光」でシットコムのジャンルに出演し、本格的な演技活動をスタート。

2000年代

2001年にSBS「華麗なる時代」でチャン・チョルジンに恋するバス車掌役を演じ、2002年のMBCドラマ「勝手にしなさい」では元気なチアリーダー役を演じました。

また、映画「品行方正」ではパク・ジュンピルを片想いする不良学生として出演。

2003年、ドラマ「雪だるま」で兄を愛する義理の妹「ソ・ヨンウク」役を演じ人気を博し、つづく「サンドゥヤ学校へ行こう」ではビと一緒に劇をリードしていきました。

2005年、SBS「ビスケット先生と星のキャンディー」では、共有と愛を育む「ナボリ」役でロマンチックコメディのジャンルで活躍。

2006年映画「家族の誕生」に出演し、2007年ドラマ「ありがとうございます」に出演。

2008年の映画「三つの赤面」では顔面紅潮症の先生役で熱演し、大韓民国映画大賞主演女優賞を受賞しました。

2010年代

2010年、ドラマ「パスタ」の主演を務め、大きな人気を博しました。

一方、2010年12月には作家活動を並行して、環境についての話をまとめた著書「コン・ヒョジンの手帳」を出版。

2011年、チャ・スンウォンと共演したドラマ「最高の愛」でグ・アジョン役を演じ、再び人気をえて、視聴者から多くの声援をもらいました。同年、「ラブ・フィクション」で謎めいた女性を演じ、喫煙姿や脇毛を披露しています。

2013年にはSBSドラマ「主君の太陽」で、幽霊を見る女「テゴンシル」役を演じて、ソ・ジソプと共演。

2014年、SBSドラマ「大丈夫、愛だ」では精神科医「ジ・ヘス」役を演じました。

2015年、ドラマ「プロデューサー」で音楽PD「タク・イェジン」役で出演し、2016年にはSBSドラマ「嫉妬の化身」でチョ・ジョンソク役、また、ソ・ジヘと共演した「嫉妬の化身」で気象キャスター「ピョ・ナリ」役を演じました。

2016年11月に公開された映画「「女は冷たい嘘をつく」では謎めいた中国人ベビーシッター役。

2019年9月18日から11月21日まではKBS「椿の花が咲く頃」でオドンベク役を演じ、KBS演技大賞でデビュー20年ぶりに大賞を受賞しました。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました