アンナ・メイ・ウォン

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

ウォン・リウ・ツォンは職業的にアンナ・メイ・ウォンとして知られるアメリカの女優。

ハリウッドにおける最初の中国系アメリカ人映画スターで、国際的に認知された最初の中国系アメリカ人女優です。

アンナの多彩なキャリアは、サイレント映画、サウンドフィルム、テレビ、舞台、ラジオに及びました。

なむ
なむ

胸がなくて背が高くて小顔。顔面偏差値はそこそこ。とにかくスタイルがカッコよくて、生き方までクール!

スポンサーリンク

アンナ・メイ・ウォン

  • 本名:ウォン・リウ・ツォン(Wong Liu Tsong)
  • 女優名:アンナ・メイ・ウォン(Anna May Wong)
  • 繁体字:黃柳霜
  • 簡体字:黄柳霜
  • 生年月日:1905年1月3日
  • 出身地:米国カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 死去:1961年2月3日(享年56歳)
  • 死去地:米国カリフォルニア州サンタモニカ
  • 職業:女優
  • 活動期間:1919年-1961年
  • 受賞歴:ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(映画)
スポンサーリンク

経歴

猫女
猫女

映画公開年は4桁の西暦表記にしています。

アンナ・メイ・ウォンは、米国ロサンゼルスで中国系アメリカ人一世の両親のもとに生まれました。

幼少期から映画に夢中で子役に出演していました。

ハリウッド

彼女の10代、サイレント映画時代に、初めてカラーで製作された映画の一つ「恋の睡蓮」(1922)やダグラス・フェアバンクスの「バグダッドの盗賊」(1924)に出演。

これらに出演したことをきっかけに、世界的なスターダムにのしあがり、ファッションアイコンとなりました。

アンナはフラッパールックをいち早く取り入れた一人でした。

1934年、ニューヨークのメイフェア・マネキン・ソサエティは彼女を「世界一着飾る女性」に選出しました。

欧米

ハリウッドで渋々演じてきたステレオタイプな脇役に苛立ちを覚えたアンナ・メイ・ウォンは、1928年3月にヨーロッパへ。

「ピカデリー」(1929)をはじめ、有名な舞台や映画に主演。

1930年代前半は、映画や舞台の仕事でアメリカとヨーロッパを行き来しました。

アンナは初期音響時代の映画にも出演しはじめ、「龍の娘」(1931)、マレーネ・ディートリヒと共演したヨゼフ・フォン・スタンバーグ監督の「上海特急」(1932)、「異郷の露」(1934)、「Daughter of Shanghai」(1937)などに出演しました。

人種問題

1935年、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社(MGM)は、パール・S・バックの「大地」映画版製作にあたり、中国人主人公オー・ランの主役にアンナを起用することを拒否しました。

MGMは代わりにルイーズ・ライナーをイエローフェイスの主役に起用。

ある伝記作家は、この選択について、白人俳優ポール・ムニ(皮肉にも「yellowface」で中国人役)の妻を白人女優が演じることを要求するヘイズ法典の混血禁止規則によるものだと考えています。

しかし、1930年から1934年にかけてのアメリカ映画製作配給会社のヘイズ・コードは、「混血(白人と黒人の性関係)は禁止されている」と主張しているだけで、他の異人種間の結婚については何も述べていません。

他の伝記作家は、歴史家シャーリー・ジェニファー・リムの「アンナ・メイ・ウォン」を含め、この説を裏付けていません。

そしてMGMは、アンナを誘惑者のロータスという脇役に抜擢するために、スクリーンテストを行ないましたが、彼女がその役を生理的に拒否したか、拒否されたかは曖昧なままです。

中国

アンナ・メイ・ウォンは、ハリウッドで著名な女性監督が少なかった当時、1935年に中国へ赴き、先祖代々の村を訪れたり、中国文化を学んだりして、その経験を映画に記録しました。

米国

1930年代後半、彼女はパラマウント・ピクチャーズのB級映画に主演。

この作品は中国人と中国系アメリカ人を好意的に描写しました。

第二次世界大戦中、日本に対する中国の大義を支援するために、アンナは時間と資金を捧げました。

そのため、大戦中に映画界キャリアにはあまり関心が向きませんでした。

戦後

戦後、1950年代にアンナ・メイ・ウォンは何度かテレビに出演し、表舞台にカムバック。

1951年、彼女はTV映画「The Gallery of Madame Liu-Tsong」に出演。

この番組はアジア系アメリカ人が主役の米国初TV番組として歴史に名を刻んでいます。

死後

1961年、アンナは心臓発作のため56歳で亡くなりました。

彼女は「フラワー・ドラム・ソング」で映画復帰を計画していました。

死後何十年もの間、アンナはステレオタイプな「ドラゴン・レディ」と、しばしば与えられた控えめな「バタフライ」の役柄で記憶されてきました。

彼女の人生とキャリアは、生誕100周年前後の数年間、3つの主要文学作品と映画回顧展で再評価されました。

バイオグラフィ

幼少期

アンナ・メイ・ウォンは、1905年1月3日に米国ロサンゼルスのチャイナタウンから1ブロック北にあるフラワー・ストリートにて、ウォン・リウ・ツォン(黃柳霜)として誕生。

誕生したコミュニティは、中国人、アイルランド人、ドイツ人、日本人が住んでいました。

彼女はサムキー・ランドリーのオーナーであるウォン・サムシングと、2番目の妻リー・ゴントイとの間に生まれた7人の子供のうち、2番目でした。

アンナの両親は中国系アメリカ人の二世で、母方と父方の祖父母は1855年以降にアメリカへ来ていました。

父方祖父のウォン・ウォンは、プレーサー郡の金鉱地帯であるミシガン・ブラフスで2軒の店を経営する商人。彼は1853年に中国広東省泰山市近郊の村チャンオンから渡米。

アンナの姉ルーイン(ルル)は1902年に生まれ、アンナ・メイは1905年に誕生。その後、さらに6人の弟妹が生まれました。

1910年、一家はフィゲロア・ストリートの近所に引っ越しました。

そのブロックでは唯一の中国人家庭で、メキシコ人や東欧人の家族と一緒に暮らしていた。

新しい家とチャイナタウンを隔てた2つの丘は、アンナがアメリカ文化に同化するのに役立ちました。

最初は姉と一緒に公立学校に通っていましたが、他の生徒たちから人種差別的な嘲笑の的とされ、長老派の中国語学校に移籍。

授業は英語で行なわれ、アンナは平日午後と土曜日に中国語学校に通いました。

1910年代、アメリカの映画製作は東海岸からロサンゼルス地域に移転しはじめていました。

映画撮影はアンナの近所や周辺で絶えず行なわれていて、彼女はニッケルオデオンの映画館に通いはじめます。

すぐに「フリッカーズ」に夢中になり、学校を休んでランチ代を使って映画館に通います。

アンナが映画へ興味もつことを父親は快く思っておらず、勉強の妨げになると感じていましたが、それでもアンナは映画の道に進むことを決意しました。

9歳のとき、彼女は映画監督に役を与えてくれるよう懇願しつづけ、「C.C.C.」や「好奇心旺盛な中国の子供」というニックネームをつけられました。

11歳のときまでに、アンナは英語名と姓を合わせてアンナ・メイ・ウォンという芸名を思いつきます。

初期のキャリア

1919年、アンナはハリウッドのヴィル・ド・パリ・デパートで働いていました。

そのとき、メトロ・ピクチャーズ社がアラ・ナジモワ監督の映画「赤い提灯」(1919)に出演するために300人の女性エキストラを募集。

父親には知らされていませんでしたが、映画関係者の友人が、ランタンを運ぶエキストラというノンクレジットの役を獲得する手助けをしてくれました。

その後2年間、アンナはプリシラ・ディーンやコリーン・ムーアの映画など、さまざまな映画のエキストラとして地道に働きました。

まだ学生だった頃、彼女は小舞踏病(シデナム舞踏病または聖ヴィトゥス舞踏病とも)にかかり、数ヶ月間学校を休みました。

アンナは精神的に崩壊寸前で、父親が彼女を漢方医のところへ連れて行きました。

儒教をはじめ道教や老子の教えなどの中国思想は、生涯をとおしてウォアンナンの個人哲学に強い影響を与えました。

一家の宗教的生活には、長老派という形でキリスト教思想も含んでいて、成人してからはしばらくクリスチャン・サイエンティストでもありました。

しかし、アンナは正式に入信することはなく、新思想統一教会に関わるようになると、教会への関心は薄れていきました。

学業と情熱を両立させることが難しいと感じたアンナは、フルタイムの女優業を追求するため、1921年にロサンゼルスの高校を中退します。

その決断を振り返って、アンナは1931年に「モーション・ピクチャー・マガジン」誌にこう語りました。

始めたときはとても若かったので、失敗してもまだ若さがあるとわかっていたので、女優として成功するのに10年はかかると決めていました。

1921年、ウォンは最初のアンソロジー映画「Bits of Life」に出演し、初クレジット。「ホップ」と題されたセグメントで、ロン・チェイニー演じるトイ・リンの妻を演じました。

のちにアンナは、母親役を演じたのはこのときだけだったと懐かしそうに語りました。妻役・母役の姿が人気となり、イギリスの雑誌「ピクチャー・ショー」の表紙を飾りました。

アンナはMGMの初期2色テクニカラー映画「恋の睡蓮」で初主演を果たしました。

この作品はフランシス・マリオンの脚本で、ストーリーは「蝶々夫人」を大まかにモチーフにしています。

ニューヨーク・タイムズ紙は、「アンナ嬢は、彼女の役が求めるすべての同情を観客にかき立てる。彼女は難しい役で、十中八九失敗する役だが、彼女の演技はその十分の一。カメラを意識せず、絶妙なプロポーションセンスと驚くべきパントマイミックの正確さ…。彼女をスクリーンでもう一度、いや何度も見るべきだ」。

このような好評にもかかわらず、ハリウッドはアンナ・メイ・ウォンの主演作を作ることに消極的でした。

彼女はハリウッドでスターダムにのし上がりましたか、ハリウッドは彼女をどう扱えばいいのかわからなかったのです。

その後数年間、たとえばトッド・ブラウニング監督の「漂流」(1923)で妾を演じるなど、”エキゾチックな雰囲気”を提供する脇役としてアンナは過ごすことになります。

映画プロデューサーたちはアンナの名声の高まりを利用しながら、彼女を脇役に追いやったのです。

1923年、アンナはまだ映画界でのキャリアを楽観視していました。

映画も順調だし、私もうまくやっているけど、洗濯物が後ろにあるのは悪くないから、登ってるときは待っていいところを撮って自立できる。

スターダム

アンナが19歳だった1924年。

ダグラス・フェアバンクスの映画「バグダッドの盗賊」で、陰謀を企むモンゴルの奴隷という脇役に、アンナは抜擢されます。

出演時間は短く、ステレオタイプな”ドラゴン・レディ”を演じ、観客や批評家の注目を集めました。

この頃、アンナは1年前に「Drifting」を監督したトッド・ブラウニングと交際していました。

「Drifting」はアンナにとって二度目の大役。

そのため、彼女は実家を出てアパートへ引っ越していました。

1924年3月、中国神話を題材にした映画を撮ろうと計画していたアンナは、アンナ・メイ・ウォン・プロダクションを設立する契約を締結。

しかし、ビジネスパートナーが不正行為を行なっていたことが発覚し、ウォンは彼を提訴、会社は解散しました。

すぐに、アンナのキャリアがアメリカの反混血法によって制限され続けることが明らかとなりました。

この法律は、たとえ登場人物がアジア人俳優であっても白人俳優であっても、他の人種とスクリーン上でキスを交わすことを禁じていました。

アジア人の主演男優を見つけないかぎり、ウォンは主演女優にはなれなかったのです…。

アンナは、映画界で台頭しつつあった「バンプ」のステレオタイプに沿ったエキゾチックな脇役のオファーを受け続けました。

彼女は1924年の2本の映画で先住民の少女を演じます。

アラスカ準州で撮影された「アラスカン」ではエスキモーを、「ピーター・パン」ではロサンゼルスに戻ってタイガー・リリー姫を演じました。

両作品とも撮影監督はジェームズ・ウォン・ハウ。「ピーター・パン」は成功し、クリスマス・シーズンのヒット作となりました。

翌1925年、ウォンはサイレント・コメディ映画「Forty Winks」で東洋の吸血鬼を操る役を演じ、批評家の称賛を浴びました。

こうした好評にもかかわらず、アンナは次第に自分の配役に失望していき、他の成功への道を模索しはじめました。

1925年はじめ、彼女はスターたちのボードヴィル・サーキットのツアーに参加したが、ツアーが失敗に終わると、ウォンと他のグループはハリウッドに戻りました。

1926年、アンナはノーマ・タルマッジとともに、グローマンズ・チャイニーズ・シアターの起工式に出席し、最初のリベットを打ち込みます。

同年、アンナは「The Silk Bouquet」に主演。1927年に「ドラゴン・ホース」と改題されたこの映画は

1927年に「The Dragon Horse」と改題されたこの映画は、サンフランシスコのチャイニーズ・シックス・カンパニーが中国の支援を受けて製作した最初のアメリカ映画の一つ。

ストーリーは明朝の中国を舞台にしたもので、アジアの俳優がアジアの役を演じました。

アンナは脇役を演じ続けました。

ハリウッドのアジア系女性キャラクターは、ナイーブで自己犠牲的な「バタフライ」と、狡猾で欺瞞的な「ドラゴン・レディ」という、ステレオタイプな二極に向かう傾向が続いていました。

アラン・クロスランドがワーナー・ブラザーズのために監督した「Old San Francisco」(1927)でアンナはギャングの娘「ドラゴン・レディ」を演じました。

「ミスター・ウー」(1927)では、スクリーン上の混血カップルに対する検閲が厳しくなり主役の座を失ない、脇役を演じました。

翌年公開された「愛欲争闘街」でも同じことが起こりました。

ヨーロッパへ移住

アジア人以外の女優が主役となる映画でアジア人役に抜擢され、タイプキャストされることに、アンナ・メイ・ウォンは嫌気がさしました。

彼女は1928年にハリウッドを去り、ヨーロッパに渡りました。

1933年に「フィルム・ウィークリー」誌でドリス・マッキーからインタビューを受けたアンナは、ハリウッドでの役柄に不満を漏らしました。

「演じなければならない役柄にとても疲れていました」、「ハリウッドでは私の出番はほとんどないようです。なぜなら、プロデューサーたちは本物の中国人よりも、ハンガリー人、メキシコ人、アメリカ・インディアンを中国人の役として好むからです」。

ヨーロッパでアンナはセンセーションを巻き起こし、「Schmutziges Geld」(1928、Song and Show Life)や「Großstadtschmetterling」(Paveterfly)などの有名な映画で主演しました。

前者に対するドイツの批評家の反応をみて、ニューヨーク・タイムズ紙は、アンナが「超絶的な才能を持つ女優としてだけでなく、偉大な美女としても絶賛された」と報じました。

同記事は、ドイツ人はアンナのアメリカ人としての経歴をスルーしたと指摘し、「ベルリンの批評家たちは、満場一致でこのスターと作品を賞賛したが、アンナ・メイがアメリカ生まれであることには触れなかった」と。

なむ
なむ

素晴らしいことに、アンナ・メイ・ウォンは、演技や生活でアメリカを忘れたのです。

また、ウィーンでは、オペレッタ「Tschun Tschi」のタイトルロールを流暢なドイツ語で演じました。

オーストリアの批評家は、「アンナ嬢は観客を完全に手中に収め、彼女の演技の控えめな悲劇が深い感動を与え、ドイツ語を話す難しい役を見事にやり遂げた」と書きました。

ドイツ滞在中、アンナはレニ・リーフェンシュタールの友人となりました。

彼は当時俳優で、まだ映画監督にはなっていませんでした。

マレーネ・ディートリヒやセシル・カニンガムなど、生涯をとおして何人かの女性と親交を深めていたアンナは、レズビアンだという噂を立てられ、世間の評判を落とすことになりました。

当時、まったく立派な職業とはみなされていなかった女優業に、家族は長い間反対していました。

英国ロンドンのプロデューサー、バジル・ディーンは、アンナのために、若きローレンス・オリヴィエと共演する舞台「A Circle of Chalk」を持ちこみます。

ある批評家から「ヤンキーの鳴き声」と評されたアンナのカリフォルニア訛りに対して悪評があったので、アンナはケンブリッジ大学で声楽の個人指導を受けることになり、そこで受信発音の訓練を受けました。

作曲家のコンスタン・ランバートは、映画で彼女を見た後でこの女優に夢中になり、初日の舞台を観劇してから、彼女に「Eight Poems of Li Po」(李詩八首)を作曲して捧げました。

アンナは1929年に最後のサイレント映画「ピカデリー」を撮影。この映画は英国でセンセーションを巻き起こしました。

トップバッターはギルダ・グレイだったが、「バラエティ」誌はアンナが「スターを凌駕する」、「ウォン嬢が厨房の奥で踊る瞬間から、彼女はグレイ嬢から「ピカデリー」を奪う」とコメント。

「タイム」誌のリチャード・コーリスは、「ピカデリー」をアンナの最高傑作と述べ、「ガーディアン」紙は、この映画と彼女の演技の再発見が、この女優の評判を回復させたと報じました。

ハリウッドへ回帰

1930年代、米国の撮影所はヨーロッパのフレッシュな才能を探していました。

皮肉にもアンナは米国映画関係者たちの目に留まり、1930年にパラマウント・スタジオとの契約をオファーされます。

主演やトップバッターの約束に魅せられた彼女はアメリカに戻りました。

ヨーロッパでの数年間で得た名声と訓練が活きて、ブロードウェイで「On the Spot」という舞台で主演の座に輝きました。

この舞台は167回も上演され、のちに「Dangerous to Know」として映画化されました。

1930年にハリウッドへ戻った後、アンナ・メイ・ウォンは、創作の場を舞台やキャバレーへ移しました。

1930年11月、アンナの母がフィゲロア通りの家の前で自動車にはねられ死亡。

その後、1934年に一家は、アンナの父親が息子・娘を連れて中国の故郷へ戻りました。

アンナは弟妹たちの教育費を負担していましたが、弟妹たちは中国へ移住してから、教育関係の仕事に就いて有効に活用しました。

一家が出発する前、アンナの父親は海外の台糖人向け雑誌「新寧」に短い記事を書き、有名な娘に対する誇りを表明しましています。

ヨゼフ・フォン・スタンバーグ監督作品への出演を約束されたアンナは、またしてもステレオタイプな役柄を引き受けます。「龍の娘」(1931)のタイトル・キャラクター、フー・マンチューの復讐に燃える娘です。

Hayakawaが10,000ドル、23分しか出演していないワーナー・オランドは12,000ドルだったのに対して、彼女の出演料は6,000ドルでした。

アンナは新たな名声を政治的発言に利用しはじめました。

たとえば、1931年末、彼女は奉天事件とそれに続く日本の満州侵略を厳しく批判する文章を書きました。

1933年の「フィルム・ウィークリー」誌のインタビュー「私は抗議する」で、アンナは「龍の娘」における否定的なステレオタイプを批判して次のように発言、「とても粗野な悪役で、殺人的で、裏切り者で、草むらの蛇なんだ。私たちはそんなんじゃない。西洋より何倍も古い文明をもつ私たちが、どうしてそうなり得るのか?」。

アンナは、スタンバーグ監督の「上海特急」でマレーネ・ディートリヒと並んで、自己犠牲的な宮廷女官として出演しました。

ディートリヒとの性的場面は多くのコメンテーターが指摘し、2人のスター間の関係についての噂を助長しました。

当時からトレンド批評はディートリヒの演技とスタンバーグの演出に焦点を当ててきましたが、今日の映画史家たちはアンナの演技がディートリヒの演技を上回ったと判断しています。

長らく、中国のマスコミはアンナのキャリアにとても複雑な評価を下してきて、「上海特急」での彼女の演技には好意的ではありませんでした。

中国の新聞はこんな見出しを掲げています、「パラマウントはアンナ・メイ・ウォンを中国の名誉を傷つける映画の製作に利用した」と。

また、「彼女は芸術的な描写に欠けるが、中華民族の名誉を傷つけるには十分すぎることを行なった」と。

中国の批評家たちは、アンナのスクリーン上での性的行為が、中国人女性に対する否定的なステレオタイプを広めたと考えたのです。

もっとも激しい批判は国民党政府からなされましたが、中国の知識人やリベラル派は、1932年に北京大学がアンナに名誉博士号を授与したときに示したとおり、彼女に必ずしも反対していたわけではなかったのです。

最近の情報源によれば、俳優がこのような栄誉を受けたのはおそらくこのときだけだったそうです(Mein Film 1932, p. 333. Cited in Hodges 2004, p. 125)。

米国でもヨーロッパでも、ウォンは1920年代からファッションアイコンと見なされていました。1934年、ニューヨークの「メイフェア・マネキン・ソサエティ」は彼女を「世界一着飾った女性」に選び、1938年には「ルック」誌が彼女を「世界一美しい中国人女性」に選びました。

大西洋横断

ヨーロッパでの成功と「上海特急」での重要な役柄の後、残念ながらアンナのハリウッドでのキャリアは以前のパターンに戻ってしまいました。

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社は、彼女を「中国人を演じるには中国人すぎる」と判断したのです。

アンナはフランク・キャプラ監督の「風雲のチャイナ」(1933)で悪徳中国人将軍の愛人役を演じる予定でしたが、この役は代わりにトシア・モリが演じました。

再びハリウッドに失望したアンナはイギリスへ戻り、3年近く滞在。

この間、4本の映画に出演したほか、ボードヴィル・ショーの一員としてスコットランドとアイルランドを巡演しました。また、1935年にジョージ国王銀祝典のプログラムにも出演。

一般的にマイナー映画とされる「Java Head」(1934)は、アンナが主役の男性(映画では白人の夫)とキスをした唯一の作品。

アンナの伝記作家グラハム・ラッセル・ホッジスは、この映画がアンナの個人的なお気に入りの一つであり続けた理由かもしれないとコメントしています。

ロンドンに滞在中、ウォンは京劇の最も有名なスターの一人、梅蘭芳に出会いました。

アンナは以前から中国のオペラに興味をもっていて、梅蘭芳は、中国を訪れることがあれば指導するとアンナに申し出ました。

1930年代にはパール・バックの小説、とくに「大地」が人気で、日本帝国主義との闘いにおいて中国へのアメリカの同情が高まっていたことから、アメリカ映画においてより積極的な中国人役を演じる機会を開きました。

1931年に「大地」が出版されて以来、アンナはこの本の映画版でオーランを演じたいという希望を公言してきました。1933年の時点で、ロサンゼルスの新聞はアンナがこの役に最適だと宣伝していました。

にもかかわらず、スタジオはアンナをこの役に起用することを真剣に検討しなかったようです。国民党政府もスタジオにアンナを起用しないよう進言していました。

MGMの中国人顧問はこうコメントしました、「アンナが映画に出演するたびに、各新聞社は「アンナ・メイがまた中国のために顔を失った」とキャプションを付けて彼女の写真を掲載する」と。

代わりにアンナがオファーされた登場人物は、一家を崩壊させる手助けをしながら一家の長男を誘惑する、欺瞞に満ちた歌姫ロータス役でした。

アンナはがっかり。

MGMは「中国人の血を引く私に、中国人を演じるオール・アメリカン・キャストをフィーチャーした映画のなかで、唯一の無愛想な役をやれというのです」と嘆きます。

アンナが望んだ役はルイーズ・ライナーに与えられ、ルイーズはその演技でアカデミー主演女優賞を受賞。

なお、アンナの妹メアリー・リウ・フン・ウォンは、小さな花嫁の役でこの映画に出演しました。

MGMが、アメリカ映画で最も知名度の高い中国人役へアンナを起用しなかったことは、今日、「1930年代における配役差別の最も悪名高い事例の一つ」として記憶されています。

中国巡業と人気上昇

1934年、アンナの父親は彼女の弟や妹を連れて中国の故郷へ帰りました。

梅蘭芳からの指導の申し出はさておき、アンナは中国の演劇についてもっと学んで、国際的な観客の前で、いくつかの中国劇を英訳で上手く上演することを望んでいました。

アンナは中国への出発に際して「サンフランシスコ・クロニクル」紙に次のように語っています。「おそらく到着したときに、私は部外者のように感じるだろう。その代わり、自分の過去の人生が夢のような非現実性を帯びていることに気づくだろう」。

1936年1月に中国へ出発したアンナは、ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙、ロサンゼルス・エグザミナー紙、ロサンゼルス・タイムズ紙、フォトプレイ紙など、米国の新聞に掲載された一連の記事から、自分のキャリアを記録しました。

上海へ向かう途中に東京へ立ち寄りました。東京の記者たちはアンナの恋愛事情に興味津々で、結婚の予定はあるのかと尋ねました。

しかし翌日、日本の新聞はアンナが裕福な広東人男性「アート」と結婚したと報じました。皮肉にも、日本の新聞記者たちの語彙力の貧しさが暴露されてしまいました。

中国を旅行中、アンナは国民党政府や映画界から強く批判され続けました。

アンナは、中国の多くの地域で北京語ではなく泰山方言を使ったため、コミュケーションが難しかったようです。

のちに彼女は、中国語のなかには「ゲール語のように奇妙に聞こえるものもある」とコメントしています。「こうして私は、通訳をとおして自分の国の人々と話すという奇妙な経験をした」とも。

さて、国際的なセレブリティがアンナの私生活に与えた打撃は、うつ病や突然の怒り、過度の喫煙や飲酒という形で現れていきました。

香港で下船したとき、イライラを感じたアンナは、待ち構えていた群衆に対して柄にもなく無礼な態度をとりました。ある人が叫んだそうです、「黃柳霜は中国を貶める手先なので上陸させるな」と。アンナは泣き出して大暴れしたそうです。

彼女がフィリピンへの短い旅に出た後に状況が沈静化し、アンナは香港で家族と合流しました。

父親や兄弟姉妹とともに、アンナは泰山近郊の先祖代々の家へ、父親の一人目の母を訪ねました。

彼女は一家の村で10日以上過ごし、近隣の村でもしばらく過ごした後、中国巡業を続けました。

ハリウッドへ戻ったアンナは、中国での1年間とハリウッドでのキャリアを振り返り、次のように語りました。

「思い入れがないんです。私が「アメリカ人すぎる」という理由で中国人から拒絶され、アメリカのプロデューサーからは、中国人の役を演じる俳優は他人種がいいという理由で拒絶され、かなり悲しい状況です」。

アンナの父親は1938年にロサンゼルスへ戻りました。

1930年代後半と他の作品

アンナは1930年代後半に一連のB級映画を製作し、パラマウント映画との契約を完了させました。

しばしば批評家たちが否定したこれらの映画で、アンナに非定型的な役柄が与えられ、そのポジティブなイメージが中国系アメリカ人の新聞で宣伝されました。

低予算映画は、知名度の高い映画よりも大胆であり、アンナはこの点を利用し、成功したプロフェッショナルな中国系アメリカ人の登場人物を描きました。

アンナの映画出演に対する公式な中国側の非難とは対照的に、在ロサンゼルスの中国領事は、これらの映画のうちの2本、「Daughter of Shanghai」(1937)と「King of Chinatown」(1939)の最終脚本を承認しました。

「Daughter of Shanghai」でアンナは物語のヒロインとしてアジア系アメリカ人の女性主人公を演じました。

しかも、当初予定されていた受動的なキャラクターは、積極的に筋書きを動かしていく役柄へ書き直された。

脚本はアンナのために入念に調整され、一時は「アンナ・メイ・ウォン物語」という作業タイトルが与えられたほどでした。

2006年に米国議会図書館がこの映画をナショナル・フィルム・レジストリに保存することに選定したとき、発表では「彼女の他のどの映画よりも、真にアンナの個人的な乗り物」と説明しました。

この映画について、アンナはハリウッド・マガジンにこう語っています、「この映画で自分の役は、今までのどの役よりも気に入っている!私にとって、それは大きな意味がある」と。

「ニューヨーク・タイムズ」紙はこの映画をおおむね好意的に評価し、そのB級映画的な成り立ちについて次のようにコメントしました、「異例なほど有能なキャストが、ある避けられない陳腐さがもたらす最悪の結末からこの映画を救っている。本作のキャストは効果的なセットと組み合わさって、「Daughter of Shanghai」の延長線上にあるイメージに対し、際立っている」と。

1937年10月、マスコミはアンナがこの映画で共演した男性俳優、幼なじみで韓国系アメリカ人俳優のフィリップ・アーンと結婚する計画があるという噂を伝えました。

ボズリー・クラウザーは「Dangerous to Know」(1938)を「一般的に有能なキャストの才能に見合うとは到底思えない、二流のメロドラマ」と酷評しました。

「King of Chinatown」でアンナは、日本の侵略と戦う中国人を助けるために高給の昇進を犠牲にする外科医を演じました。

ニューヨーク・タイムズ紙のフランク・ニュージェントはこの映画に否定的な批評を与えました。

彼は日本との戦いにおける中国人の擁護について肯定的にコメントしたものの、「パラマウントは我々とそのキャストを、そのようなフォルダールに煩わされる必要から免れるべきだった」と書きました。

パラマウント社はアンナを俳優たちの家庭教師としても雇いました。たとえば「Disputed Passage」のユーラシア人役で出演したドロシー・ラモアなど。

1939年にはラジオにも何度か出演。オーソン・ウェルズの「キャンベル・プレイハウス」で、パール・バック「愛国者」の「牡丹」役など。

1930年代から1940年代にかけて、アンナは、広東語、フランス語、英語、ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語などの言語を用いた、歌を含むキャバレーでの演技が高く評価され、アメリカからヨーロッパ、オーストラリアへと巡業しました。

1938年、アンナは映画衣装を競売にかけ、その金を中国援助に寄付。カリフォルニア華人慈善協会は、中国難民を支援する活動に対してアンナを表彰しました。

1942年にアンナが書いた、最初の中国料理本の一つ「New Chinese Recipes」の序文から得た収益もまた、ユナイテッド・チャイナ・リリーフに捧げられました。

アメリカでのキャリアをとおして自分を包んでいた否定的なタイプ分けにうんざりしていたアンナは、1939年に3ヶ月以上オーストラリアを訪問しました。

1940年7月25日、アンナの妹メアリーがカリフォルニアで首を吊って自殺。

後年と1942年の映画での成功

アンナ・メイ・ウォンは、1941年、カリフォルニア州リバーサイドのミッション・インで開催された社交界のイベントに出席。

アンナは「Bombs Over Burma」(1942)と「Lady from Chungking」(1942)に主演。

どちらも貧困層のためのスタジオ、プロデューサーズ・リリーシング・コーポレーションが製作した反日プロパガンダです。

アンナは両作品の出演料をユナイテッド・チャイナ・リリーフに寄付。「Lady from Chungking」はよくあるハリウッドの戦争映画とは異なり、中国人がアメリカ人に救出された犠牲者としてではなく、ようやく英雄として描かれたのです。

アメリカ人の登場人物が日本軍に捕らえられた後でも、主人公たちの主な目的はアメリカ人を解放することではなく、日本軍が重慶市に侵入するのを阻止することでした。

また、中国人の登場人物は中国系アメリカ人の俳優が演じ、日本人の悪役もだいたい中国系アメリカ人の俳優が演じましたが、なかにはヨーロッパ系アメリカ人の俳優も演じるという面白いひねりが加えられています。

「ハリウッド・レポーター」紙と「バラエティ」紙は「Lady from Chungking」でのアンナの演技を高く評価しましたが、映画の筋書きについては否定的でした。

民主党員のアンナは、1952年の大統領選挙でアドレー・スティーヴンソンの選挙運動を支援。

後年、アンナは不動産に投資し、ハリウッドに多くの不動産を所有しました。サンタモニカのサン・ヴィセンテ・ブルバードにあった自宅を「ムーンゲート・アパートメント」と呼ぶ4つのアパートに改築しました。

1940年代後半から1956年にサンタモニカの21番地に弟のリチャードと引っ越すまで、アパートの管理人を務めました。

1949年、アンナの父親はロサンゼルスにて91歳で死去しました。

この年、6年間の不在後、アンナはB級映画「狂った殺人計画」(Impact)に小役で出演し、映画界に復帰。

1951年8月27日から11月21日まで、アンナは自分ののために特別脚本された探偵シリーズ、デュモント・テレビジョン・ネットワークの「The Gallery of Madame Liu-Tsong」シリーズに主演し、タイトルロールで彼女の出生名を使用した役を演じました。

アンナが演じる登場人物は中国美術のディーラーで、そのキャリアは探偵業と国際的な陰謀に関わるものでした。

シリーズ終了後、アンナの健康状態は悪化しはじめました。

1953年後半、彼女は内出血に見舞われたが、その原因を彼女の兄は、更年期障害の発症、彼女の継続的な大量飲酒、そして経済的不安にあると考えていました。

1956年、アンナは中国系アメリカ人のナレーションによる、アメリカ初の中国ドキュメンタリーの一つを司会しました。

ABCの旅行シリーズ「Bold Journey」で放送されたこの番組は、アンナが1936年に中国を訪れたときのフィルム映像で構成されていました。

アンナはまた、「Adventures in Paradise」「The Barbara Stanwyck Show」「The Life and Legend of Wyatt Earp」などのテレビシリーズにもゲスト出演しました。

1960年、アンナ・メイ・ウォンは映画界への貢献が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(ハリウッド名声散歩道)の開通式で1708ヴァイン通りに星を獲得しました。

アンナはまた、ハリウッド大通りとラ・ブレア通りの南東の角にある「ハリウッドへの扉」の彫刻4本の支柱のうち1本に大きく描かれています。

並列している女優は

  • ドロレス・デル・リオ(ヒスパニック系アメリカ人)
  • ドロシー・ダンドリッジ(アフリカ系アメリカ人)
  • メイ・ウェスト(白人アメリカ人)

1960年、アンナはラナ・ターナー主演の「黒い肖像」で映画に復帰。

あるプレスリリースでは、アンナが長い間映画から遠ざかっていた理由について、父親が彼女に伝えた諺で説明しました、 「あまり写真を撮られすぎるな、魂を失うぞ」。

その後の人生と死

1961年2月3日、56歳のアンナはサンタモニカの自宅で死んでいるところを発見されました。心臓発作でした。

火葬された遺骨は、ロサンゼルスのローズデール墓地にある母親の墓に埋葬された。墓石の上部に母親の英語名、両脇にアンナ・メイ(向かって右)と妹メアリー(左)の中国名が刻まれています。

外部リンク

アンナ・メイ・ウォンが着たチャイナドレス(旗袍)をたどるマニアックな記事群。

次のYouTube動画は、CBS INTERACTIVE INC.が運営する「Inside Edition」公式アカウントから。アンナ・メイ・ウォンがアジア系アメリカ人初のハリウッド・アイコンとなった理由を解説しています。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました