この子の7つのお祝いに

劇場映画
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

第1回横溝正史賞を受賞した斉藤澪の同名ミステリー小説を映画化。

スポンサーリンク

この子の7つのお祝いに

予告編はこちら。

  • 邦題:この子の七つのお祝いに
  • 公開年:1982年
  • 上映時間:111分
  • 製作国:日本
  • 上映時間:111分
  • ジャンル:サスペンス
  • 配給:松竹

あらすじ

大蔵大臣の私設秘書・秦一毅の身辺を探っていたルポライターの母田耕一。手型占いをしているという秦の内妻・青蛾を追う母田は、後輩の須藤に連れて行かれたバーのママ・ゆき子と知り合い、その後殺されてしまいます。須藤は母田の仕事を引き継ぎ…。

キーワード

復讐、洗脳殺人

見どころ

名匠・増村保造が、時代背景を巧みに活かした構成で血塗られた愛憎劇を描き出す。復讐鬼と化す岸田今日子、狂気の操り人形となった岩下志麻には戦慄を覚える。

スポンサーリンク

感想

母に翻弄された女性のリベンジ・サスペンス。

クライマックスで志麻ちゃんが腹の底から低音で叫ぶ「おかァァァ・さ・んゥ」が、こちらの腹の底にまで響いてきました。

ファム・ファタル

岩下志麻の洋服と和服を楽しめます。

岩下志麻が居酒屋のママに扮していて、そこへ飲みに行きたくなります。

キャスト

  • 倉田ゆき子…岩下志麻
  • 須藤洋史…根津甚八
  • 母田耕一…杉浦直樹
  • 真弓…岸田今日子
  • 青蛾麗子…辺見マリ
  • 秦一毅…村井国夫
  • 高橋佳哉…芦田伸介
  • 池畑良子…畑中葉子
  • 渋沢刑事…室田日出男
  • 阿久津刑事…小林稔侍
  • 柏原…神山繁
  • 古屋源七…名古屋章
  • 結城昌代…中原ひとみ
  • 飯島…戸浦六宏
  • 生松…坂上二郎

スタッフ

  • 監督:増村保造
  • 脚本:松木ひろし、増村保造
  • 原作:斉藤澪「この子の7つのお祝いに」角川書店、1981年(後に、角川文庫、1984年)
  • 美術:間野重雄
  • 衣装:松竹衣裳、相沢登記雄
  • 衣装協力:鈴乃屋
  • 衣装製作(制作):小泉清子
  • メイクアップ(メーキャップ):入江荘二
  • ヘアスタイル(結髪):馬場利弘、沢辺満代
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
劇場映画
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました