鏡の向こう側に(岩下志麻)

関連情報
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

「鏡の向こう側に」は、女優の 岩下志麻が1990年に主婦と生活社から出版した自伝。

スポンサーリンク

鏡の向こう側に(岩下志麻)

  • 著者:岩下志麻
  • 書名:鏡の向こう側に
  • 出版社 ‏ : ‎ 主婦と生活社
  • 刊行日 ‏ : ‎ 1990/11/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 237頁
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4391112914
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4391112917
  • 奥付:岩下志麻「鏡の向こう側に」主婦と生活社、1990年
スポンサーリンク

もくじ

  • はじめに
  • 第一章 幼い頃の思い出…「屈原」の悪女、かすかな戦争の記憶、依怙ひいきといじめ、河原崎家の教育
  • 第二章 「バス通り裏」の少女…胸ドキドキの初恋、いちばんモテた中学時代、ガリ勉亡者の挫折テレビドラマに出演
  • 第三章 清純派女優でスタート…松竹入社と信州ロケ、篠田監督との出会い、ラブシーン初体験、駆けずのお志麻
  • 第四章 五瓣の椿…演技開眼、結婚の予感、仕事か結婚か、スリリングな同棲生活、質素な結婚式
  • 第五章 おさんと小春…家事はしない妻、憧れの「雪国」の駒子、「智恵子抄」で精神病院見学、情念の世界「心中天網島」、悪女役との出会い
  • 第六章 虚構と現実のはざま…新しい生命の誕生、出産後第一作目“卑弥呼”、母親になる時間自信喪失の厚い壁
  • 第七章 演じる喜び…瞽女役で知った盲人の世界、役づくりの醍醐味、映画とテレビ、女優業最大の楽しみ、私が悪女を演じる理由
  • あとがき
  • 出演映画一覧
  • 出演テレビ一覧
  • 受賞歴

感想

岩下志麻の等身大の自叙伝。

仕事とプライベートを行ったり来たり、話口調で軽やかに書かれているのでとても読みやすいです。

幼少期から、初恋、映画デビュー、結婚、出産を経た志麻ちゃんが、子供として、女子学生として、女優として、妻として、母として、撮影生活や私生活をどう過ごしてきたのか、活き活きと伝わってきました。

 

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
関連情報
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました