ダコタ・ファニング

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

ダコタ・ファニングは米国の女優。

2001年、7歳のときに映画「アイ・アム・サム」のルーシー・ドーソン役で一躍脚光を浴び、8歳で映画俳優組合賞にノミネートされ、SAG史上では最年少でノミネート。

その後、ファニングは子役として、次々に映画出演をはたしました。おもな作品を挙げます。

  • アップタウン・ガールズ
  • The Cat in the Hat
  • Man on Fire
  • ウォー・オブ・ザ・ワールド
  • ドリーマー
  • ハイド・アンド・シーク
  • シャーロットの巣
  • プッシュ
  • コラライン…タイトル・キャラクター
なむ
なむ

別世界のルックスをもっていて、魅惑的な若手女優。

スポンサーリンク

ダコタ・ファニング

  • ダコタ・ファニング(Dakota Fanning)
  • 出生名:ハンナ・ダコタ・ファニング
  • 生年月日:1994年2月23日(30歳)
  • 出生地:米国ジョージア州コンヤーズ
  • 母校:ニューヨーク大学(学士)
  • 職業:女優
  • 活動期間:1999年~現在
  • 親族:エル・ファニング(姉)、リック・アリントン(祖父)、ジル・アリントン(叔母)
  • Instagram:Dakota Fanning

子役以後、「ハウンドドッグ」のルウェレン役、「ミツバチの秘密の生活」のリリー役、「ランナウェイズ」のシェリー・カリー役、「トワイライト・サーガ」のジェーン役など、より成熟した役柄を演じました。

2010年代に入っても、ドラマ「Now Is Good」や「Night Moves」、コメディドラマ「Very Good Girls」、伝記映画「Effie Gray」(2014年)などのインディペンデント作品に出演。

2018年には強盗コメディ「オーシャンズ8」に出演し、時代劇シリーズ「エイリアニスト」で主演を務めました。

その後、クエンティン・タランティーノ監督の映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でマンソンの少女スクイキー・フロム、ドラマシリーズ「ファーストレディ」でスーザン・フォード、「イコライザー3」でCIA捜査官エマ・コリンズを演じています。

スポンサーリンク

生い立ちと教育

ダコタ・ファニングは米国ジョージア州コンヤーズ生まれ。コビントンのモンテッソーリ・スクールに通いました。

母親のヘザー・ジョイ(旧姓アリントン)はテニスのプロ選手で、父親のスティーブン・J・ファニングはマイナーリーグでプレーした後、カリフォルニア州ロサンゼルスで電子機器のセールスマンとして働いていました。

母方の祖父は元アメリカンフットボール選手のリック・アリントン、叔母は元ESPNのリポーターのジル・アリントン。先祖にはウィリアム・ファーラーがいる。

ダコタは女優のエル・ファニングの妹であり、2人とも家の伝統によりミドルネームを名字としていて、南部バプテスト派として育ちました。

俳優としてのキャリア

1999-2003

ダコタ・ファニングは幼い頃にジョージア州ウッドストックにあるタウンレイク・アーツ・センターで女優として活躍し、小さな劇に出演していました。

1999年、5歳のときにタイドのテレビCMに出演し、プロの女優としてのキャリアをスタート。彼女の最初の重要な演技の仕事は、NBCのプライムタイム・ドラマ「ER」へのゲスト出演。これは今でも彼女のお気に入りの役のひとつです。

その後、ダコタは「CSI:科学捜査班」「ザ・プラクティス」「スピン・シティ」などのTVシリーズにゲスト出演。また、「アリー・マクビール」と「エレンショー」のタイトル・キャラクターを少女時代に演じたことがあります。

2001年、ダコタは映画「アイ・アム・サム」でショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、妹のエル・ファニングらと共演。親権をめぐって争う知的障害者の娘役を演じました。この映画での役柄により、彼女は当時7歳という史上最年少で映画俳優組合賞にノミネート。また、その演技により、放送映画批評家協会から最優秀若手男優/女優賞を受賞。

後にダコタの演技は、ルーファス・ウェインライトによるビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」のカバーのミュージックビデオに取り入れられることになり、この曲自体も「アイ・アム・サム」に収録されました。

2002年、スティーブン・スピルバーグ監督は、SFミニシリーズ「Taken」の主役アリソン・”アリー”・クラーク/キーズの子役にダコタを起用。

2003年、ファニングは3本の映画に出演。「Trapped」では誘拐された被害者役、「Sweet Home Alabama」でリース・ウィザースプーンの若い頃の役、「ヘンゼルとグレーテル」ではケイティ役。

「アップタウン・ガールズ」ではブリタニー・マーフィ演じる未熟な乳母のお堅い子役を、「キャット・イン・ザ・ハット」ではサリー役を演じました。

また、妹のエル・ファニングと共演した「となりのトトロ」(英語版)のサツキの声、FOXの「ファミリー・ガイ」シリーズの少女役、カートゥーン・ネットワークの「ジャスティス・リーグ・アンリミテッド」のエピソード「キッズ・スタッフ」の若きワンダーウーマンの声など、声優としても活躍。

2004-2007

2004年、ダコタは「Man on Fire」に出演し、誘拐犯から彼女を守るために雇われた引退した傭兵(デンゼル・ワシントン)の心をつかむ9歳のピタ役に。

2004年には、テレビシリーズ「フレンズ」のシーズン10に出演し、モニカとチャンドラーが購入する家から引っ越す少女マッケンジー役を演じました。

2005年に公開された「Hide and Seek」ではロバート・デ・ニーロと共演。この映画は一般的に酷評されましたが、彼女の演技は好評でした。

ダコタは、ダイレクト・トゥ・ビデオ映画「Lilo & Stitch 2: Stitch Has a Glitch」でリロ・ペレカイの声を担当(デイヴィー・チェイスの代役)。

また、ロドリゴ・ガルシア監督の映画「ナイン・ライヴズ」では、女優グレン・クローズと9分間の場面を演じましたり、「コラライン」の主役をレコーディングしたりしました。

2004年10月下旬、「夢駆ける馬ドリーマー」(相手役はカート・ラッセル)を撮影。この映画で主人公の祖父を演じたクリス・クリストファーソンは、ダコタについてベット・デイヴィスの生まれ変わりのようだと語っています。

「夢駆ける馬ドリーマー」のプロモーション中、ファニングはガールスカウト・オブ・ザ・USAの登録会員となり、特別セレモニーが行われました。

その後、ダコタは「宇宙戦争」に出演し、トム・クルーズと共演。さらに、は「シャーロットのおくりもの」に出演。2005年5月にオーストラリアで撮影を終え、2006年12月15日にプレミア上映されました。

2006年夏、彼女は映画「ハウンドドッグ」に取り組み、報道では「南部の田舎町での虐待、暴力、エルビス・プレスリー崇拝の暗い物語」と評されました。ダコタの両親は、役柄がレイプされるもので、この撮影を許可したことを批判しています。しかし、ダコタはロイターの取材に対して「本当のレイプではなく、あくまでも映画であり、演技なのです」とロイターに答えています。

同2006年、12歳で映画芸術科学アカデミーに招待され、アカデミー史上最年少会員に。同年末、フォーブスの「21歳以下で最も稼ぐスター」ランキングで4位にランクインし、2006年には推定400万ドルを稼ぎました。

2007年春、ケイト・ベッキンセール、ガイ・ピアース、ジョシュ・ハッチャーソン、アカデミー賞受賞者のフォレスト・ウィテカー、ジェニファー・ハドソンらとともに「Fragments – Winged Creatures」を撮影。父親殺しの現場を目撃し、その余波で宗教に傾倒する少女アン・ヘイゲン役。

2007年7月、ダコタは、読者の個人的なエッセイを基にした「グラマー」誌の「Reel Moments」のひとつである短編映画「Cutlass」に出演。監督はケイト・ハドソン。

同9月から年末にかけて、ダコタは香港でディビジョン(アメリカ政府機関)から身を隠し、ディビジョンの支配から逃れようと団結する、念力や透視能力を持つアメリカ人の若者たちを主人公にした「Push」を撮影。ここでダコタは、13歳の超能力者キャシー・ホームズを演じました。

2008-2011

2008年1月、ダコタはスー・モンク・キッドの小説「リリィ、はちみつ色の秘密」の映画化作品の撮影を開始。 1964年のサウスカロライナを舞台にしたこの物語は、リリー・オーウェンズ(ダコタ)が、孤独な生活と父親との問題だらけの関係から逃れるために、介護者で唯一の友人(ジェニファー・ハドソン演じる)とサウスカロライナの町に逃げ込み、そこで風変わりな養蜂家の姉妹3人組(クイーン・ラティファ、ソフィー・オコネド、アリシア・キーズ演じる)に引き取られるというもの。

彼女の作品であるホラーアニメ「コラライン」とSFスリラー「プッシュ」は2009年2月6日に同日公開。2008年3月、ダコタとエル・ファニングは、映画化企画当初、映画「マイ・シスターズ・キーパー」のケイト役とアナ役にそれぞれキャスティングされていました。

しかし、役作りのために頭を剃る必要があると聞いたダコタは、エルと同様に出演を辞退。2人の姉妹は入れ替わり、アビゲイル・ブレスリンがアンナ・フィッツジェラルド役で主役を演じ、ソフィア・ヴァシリエヴァがケイト・フィッツジェラルド役にキャスティング。

ダコタは「ニュームーン」でヴォルツーリ騎士団の一員ジェーンを演じ、ステファニー・メイヤーの小説を原作とした「エクリプス」で再びこの役を演じました。「ニュームーン」は2009年11月20日に公開され、「エクリプス」は翌年6月に公開。2009年3月、推定1,400万ドルを稼いだ彼女は、フォーブスの「最も価値ある若手スター」の第3位にランクイン。

2010年、クリステン・スチュワート、ステラ・メイヴ、スカウト・テイラー=コンプトンらとともに映画「ランナウェイズ」に出演し、バンドのリード・ヴォーカル、シェリー・カリー役に。

そして年末から2011年初めまで、ファニングは「ブレイキング・ドーン」を撮影し、ジェーン役を再演。

アメリカチーム全員の喪失とその後の1961年世界フィギュアスケート選手権のキャンセルを招いたサベナ548便墜落事故から50周年を記念し、U.S.フィギュアスケートが製作依頼したドキュメンタリー映画「Rise」でダコタは声優出演。彼女は、アメリカ代表チャンピオンのローレンス・オーウェン(墜落事故で死亡)が書いた、死後の世界の不気味な予兆と言われる詩を朗読していました。

2011年夏、彼女は「Now Is Good」でテッサ役に。また、マーク・ジェイコブスの香水キャンペーン「オー、ローラ!」の顔にもなりましたが、広告基準局が「広告が子供を性的に描いているとみられる可能性がある」と判断したため、イギリスでは広告が禁止。

2011年、ダコタは2013年11月8日に公開された「モーテル・ライフ」でアニー・ジェームズ役。

2011年秋、エマ・トンプソン脚本・共演のリチャード・ラクストン監督作「エフィー・グレイ」で主演を務め、グレッグ・ワイズ、トム・スターリッジ、ロビー・コルトレーン、ジュリー・ウォルターズ、デレク・ジャコビ、クラウディア・カルディナーレらと共演。

2012–2015

2012年8月、ダコタはスリラー映画「ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画」で、ジェシー・アイゼンバーグとピーター・サースガードの相手役として、裕福な金融エコテロリスト、デナ・ブラウアーの主役に。この映画の監督はケリー・ライヒャルト。本作は、有機農場で働く3人のエコテロリストが水力発電ダムの爆破計画に協力するというストーリー。

2013年1月、ダコタはエロール・フリンの伝記映画「The Last of Robin Hood」のビバリー・アドランド役にキャスティング。

同年9月、彼女は「フラニー」のオリヴィア役に。

11月、彼女は1980年代のパンク・ロック・バンドとアメリカを横断するローディを描いた「Viena and the Fantomes」のヴィエナ役に。この映画は当初2015年に公開される予定でしたが、後に2020年6月30日にデジタル公開。

2014年2月、アニメ映画「Yellowbird」で声の出演を収録。

2015年5月、ローラ・リップマンの2004年の小説を原作とし、ダイアン・レイン、エリザベス・バンクス、ダニエル・マクドナルド、コリン・ドネル、ネイト・パーカーらと共演した「シークレット・デイ」が全米で公開されました。

また、同2015年、マーティン・コールホーフェンは、ジャック・ロスが映画「ブリムストーン」のキャストに加わったことを確認し、同年6月、ハリウッド・レポーターは、ミア・ワシコウスカとロバート・パティンソンの代わりに、ファニングとキット・ハリントンがそれぞれ本作に出演したことを確認。一次収録のセットは6月15日からルーマニア、スペイン、ドイツで行なわれました。

2016年~現在

2016年7月、ダコタが「ベル・ジャー」の映画化にエスター・グリーンウッド役で出演することが発表されました。

2017年、彼女はニール・ブロムカンプ監督の「Zygote」に主演し、ブロムカンプ監督がOats Studiosを通じて公開した実験的な短編映画シリーズの一部として出演しました。

ダコタは2018年に公開された強盗コメディ「オーシャンズ8」にカメオ出演。 同年、TNTの同名小説に基づく歴史テレビシリーズ「The Alienist」にサラ・ハワード役で出演。 2018年8月、TNTは続刊小説「闇の天使」に基づく続編シリーズを発注し、ファニングはサラ・ハワード役で再登場。

2019年、ダコタはクエンティン・タランティーノ監督のコメディドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でリネット・”スキーキー”・フロム役を演じ、彼女と同作キャストはSAG賞の「映画におけるキャストによる優秀演技賞」にノミネートされました。

2019年12月、ダコタと妹のエル・ファニングが、クリスティン・ハンナの2015年の小説を映画化した「ナイチンゲール」で共演することが発表され、メラニー・ローランが監督することが決定。

2021年3月、ファニング姉妹は製作会社Lewellen Picturesの設立を発表。同社はMRC Television/Civic Center Mediaとファーストルック契約を結んでいます。

2023年3月、ダコタはNetflixのミニシリーズ「The Perfect Couple」の主演に抜擢されました。

また、「イコライザー3」に主演し、「マイ・ボディガード」の共演以来、デンゼル・ワシントンと再会しました。

私生活

2011年6月、ダコタ・ファニングはカリフォルニア州スタジオ・シティにあるキャンベル・ホール・スクールを卒業。在学中にバレーボール部のチアリーディング部に所属し、ホームカミング・クイーンに2度選ばれました。

2011年から2014年まで、ニューヨーク大学のギャラティン個別研究大学院に通い、映画や文化における女性の描写に焦点を当てた女性学を専攻。

フィルモグラフィ

映画

公開年 題名 配役
2024 ザ・ウォッチャーズ ミナ
2023 イコライザー3 エマ・コリンズ
2020 ヴィエナとファントム ヴィエナ
2019 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド キーキー
2019 スウィートネス・イン・ザ・ベリー リリー・アブダル
2018 オーシャンズ8 ペネロペ・スターン
2017 ザイゴート バークレイ
2017 プリーズ・スタンバイ ウェンディ
2016 ブリムストーン リズ
2016 アメリカン・パストラル メリー・レヴォフ
2016 ザ・エスケープ リリー
2015 ベネファクター オリビア
2014 エフィ・グレイ ユーフェミア・”エフィー”・グレイ
2014 エブリ・シークレット・シング ロニー・フラー
2014 イエローバード デルフ
2013 夜の動き デナ・ブリュワー
2013 ラスト・オブ・ロビン・フッド ビバリー・アードランド
2013 ヴェリー・グッド・ガールズ リリー・バーガー
2012 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン パート2 ジェーン・ヴォルトゥーリ
2012 セリア ハンナ・ジョーンズ
2012 モーテル・ライフ アニー・ジェームス
2012 ナウ・イズ・グッド テッサ・スコット
2010 ランナウェイズ シェリー・カリー
2010 トワイライト・サーガ:エクリプス ジェーン・ヴォルツーリ
2009 コラライン コラライン・ジョーンズ
2009 プッシュ キャシー・ホームズ
2009 フラグメント ウィングド・クリーチャーズ アン・ヘーゲン
2009 トワイライト・サーガ/ニュームーン ジェーン・ヴォルツーリ
2008 ミツバチの秘密の生活 リリー・オーウェンズ
2007 ハウンドドッグ ルーレン
2007 カトラス レイシー
2006 シャーロットの巣 ファーン・アラブル
2005 かくれんぼ エミリー・キャラウェイ
2005 リロ&スティッチ2:スティッチに魔女がやってきた リロ・ペレカイ
2005 ナイン・ライヴズ メアリー
2005 ウォー・オブ・ザ・ワールズ レイチェル・フェリアー
2005 ドリーマー ケイル・クレイン
2004 炎の人 ルピタ・ラモス
2004 となりのトトロ 日下部さつき
2004 非現実の世界で ナレーター
2003 アップタウン・ガールズ ロレイン・”レイ”・シュライン
2003 帽子をかぶった猫 サリー・ウォルデン
2003 キム・ポッシブル ア・シッチ・イン・タイム プリスクール・キム
2002 トラップ アビゲイル・”アビー”・ジェニングス
2002 スウィート・ホーム・アラバマ ヤング・メラニー
2002 ヘンゼルとグレーテル ケイティ
2001 ファーザーXmas クレア
2001 トムキャッツ 公園の少女
2001 アイ・アム・サム ルーシー・ダイアモンド・ドーソン

TV

放送年 題名 配役
2024 リプリー マージ・シャーウッド
2022 ファーストレディ スーザン・フォード・ベイルズ
2019-2021 Gen:ロック ミランダ・ワース
2018-2020 エイリアニスト サラ・ハワード
2004 ジャスティス・リーグ アンリミテッド ヤング・ワンダーウーマン
2004 フレンズ マッケンジー
2002 テイクン アリー・キーズ
2001 マルコム・イン・ザ・ミドル エミリー
2001 ファイティング・フィッツジェラルド マリー
2001 ファミリー・ガイ 少女
2001 エレンショー ヤング・エレン
2000 ER デリア・チャドシー
2000 アリー・マクビール アリー(5歳)
2000 強い薬 イーディーの少女
2000 CSI:科学捜査班 ブレンダ・コリンズ
2000 ザ・プラクティス アレッサ・エンゲル
2000 スピン・シティ シンディ
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました