エリザベス・オルセン

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

エリザベス・オルセンは米国の女優。

カリフォルニア州シャーマン・オークスに生まれ、4歳で演技を開始。

なむ
なむ

高い顔面偏差値にフランクなタレ目が加わり、演技幅の広がりに期待(^^)

2011年にスリラー映画「マーサ、あるいはマーシー・メイ」で映画デビューを果たし、批評家チョイス映画賞などにノミネート。その後ホラー映画「サイレント・ハウス」に出演し、BAFTAライジングスター賞にノミネートされ、2年後にニューヨーク大学を卒業。

スポンサーリンク

エリザベス・オルセン

  • エリザベス・オルセン(Elizabeth Olsen)
  • 本名:エリザベス・チェイス・“リジー”・オルセン(Elizabeth Chase “Lizzie” Olsen)
  • 生年月日:1989年2月16日(35歳)
  • 出生地:米国カリフォルニア州シャーマン・オークス
  • 出身校:ニューヨーク大学
  • 職業:女優
  • 活動期間:1994年~現在
  • 配偶者:ロビー・アーネット
  • 親族:姉は双子、①メアリー=ケイト・オルセン(姉)、②アシュレー・オルセン(姉)
  • Instagram:Elizabeth Olsen

エリザベスはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース・メディア・フランチャイズ)でワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチを演じています。スーパーヒーロー映画「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)に出演して世界的な知名度を獲得。

そのあと、「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」(2016)、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(2018)、「アベンジャーズ エンドゲーム」(2019)、「ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス」(2022)、ミニシリーズ「ワンダヴィジョン」(2021)に出演。「ワンダ・ヴィジョン」での演技は、プライムタイム・エミー賞とゴールデングローブ賞にノミネート。

マーベルでの仕事以外で、エリザベスは怪獣映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)、ミステリー映画「ウインド・リバー」(2017年)、ドラマ「Ingrid Goes West」(2017年)に出演。ドラマシリーズ「Sorry for Your Loss」(2018-2019)では製作総指揮と主演を務め、未亡人役で批評家チョイス・テレビ賞にノミネート。

スポンサーリンク

生い立ちと教育

エリザベス・エリザベスは1989年2月16日、カリフォルニア州シャーマン・オークスに生まれました。

母親のジャーニーは元ダンサーで、父親のデイヴは不動産業者。両親は1996年に離婚。また、兄、異母兄、異母妹がいます。

エリザベスは4歳の時に演技をはじめ、1994年のテレビ映画「How the West Was Fun」やストレート・トゥー・ビデオのシリーズ「The Adventures of Mary-Kate & Ashley」など、メアリー=ケイトとアシュリーのプロジェクトに出演。

子供の頃に演技を受講し、ミュージカル・シアター・キャンプで過ごしました。カリフォルニア州スタジオシティのキャンベル・ホール・スクールに通学してから、ニューヨーク大学(NYU)のティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツに通い、その間にアトランティック・シアター・カンパニーで授業を受け、ロシアのモスクワ・アート・シアター・スクールで1学期を過ごしています。

彼女は2008年のオフ・ブロードウェイの舞台「Dust」と2009年のブロードウェイの舞台「Impressionism」で代役を務めました。

キャリア

初期の役柄と評価(2011年~2014年)

エリザベス・オルセンは2011年のスリラー映画「Martha Marcy May Marlene」で映画デビュー。この映画はサンダンス映画祭でプレミア上映された後、彼女の演技とともに批評家の称賛を浴びました。

エリザベスの役柄は、カルト教団での生活から逃れて家族の元に戻ったあと、妄想に苦しむ若い女性の主人公マーサ。批評家チョイス映画賞の主演女優賞やインディペンデント・スピリット賞の最優秀女性主演賞など、いくつかの賞にノミネートされました。

彼女は、このキャラクターへの興味を、精神疾患に対する自身の魅力に起因していると考えています。

エリザベスは次に、ホラー映画「サイレント・ハウス」に出演し絶賛されました。

2013年1月、エリザベスは第66回英国アカデミー賞のBAFTAライジング・スター賞にノミネートされた。

伝記ドラマ「キル・ユア・ダーリングス」では、小説家ジャック・ケルアックの最初の妻で、ビート・ジェネレーションの回顧録「You’ll Be Okay」の著者であるイーディ・パーカーを演じました。

2003年には韓国映画「オールド・ボーイ」のアメリカ版リメイクに出演。ジョシュ・ブローリン演じる主人公の娘探しを手伝う看護師マリー・セバスチャン役に。

エミール・ゾラの1867年の小説「テレーズ・ラカン」を映画化した「テレーズ 情欲に溺れて」では主役を演じ、2014年2月に公開されました。

同2014年末、エリザベスはブライアン・クランストン、アーロン・テイラー=ジョンソンと共演した怪獣映画「GODZILLA ゴジラ」に主演し好意的な評価を受けました。1億6,000万ドルの製作費に対して5億2,900万ドルの興行収入を記録。

同2014年公開の映画「少女が大人に変わる夏」では、ダコタ・ファニングとブルックリンの10代の少女役で共演。

マーベル・シネマティック・ユニバースと継続的な成功(2015年~現在)

エリザベスは2015年のスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ」に出演。

「アベンジャーズ」の続編である「エイジ・オブ・ウルトロン」で、MCUメディア・フランチャイズに参加。同作で彼女はワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチを演じ、コミック・ブックのキャラクターの映画デビューを飾りました。

この役でエリザベスは一躍有名に。

エリザベスはソコヴィアという架空の国から来たアクセントでこの役を演じ、彼女によると、その国名はスロバキア語に似ています。

続いて、「シビル・ウォー」(2016年)、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)、「 インフィニティ・ウォー」(2018年)、「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)で、ワンダ/スカーレットを再び演じました。

また、エリザベスは、マーク・エイブラハム監督による2015年の伝記映画「アイ・ソー・ザ・ライト」で、トム・ヒドルストン演じる歌手ハンク・ウィリアムズの妻、マネージャー、デュエット・パートナーであるオードリー・ウィリアムズを演じました。

2017年には、ミステリー映画「ウインド・リバー」で新米FBI捜査官を、コメディ・ドラマ映画「イングリッド・ゴーズ・ウエスト」でソーシャルメディアのインフルエンサーを演じ、いずれも8月に公開、批評家から称賛を浴びました。

翌年、彼女はNetflixの映画「コダクローム」に出演し、エド・ハリス演じる写真家の介護人を演じました。

2018年9月に初公開されたFacebook Watchのウェブテレビシリーズ「Sorry for Your Loss」で、エリザベスはリー・ショーという若い未亡人役で製作総指揮と主演を兼任。彼女は、このシリーズを開発するのにかかった3年間で、ショーの衝動に没頭することができたと語っています。このシリーズは2シーズン終了後、2020年1月にキャンセル。

ヴィジョン役のポール・ベタニーとともに、エリザベスは2021年1月にDisney+で初放送されたスーパーヒーローのミニシリーズ「ワンダヴィジョン」で再びマキシモフを演じました。この演技で彼女は、プライムタイム・エミー賞の優秀主演女優賞(限定またはアンソロジー・シリーズまたは映画部門)とゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミニシリーズまたはテレビ映画部門)にノミネート。

さらに、2022年5月に公開された映画「ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス」でこの役を再演。

エリザベスは、1980年にテキサスで起きた殺人事件を描いたHBO Maxのリミテッド・シリーズ「ラブ&デス」に主婦キャンディ・モンゴメリー役で出演。ドラマ映画「The Assessment 評価」への出演が決まっています。

私生活

エリザベスは、「宗教はコミュニティと祈りの場を持つべきで、女性の自由を決定するものではない」と信じているため、13歳の時に無神論者になったと語っています。

ボビイブラウン化粧品会社のアンバサダー。

俳優のボイド・ホルブルックとは2011年から2014年まで交際。

その後、3年間の交際を経て、2019年7月にアメリカのバンド、マイロ・グリーンのミュージシャン、ロビー・アーネットと婚約。2人は密かに駆け落ちし、エリザベスとアーネットはロサンゼルスに住んでいます。

二人は一緒に児童書「ハティ・ハーモニー」を共同執筆。書名は2022年6月発売の「心配探偵ハティ・ハーモニー」と2023年6月発売の「オープニング・ナイト」: オープニング・ナイト」(2023年6月発売)。エリザベスとアーネットの不安との経験は、本の創作にインスピレーションを与えています。

フィルモグラフィ

映画

公開年 題名 配役
2023 三人の娘 クリスティーナ
2022 ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
2019 アベンジャーズ エンドゲーム ワンダ・マキシモフ
2018 コダクローム ズーイー・カーン
2018 アベンジャーズ インフィニティ・ウォー ワンダ・マキシモフ
2017 イングリッド・ゴーズ・ウエスト テイラー・スローン
2017 ウインド・リバー ジェーン・バナー
2016 キャプテン・アメリカ シビル・ウォー ワンダ・マキシモフ
2015 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン ワンダ・マキシモフ
2015 アイ・ソー・ザ・ライト オードリー・ウィリアムズ
2014 テレーズ 情欲に溺れて テレーズ・ラカン
2014 キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー ワンダ・マキシモフ
2014 ベリーグッド・ガールズ ジェリー・フィールズ
2014 ゴジラ エル・ブロディ
2013 キル・ユア・ダーリングス イーディ・パーカー
2013 オールド・ボーイ マリー・セバスチャン/ミア・ドゥセット
2012 レッド・ライツ サリー・オーウェン
2012 サイレント・ハウス サラ
2012 平和と愛と誤解 ゾーイ
2012 リベラル・アーツ ジビー
2011 マーサ・マーシー・メイ・マリーン マーサ/マーシー・メイ/マーリーン・ルイス

TV

放送年 題名 配役
2023 愛と死 キャンディ・モンゴメリー
2023 ホワット・イフ…? ワンダ=マーリン・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
2022 サタデーナイトライブ 彼女自身
2021-2022 マーベル・スタジオ アセンブル 彼女自身
2021 ワンダヴィジョン ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
2018-2019 お悔やみ申し上げます リー・ショー
2017 ハーモンクエスト ストリップ
2016 酔っぱらいの歴史 ノーマ・コップ
1994 西部劇の楽しみ方 車の少女

演劇

上演年 題名 配役
2013 ロミオとジュリエット ジュリエット
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました