ドリーマ・ウォーカー

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

ドリーマ・エリス・ウォーカー(Dreama Elyse Walker)は、米国の女優。「ゴシップガール」シリーズの脇役、映画「コンプライアンス 服従の心理」の主役、2つの短期TVシリーズのコメディ「23号室の小悪魔」、リーガルドラマ「Doubt」の主役で知られます。

スポンサーリンク

ドリーマ・ウォーカー

  • 本名:ドリーマ・エリス・ウォーカー
  • 生年月日:1986年6月20日(37歳)
  • 出生地:米国フロリダ州タンパ
  • 職業:女優
  • 活動期間:2006年-現在
  • 配偶者:クリストファー・マクマホン(2015年)
  • 子供:2人
  • Instagram:Dreama Walker
  • Twitter:Dreama Walker Online
スポンサーリンク

ファム・ファタル

ドリーマ・ウォーカーはか細くて可愛い。目と口が大きめで派手な顔面。

コンプライアンス 服従の心理」で主役のベッキー役。イタズラ電話の進行につれて徐々に脱がされていって、寒そうな感じでした。本作は彼女の初ヌード作品。

経歴

映画

2008年、ドリーマ・ウォーカーは映画「Wherever You Are」に出演。同年、「グラン・トリノ」でクリント・イーストウッド演じる主人公の孫娘、アシュリー・コワルスキーを演じました。

その後、2012年の映画「コンプライアンス 服従の心理」に出演。クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(2019)ではコニー・スティーヴンスを演じました。

テレビ

2008年から2009年にかけて、ウォーカーは「ゴシップガール」の最初の2シーズンに、ブレア・ウォルドーフの手下の一人、ヘイゼル・ウィリアムズ役で出演。2010年には、2部構成のミニシリーズ「七つの大罪」にハーパー・グレース役で出演しました。

2012年から2013年にかけては、シットコム「23号室の小悪魔」にジューン役で出演。

2013年のシットコム「New Girl」のエピソードに、同名のNew Girlであるジェスの宿敵モリー役でゲスト出演。

また、ドラマシリーズ「グッド・ワイフ」の最初の5シーズンのうち8エピソードでベッカ役を演じました。

2014年5月5日、ウォーカーがアマゾン・スタジオのコメディドラマシリーズ「Cocked」に出演。パイロット版は2015年1月15日にデビューしましたが、シリーズ化されることはありませんでした。

私生活

ドリーマ・ウォーカーは米国カリフォルニア州ロサンゼルス在住。母親はイタリア系。

2015年8月1日、ウォーカーはカウアイ島でクリストファー・マクマホンと結婚。二人の間には二人の娘がいます。

この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました