ジャクリーヌ・モロー

関連情報
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

ジャクリーヌ・モローは仏国のファッション・デザイナー。

ゴダール作品をはじめ、おもに映画衣装や演劇衣装をデザインしてきました。

スポンサーリンク

ジャクリーヌ・モロー

ジャクリーヌ・モロー(Jacqueline Moreau)は1929年10月11日にフランスのアンスニに生まれました。

おもに映画衣装や演劇衣装をデザインし、セザール賞デザイン部門の受賞・ノミネート、プライムタイム・エミー賞衣装デザイン部門のノミネートなどを誇ります。

スポンサーリンク

経歴

1946年から1949年まで、フランスのナント美術学校(エコール・デ・ボザール・ナント校)で幼馴染のジャック・ドゥミと学びました。

卒業後の1949年から1951年まで、ジャクリーヌはパリの高等映画撮影学研究所で勉強しました。

その後、15年間にわたりアートディレクターのジョルジュ・ヴァケヴィッチのもとでチーフデザイナーのアシスタントになりました。

夫のベルナール・エヴァンともどもジャン・リュック・ゴダール監督の映画に衣装デザイナーや美術監督として協力しました。

とくに三者が結集した映画に、私のお気に入り作品「女は女である」があります。

カトリーヌ・ドヌーヴと姉フランソワーズ・ドルレアックが共演した映画「ロシュフォールの恋人たち」で、ジャクリーヌは衣装デザインをマリー・クロード・フーケと共同で担当したこともあります。

このポスターを飾るおしゃれなカフェが京都にあります(喫茶 ラ・マドラグ/la madrague)。

作品

私生活

夫婦の子供にコスチューム・デザイナーのアニエス・エヴァンがいます。

シネマテーク・フランセーズ

彼らのアーカイブの一部(コメント付、ワーキングノート、フィルムアーカイブ)はシネマテーク・フランセーズ(La cinémathèque française)で調べることができます。

たとえば「Jacqueline Moreau Une femme」と入れると次のページなどが検索結果に出てきます。

外部リンク

  • エコール・デ・ボザール・ナント校…ジャクリーヌ・モローの母校。
  • La Cinémathèque française…フランス政府が多くを出資する大規模なデータベース「シネマテーク・フランセーズ」。検索アイコンに映画のスタッフ名やキャスト名などを入れてみて下さい。関連情報がたくさん出てきます。
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
関連情報
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました