ジュリアン・ムーア

女優・モデル
この記事はPRを含みます。作品紹介のうち「あらすじ」と「見どころ」に若干の誇張表現があり、他の項目は正確または率直な表現にしています。
スポンサーリンク

ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)として知られるジュリー・アン・スミスは米国の女優。

1990年代初頭から映画界で活躍。とくに自主映画では感情的に悩む女性を演じることで有名です。

アカデミー賞、BAFTA賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞など、数々の栄誉に輝いています。

なむ
なむ

見れば見るほど松坂慶子…(^^)

知的で大胆な遅咲きの実力派として注目されてきました。温室での無残な死に方も手伝って一躍注目を浴びた「ゆりかごを揺らす手」の彼女が、さらにファンを驚かせたのは「ショート・カッツ」で見せたヘア・ヌードでしょう。

知的で優しい顔つきからは想像できない大胆さは、 舞台とテレビで培ってきた女優スキルの現われ、スタローンとバンデラスの間に入って、互角に演じた「暗殺者」のすばしっこい泥棒ぶりが好印象を残しました。

スポンサーリンク

ジュリアン・ムーア

  • 本名:Julie Anne Smith(ジュリー・アン・スミス)
  • 生年月日:1960年12月3日(63歳)
  • 出身地:米ノースカロライナ州フォートブラッグ
  • 国籍:米国、英国(2011年より)
  • 出身校:ボストン大学(美術学士)
  • 職業:女優・作家
  • 活動期間:1981年~現在
  • 配偶者:ジョン・グールド・ルービン(1986年結婚、1995年離婚)、バート・フロイントリッヒ(2003年結婚)
  • 子供:2人
  • 親戚:ピーター・ムーア・スミス(兄)
スポンサーリンク

生い立ちと教育

出生

ジュリアン・ムーアは1960年12月3日に米国ノースカロライナ州のフォート・ブラッグ陸軍基地でジュリー・アン・スミスとして生まれました。

父のピーター・ムーア・スミスは、ベトナム戦争中にアメリカ陸軍の空挺部隊に所属し、大佐の階級を獲得して軍事判事になっていました。

母アン(旧姓ラヴ)は米国レンフルーシャー州グリーンロック出身のスコットランド人。心理学者でソーシャルワーカーでした。

幼少期

父親の仕事の関係で、幼少期にムーアは頻繁にアメリカ中を転々としていました。

一家はアラバマ、ジョージア、テキサス、パナマ、ネブラスカ、アラスカ、ニューヨーク、ヴァージニアなどに住み、ムーアは9つの異なる学校に通学。

こうした困難にもかかわらず、のちにムーアは転々とするライフスタイルが将来のキャリアにとって有益だったと語っています。

移動が多いと行動が変幻自在になることを知り、それは、見ること、改革すること、性格が変わることを教えてくれたと彼女は述べています。

ドイツへ移住

16歳のときに一家はドイツへ移住しました。

それとともに、ヴァージニア州フォールズチャーチのジャスティス高校から、西ドイツのフランクフルトにあるフランクフルト・アメリカン高校へ転校。

利発で勉強熱心だった彼女は自称「いい子」で、医者になるつもりでした。

演技への関心

彼女は舞台を演じることはもちろん、劇場に通うことすら考えたことがありませんでしたが、熱心な読書家であり、読書趣味がきっかけで演技を高校で学びました。

ムーアは「タルトゥッフェ」や「メデア」などいくつかの劇に出演して、英語教師の勧めもあって演劇の道を選びました。

ボストン大学に入学

両親は彼女の決断を支持しましたが、大卒という付加的な安心感を与えるために大学で訓練を受けるよう要求。

彼女はボストン大学に入学して、1983年に演劇の美術学士号を取得して卒業しました。

キャリア

少女時代を父親の仕事の関係で世界各国で過ごしました。ボストン大学で演劇の学士号を取得。オフ・ブロードウェイを経て、シリアスな現代劇や古典劇などの舞台やTVで活躍。1992年「ゆりかごを揺らす手」で主人公の友人役を演じて映画デビュー。30代に入ってから映画女優として認められました。「セ ーフ」「サバイビング・ピカソ」、スピルバーグの話題作「ジュラ シック・パーク2」への出演でだんだん有名に。

大卒後に女優へ

卒業後にジュリアンはニューヨークへ移り、ウェイトレスとして働きました。

アクターズ・エクイティに芸名を登録したのち、1985年にオフ・ブロードウェイの劇場でキャリアをスタート。

異母姉妹のフラニーとサブリナ・ヒューズの二役を演じた彼女は、この集中的な仕事が重要な学習経験であることに気づき、「自信をつけ、責任を取ることを学んだ」と懐かしそうに語っています。

「アズ・ザ・ワールド・ターンズ」を降板する前は、1987年のCBSのミニシリーズ「I’ll Take Manhattan」に出演。

ワールド・ターンズ」の契約を終えると、ガスリー劇場で上演された「ハムレット」でオフィーリアを演じてイヴァネクと共演しました。

その後の3年間、断続的にテレビに出演し、テレビ映画「Money, Power, Murder」「The Last to Go」「Cast a Deadly Spell」に出演。

1990年、ジュリアンは舞台演出家のアンドレ・グレゴリーとともに、チェーホフの「ワーニャ伯父さん」のワークショップ・シアターでの制作を開始。

彼女は「私がこれまで経験した中で、最も根本的に重要な演技体験のひとつだった」と述べていて、このグループは4年間かけてテキストを探求し、友人たちに親密な演技を披露しました。

映画デビュー

また1990年、ジュリアンは「テイルズ・フロム・ザ・ダークサイド」のミイラの犠牲者役で映画デビュー。

これは低予算のホラーで、彼女は後に「ひどい」と評しています。

主人公の不運な友人を演じたスリラー映画「ゆりかごを揺らす手」は全米興行収入1位を記録し、ムーアはその演技で複数の批評家の注目を集めました。

彼女は1993年をとおして脇役を演じつづけ、エロティック・スリラー「BODY/ボディ」にマドンナの恋のライバル役で出演。

この映画は批評家に酷評され、ムーアはその後「大きな間違いだった」と自分の出演を後悔しています。

「ベニー&ジュン」では、エイダン・クイン演じるベニーに恋する優しいウェイトレスを演じ、この年最大のヒット作の一つとなったハリソン・フォード主演のスリラー映画「逃亡者」にも医師役で短時間出演しました。

台頭(1993年~1997年)

ショート・カッツ

映画監督のロバート・アルトマンは「ワーニャ伯父さん」でのジュリアンの演技を観て感銘を受け、群像劇「ショート・カッツ」(1993年)に彼女を起用しました。

この作品は、監督の次のプロジェクトで、レイモンド・カーヴァーの短編小説をモチーフにした映画です。

彼女が「全くの無名」であり確立された俳優たちに囲まれたいたこともあり、芸術家マリアン・ワイマンを演じることは難しい経験でした。

しかし、この登場人物が彼女にとって画期的な役となりました。

批評家のトッド・マッカーシーは彼女の演技を「目を奪われる」と評し、腰から下を裸にして語る彼女の独白は、この映画で「間違いなく最も議論されるシーンになるだろう」と述べました。

ムーアはインディペンデント・スピリット賞の助演女性賞に個人でノミネートされ、モノローグ・シーンは彼女の知名度を高めました。

「ショート・カッツ」は、ムーアの知名度を高めた3本の連続映画出演のうちの1本となりました。

42丁目のワーニャ

つづいて1994年、ルイ・マル監督により、彼女が現在進行中の「ワーニャ伯父さん」のワークショップ制作を映画化した「42丁目のワーニャ」が上演されました。

ムーアのイエレナの演技は、タイムアウトによって「単に傑出している」と評され、ボストン映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞。

Safe

さらに、ジュリアンは初の主役を任され、トッド・ヘインズの低予算映画「Safe」(1995年)で、多発性化学物質過敏症を発症した不幸な郊外の主婦を演じました。

この役柄のために大幅な減量を余儀なくされ、ジュリアンは体調を崩しました。その後、映画のために体を変えることを二度としないと誓いました。

映画史家のデヴィッド・トムソンは、この作品を「1990年代で最も魅力的で、独創的で、完成度の高い映画のひとつ」と評しました。

この演技でジュリアンはインディペンデント・スピリット賞の主演女優賞にノミネート。

これらの3つの役を振り返って彼女は「すべてが一度に出てきて、私は突然このプロフィールを手に入れた。素晴らしかった」と述べました。

ルームメイト

次の出演作はコメディドラマ「ルームメイト」(1995年)で、ピーター・フォーク演じる主人公の義理の娘を演じました。

このロマンチック・コメディはクリス・コロンバス監督、ヒュー・グラント共演で、批評は芳しくありませんでしたが、興行的には成功を収て、現在でも彼女の最高興行収入作品の一つです。

批評家からは酷評されたものの、同作は全世界で8,350万ドルを稼いでいます。

1996年にジュリアンが唯一出演した作品はマーチャント・アイヴォリーの映画「Surviving Picasso」。

アンソニー・ホプキンスの相手役として画家ドーラ・マールを演じました。この時代劇は不評でした。

ロスト・ワールド

スティーブン・スピルバーグが1993年の超大作「ジュラシック・パーク」の続編「ロスト・ワールド」。

古生物学者サラ・ハーディング博士役にジュリアンは出演し、キャリア上で重要なポイントとなりました。

ありとあらゆるものにぶら下がり、さらに登ったり、走ったり、物から飛び降りたり…、まさにノンストップの撮影でした。

「ロスト・ワールド」は史上最高の興行収入を記録した10本のうちの1本となり、ジュリアンを人気女優にする上で極めて重要な作品となったのです。

のちに彼女は「突然、私は商業映画のキャリアを手に入れた」と語っています。

「指紋の神話」は、1997年に公開された彼女の2作目の映画。この製作中に、彼女は後の夫となるバート・フロインドリッヒ監督に出会いました。

同1997年末にジュリアンはダーク・コメディ「シカゴ・キャブ」にカメオ出演。

世界的な認知(1997年~2002年)

1990年代後半から2000年代前半にかけて、ジュリアン・ムーアは業界で大きな評価をえました。

ブギーナイツ

彼女が初めてアカデミー賞にノミネートされたのは、1970年代のポルノ業界で働く人々を主人公にし高い評価をえた「ブギーナイツ」。

監督のポール・トーマス・アンダーソンは製作前にあまり知られていませんでしたが、ムーアは彼の「爽快な」脚本に感銘を受けて作品に参加しました。

BBCのマーティン・グランヴィルは、この役には自信と弱さの混合が必要であり、ジュリアンの努力に感銘を受けたとコメントしました。

また、「タイムアウト」はこの演技を見事だと評価しましたし、「ニューヨーク・タイムズ」のジャネット・マスリンは素晴らしいと評価しました。

ジュリアンは「ブギーナイツ」での成功に続き、コーエン兄弟のダークコメディ「ビッグ・リボウスキ」(1998年)に出演。

この映画は公開当時はヒットしなかったのですが、その後カルト的な名作となっています。

彼女の役は、フェミニストのアーティストで、主役「デュード」と関係するようになる同名キャラクターの娘、モード・リボウスキ。

サイコ

そして1998年末、ジュリアンはアルフレッド・ヒッチコック「サイコ」のリメイクであるガス・ヴァン・サント監督の「サイコ」で大失敗。

この映画で彼女はライラ・クレーンを演じましたが批評は芳しくなく、「ガーディアン」紙は彼女の「無意味な」出演作の一つと評しました。

理想の夫&情事の果て

ダークコメディ「Cookie’s Fortune」(1999年)でロバート・アルトマンと再びタッグを組んだ後、ジュリアンはオリヴァー・パーカーがオスカー・ワイルドの戯曲を映画化した「理想の夫」に主演。

この作品は19世紀末のロンドンを舞台にしていて、ローラ・チェバリー夫人を演じた彼女は、ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門主演女優賞にノミネートされました。

また、「情事の果て」(1999年)でも同年のドラマ部門にノミネート。

グレアム・グリーンの小説を原作にしたこの作品で、ジュリアンはラルフ・ファインズの相手役として1940年代英国で不倫する妻を演じました。

批評家のマイケル・スラゴーは彼女の演技を絶賛。

ジュリアンはこの役で2度目のアカデミー賞ノミネート(主演女優賞は初)を受けただけでなく、英国アカデミー賞(BAFTA)と映画俳優組合賞(SAG)にもノミネートされました。

また、「A Map of the World」ではシガニー・ウィーヴァーと共演し、死別した母親役を演じました。

1999年の5本目にして最後の作品はロサンゼルスを舞台として、複数の登場人物のある1日の生活を描いたドラマ「マグノリア」。

この役柄は難しかったとジュリアンは語っていますが、SAGにノミネートされました。

この後、「マグノリア」「理想的な夫」「世界地図」の3作の演技が高評価され、ナショナル・ボード・オブ・レビューによって1999年度の助演女優賞に選ばれました。

コメディ映画「The Ladies Man」へのカメオ出演をのぞいて2000年に出演したのは、サミュエル・ベケットの戯曲「Not I」の短編映画化作品だけ。

ハンニバル

2001年初頭にジュリアンはアカデミー賞受賞作「羊たちの沈黙」の続編「ハンニバル」にFBI捜査官クラリス・スターリング役で出演。

ジョディ・フォスターが再演を辞退したため、監督のリドリー・スコットはアンジェリーナ・ジョリー、ケイト・ブランシェット、ジリアン・アンダーソン、ヘレン・ハントらを抑えてジュリアンを起用しました。

「ハンニバル」の評価はさまざまでしたが、オープニングの週末で5,800万ドルを稼ぎ、その年の興行収入第10位となりました。

2001年には公開されたさらに3本の映画に出演。

  1. デヴィッド・ドゥカヴニーと共演したSFコメディ「エボリューション」
  2. 夫のドラマ映画「ワールド・トラベラー」
  3. ケヴィン・スペイシー、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェットと共演した「シッピング・ニュース」

3作品とも評判は芳しくありませんでした。

2002年はムーアのキャリアの頂点であり、同年度のアカデミー賞で2部門にノミネートされた9人目のパフォーマーとなりました。

彼女は、夫がゲイであることを明かしたことで世界が揺れ動く1950年代の主婦を演じたメロドラマ「天国から遠く離れて」に出演し、主演女優賞にノミネート。

この役はトッド・ヘインズが彼女のために書き下ろしたもので、ふたりは「Safe」以来初めてタッグを組みました。

ジュリアンはこの作品について「とても個人的なプロジェクトで……とても信じられないような光栄な作品」と語りました。

この役でジュリアンは、ヴェネチア国際映画祭やナショナル・ボード・オブ・レビューを含む19の機関から主演女優賞を受賞しました。

ニコール・キッドマン、メリル・ストリープと共演した「めぐりあう時間たち」で、ムーアはこの年2度目のオスカー候補となりました。

彼女は再び1950年代の悩める主婦を演じ、ケネス・トゥーラン役が実質的に「天国から遠く離れて」の役を再演したと評価されました。

似たような役柄が同じ時期に来たのは「不幸な偶然」であり、登場人物の性格は異なっていると語っています。

「めぐりあう時間たち」は作品賞を含むアカデミー賞9部門にノミネートされた。また、ムーアはBAFTA賞とSAG賞の助演女優賞にノミネートされ、ベルリン国際映画祭ではキッドマン、ストリープと共同で銀熊賞(主演女優賞)を受賞した。

女優(2003年~2009年)

ジュリアンは2003年にスクリーンに出演しませんでした。

しかし、2004年に3本の映画でカムバック。

この年最初の2作品は成功のような失敗のような…。

マシュー・ブロデリックと共演したダーク・コメディ「Marie and Bruce」は映画公開に至らず。

つづく「Laws of Attraction」ではピアース・ブロスナンの相手役として法廷モノのロマンティック・コメディを演じたましたが、批評家からは酷評されました。それでも、全米興行収入第1位を記録しています。

2005年、ジュリアンはコメディ「Trust the Man」で夫と3度目の共演を果たしました。

1950年代の主婦イヴリン・ライアンの実話を描いた「The Prize Winner of Defiance, Ohio」では主演に。

2006年最初の作品は、サミュエル・L・ジャクソンと共演したミステリー「Freedomland」。反応は圧倒的に否定的でしたが、続くアルフォンソ・キュアロン監督の「チルドレン・オブ・メン」は高く評価されました。

ロッテン・トマトでは、ジュリアンのキャリアで最も評価の高い作品のひとつに挙げられています。

デヴィッド・ヘアの戯曲「The Vertical Hour」の世界初演でブロードウェイデビュー。

サム・メンデス演出、ビル・ナイ共演のこの作品は、2006年11月に上演されました。

ジュリアンは、2003年のイラク侵攻に対する自分の見解に疑問を抱く元戦争特派員のナディア役を演じました。

ニューヨーク・タイムズ紙のベン・ブラントリーは、この作品に乗り気ではないジュリアンをミスキャストと評しています。

また、「バラエティ」誌のデヴィッド・ルーニーは、彼女に舞台技術が欠如していることを批判し、硬く自意識過剰に見えたと評しました。

ジュリアンは後に、ブロードウェイで演じることは難しいと感じて演劇に縁がなかったと認めたが、ブロードウェイで試せたことを喜びました。

ニコラス・ケイジとジェシカ・ビール共演のSFアクション映画「Next」で、ジュリアンは2度目のFBI捜査官役を演じました。

この映画はフィリップ・K・ディックの短編小説が原作で、批評家からの反応はかなり否定的でした。

それでも、彼女はこの役に魅了されました。

「I’m Not There」では、トッド・ヘインズと3度目の共演。

2008年には、フェルナンド・メイレレス監督によるディストピアスリラー「ブラインドネス」でマーク・ラファロと共演。

この映画は広く公開されることはなく、批評家たちは概して冷めていました。

「ピッパ・リーの私生活」では脇役を演じ、その後、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライドとエロティック・スリラー「クロエ」に主演。

「バラエティ」誌のレスリー・フェルペリンは、この作品はムーアにとって久々のに最高の役だったと述べ、彼女の演技の「並外れた感情的ニュアンス」に感銘を受けたとコメントしました。

「シングルマン」はアメリカ映画協会によって2009年のトップ10作品に選ばれ、ムーアはこの映画の演技で5度目のゴールデングローブ賞にノミネートされました。

TV、コメディ映画への復帰(2010年~2013年)

「30Rock」第4シーズンにゲスト出演し、18年ぶりにテレビに復帰。

エミー賞を受賞した同コメディの5つのエピソードに出演し、アレック・ボールドウィン演じるジャック・ドナギーの恋の相手、ナンシー・ドノヴァンを演じました。

2013年1月のシリーズ・フィナーレにも出演。

また、「アズ・ザ・ワールド・ターンズ」にフラニー・ヒューズ役で復帰し、2010年の番組終了間際に登場人物の家族とのシーンに短いカメオ出演を果たしました。

このサイコスリラーは否定的な評価を受け、2013年までアメリカで公開されませんでした(タイトルは「6 Souls」に変更)。

ジュールズ・オールグッド役は、脚本家・監督のリサ・チョロデンコが彼女のために書き下ろしたもので、ジュリアンが適齢期かつドラマとコメディの両方が得意で、映画の性的な内容に自信があるとリサは感じていました。

批評家のベッツィー・シャーキーは、ムーアが演じたジュールズを「未実現の欲求と中年期の不安の実存的な束」と称し、「女優がカメラの前で裸になる瞬間が無数にあり、時には文字通り、時には感情的に……ムーアはすべての音を完璧に演じている」と称賛しました。

クレイジー、おバカ、ラブ」では、スティーヴ・カレルの別居中の妻を演じ、好意的に評価され、全世界で1億4280万ドルを稼いでいます。

彼女は、2008年のサラ・ペイリンの副大統領就任キャンペーンをドラマ化したHBOのテレビ映画「ゲーム・チェンジ」に主演しました。有名な人物を演じることは彼女にとって挑戦的なことであり、その準備のために、彼女は徹底的なリサーチを行ない、方言コーチと2ヶ月間仕事をした。この映画に対する反応は様々でしたが、批評家たちは彼女の演技を高く評価。

ジュリアンは2012年に2本の映画に出演。

ロバート・デ・ニーロをサポートしたドラマ「Being Flynn」は限定公開されましたが、より大きな成功を収めたのは、両親の離婚に巻き込まれた少女の物語「メイジーの瞳」でした。これはヘンリー・ジェイムズの小説を脚色し、21世紀にアップデートしたドラマは、ほぼ全世界の批評家から賞賛を浴びました。メイジーのロックスターの母親スザンナ役は、カメラに向かって歌うことを要求され、彼女は恥ずかしいと思いながらも、この挑戦を受け入れました。彼女はスザンナをひどい親といいましたが、キャラクターを完全に区別していたため、この役が不快になることはなかったと語っています、「あれは私じゃないとわかっているから」。

「メイジーの瞳」での好評につづいて、2013年、ジュリアンは、ジョセフ・ゴードン=レヴィット監督のコメディ「ドン・ジョン」に脇役として出演し、主人公の人間関係を理解する手助けをする年上の女性を演じました。この映画の批評は好意的で、「タイム」誌のメアリー・ポルスは、ムーアがこの映画の成功の重要な要因だったと書きました。

次の出演はコメディ映画「45歳からの恋の幕アケ!!」(2013年)の主演。この出演は評判が悪く、興行収入も少ないものでした。

2013年10月、スティーヴン・キング原作のホラー小説を映画化した「キャリー」で、彼女は頭の悪い母親マーガレット・ホワイトを演じました。「サンフランシスコ・クロニクル」紙のミック・ラサール記者は、1976年の映画ではなく原作の文章を参考にすることで、彼女は「(マーガレットの)過去に深刻なダメージがあったという、語られることのない、ほのめかされただけの歴史を示唆する」ことに成功したと書いています。

批評と商業的成功(2014年~2017年)

2014年、53歳のジュリアンは批評的にも商業的にもかなりの成功を収めました。

この年最初の作品は、リーアム・ニーソンと共演した飛行機内を舞台にしたアクション・スリラー「フライト・ゲーム」。この映画への反応は賛否両論でしたが、全世界で2億2300万ドルを加瀬g来ました。

続いて彼女は、デヴィッド・クローネンバーグ監督のブラックコメディ「マップス・トゥ・ザ・スターズ」で心理療法を受ける老女優ハヴァナ・セグランを演じ、カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞。「ガーディアン」紙に「グロテスクで、派手で、冷酷な」キャラクターと評されたジュリアンは、「彼女が遭遇したハリウッドの犠牲者の集合体」を役柄のベースとし、業界における彼女の初期の経験を生かしました。バラエティ誌のピーター・デブルージュはこの映画を酷評しましたが、ムーアは「信じられない」「大胆不敵」であると評価。カンヌ国際映画祭でのムーアの成功は、ジュリエット・ビノシュに次いで、「ビッグ3」(ベルリン、カンヌ、ヴェネツィア)の映画祭で主演女優賞を受賞した史上2人目の女優となりました。

ジュリアンは、収益性の高い映画「ハンガー・ゲーム」シリーズの第3弾「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」で、キャピトルに反抗する反乱軍のリーダー、アルマ・コイン大統領を脇役で演じました。同作は、彼女にとって現在までの最高興行収入にランクイン。。

2014年最後の映画出演は、彼女のキャリアの中でも最も高く評価された作品のひとつに数えられるものです。ドラマ「アリスのままで」で、ムーアは早期発症のアルツハイマー病と診断された言語学教授の主役を演じました。批評家のデヴィッド・トムソンは、ムーアが「記憶と自信を徐々に失っていく様を明らかにするのが並外れて上手い」と書き、ケネス・トゥーランによれば、彼女は「この変容の言葉を使わない要素が特に上手く、心の中が空っぽになるときがどんな感じなのかを、彼女の顔の輪郭の変化を通して見ることができる」と述べています。

2015年、ジュリアンはジェフ・ブリッジスと共演した評判の悪いファンタジー・アドベンチャー映画「セブンス・サン 魔使いの弟子」に悪の女王役で出演。

また、彼女は刑事とその同性パートナーを描いた実話に基づくドラマ「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」でエリオット・ペイジと共演し、グレタ・ガーウィグとイーサン・ホークと共演したロマンティック・コメディ「マギーズ・プラン」にも出演。両作品は2015年トロント国際映画祭に出品されました。

「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」でムーアは気取ったデンマーク人教授を演じ、「ヴァニティ・フェア」の批評家リチャード・ローソンがこの映画の「最大の楽しみ」と評しました。同シリーズ最終作である「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」ではアルマ・コイン役を再演。

1年間スクリーンから遠ざかっていたジュリアンは、2017年に3本の映画に出演。

ブライアン・セルズニックの同名の歴史児童小説を映画化した「ワンダーストラック」では、トッド・ヘインズと再タッグを組み、一人二役を演じました。彼女の役は、1920年代のサイレント映画スターと1970年代の聾唖図書館司書で、準備のために手話を勉強し、リリアン・ギッシュの映画を観ました。リチャード・ローソンは、限られたスクリーンタイムにもかかわらず、彼女を「非常に観やすい」と高く評価。

ついで、コーエン兄弟が脚本を書き、ジョージ・クルーニーが監督した風刺スリラー「サバービコン 仮面を被った街」で、その年2度目の一人二役をジュリアンは演じました。彼女はマット・デイモンの相手役として、1950年代のアメリカで地元の犯罪に巻き込まれるローズとマーガレットという名の双子の姉妹を演じたのです。この映画は否定的な批評を受け、アメリカの人種差別を効果的に描けていないと批評家は評したが、「インディペンデント」紙のジェフリー・マクナブはムーアが「バーバラ・スタンウィックのようなファム・ファタールを完璧に判断したコミカルな演技をした」と称賛しました。

ジュリアンの2017最後の公開作は、2015年のスパイ映画「キングスマン」の続編「キングスマン:ゴールデン・サークル」。本作で、コリン・ファース、タロン・エガートン、チャニング・テイタム、ハル・ベリーとたち共演。彼女は、麻薬カルテルを経営する悪役起業家ポピー・アダムス役を演じました。登場人物の行動にもかかわらず、ジュリアンはポピーが「奇妙だが合理的」に見えるように演じました。ピーター・デブルージュはこの映画を「奇想天外」と評し、ジュリアンが自分の役を「マーサ・スチュワートと悪魔のような1950年代の主婦を掛け合わせたように」演じたと書きました。

自主映画とストリーミング・プロジェクト(2018年~現在)

ジュリアン・ムーアには2018年に初公開された映画が2本あります。

彼女は、レリオ自身のチリ映画「グロリア」の英語版リメイクであるセバスティアン・レリオ監督の「グロリア 永遠の青春」に、人生の意味を探求する中年女性の稀有な描写に惹かれました。「ハリウッド・レポーター」紙のスティーヴン・ダルトンは、彼女が「まったく自然で、静かに呪術的なスター演技」を披露したと考えていました。

その年の2作目は、日本大使館人質事件を描いたアン・パチェットの同名小説にもとづくスリラー「ベル・カント とらわれのアリア」。オペラ歌手としての演技のために、ジュリアンはルネ・フレミングがヴォーカルを務めたシーンのために、プロの身のこなしを真似ることを学びました。「シカゴ・トリビューン」紙のガイ・ロッジは、この映画を小説の映画化としては不成功とみなし、彼女の作品を「彼女の基準からすれば、エッジのない作品」と判断。

同2018年、ルカ・グァダニーノ監督の短編映画「The Staggering Girl」に出演。

2020年、ジュリアンは伝記映画「グロリアス 世界を動かした女たち」でフェミニスト活動家のグロリア・スタイネムを演じ、女優のアリシア・ヴィキャンデルとルル・ウィルソンと役を分けました。

翌2021年、彼女は同名小説を原作としたジョー・ライト監督のスリラー映画「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」と、同名の舞台ミュージカルを原作としたスティーヴン・チョボスキー監督のミュージカル映画「ディア・エヴァン・ハンセン」でエイミー・アダムスの相手役を務めました。

彼女は、スティーヴン・キング原作の同名スリラー小説を映画化したApple TV+のミニシリーズ「リーシーズ・ストーリー」でタイトルロールを演じました。

ジェシー・アイゼンバーグ監督によるコメディドラマ映画「When You Finish Saving the World」(2022年)では、お堅い母親の主役を演じ、「ハリウッド・レポーター」紙のジョン・デフォーアは、嫌われ者のキャラクターを共感的に演じた彼女を称賛しました。

ジュリアンは2022年の第79回ヴェネツィア国際映画祭で審査委員長を務めました。

つづいて、ジュリアンはApple TV+向けのスリラー映画「Sharper 騙す人」(2023年)に主演したが、これは控えめな評価でした。

再び、トッド・ヘインズと共演したドラマ「May December」では、ナタリー・ポートマンと共演し、ずっと若い男性と結婚した女性を演じました。ジュリアンは、「信じられないほど複雑で、説得力がある」彼女のキャラクターを「美しすぎる母」で演じたキャラクターと比較して、スクリーン・デイリー誌のジョナサン・ロムニーは、彼女の演技が「神経質な脆さと、威圧的な脆さ」の両方を兼ね備えていると称賛しています。

ついでジュリアンは歴史ドラマのミニシリーズ「Mary & George」で、ニコラス・ガリツィーン演じるジョージ・ヴィリアーズの相手役としてメアリー・ヴィリアーズを演じます。Apple TV+向けの3つ目のプロジェクトでは、スリラー映画「Echo Valley」で主演を務めます。

その他のベンチャー

児童文学作家

雀斑そばかす顔のイチゴ シリーズ

ジュリアン・ムーアは女優業と並行して児童文学作家としてのキャリアも確立しています。

2007年10月に出版された彼女の最初の本「Freckleface Strawberry」(雀斑顔のイチゴ)は、ニューヨーク・タイムズのベストセラーに。「タイムアウト」誌で「シンプルで甘く、半自伝的な物語」と評されたこの本は、そばかすをなくしたいと願いながらも、最終的にはそばかすを受け入れる女の子の物語。

ジュリアンは、幼い息子が自分の外見を嫌がるようになったとき、この本を書くことを決めました。彼女は、そばかすがあることでからかわれ、他の子どもたちから「そばかす顔イチゴ」と呼ばれていた自分の子ども時代を思い出します。

この本はシリーズ化され、2016年現在、6冊の続編が出版されています。

2009年には「Freckleface Strawberry and the Dodgeball Bully」、2011年には「Freckleface Strawberry: Best Friends Forever」を出版。いずれも、子どもたちは自分自身の問題を克服できるというメッセージが込められています。

また、「Freckleface Strawberry: Backpacks!」、「Freckleface Strawberry: Lunch, or What’s That?」は、ランダムハウス出版社の「Step Into Reading」プログラムの一環としてリリースされました。

これらに続き、2016年夏には「Freckleface Strawberry and the Really Big Voice
」「Freckleface Strawberry: Loose Tooth!」、2017年には「Freckleface Strawberry: Monster Time!」がリリースされました。

「Freckleface Strawberry」はローズ・カイオラとゲイリー・クッパーによってミュージカル化され、2010年10月にニューヨークのニュー・ワールド・ステージズで初演されています。

その他

ジュリアンは「そばかすいちご」シリーズとは別に、児童書を1冊書いています。2013年に発表された「My Mom is a Foreigner, But Not to Me」は、他国出身の母親とともに育った彼女の体験にもとづいています。この本は、「パブリッシャーズ・ウィークリー」誌と「カーカス・レビュー」誌から否定的な評価を受けました。

レセプションと演技スタイル

ジュリアン・ムーアは、同世代の女優の中で才能が優れていて、熟練した女優の一人であるとメディアから評されてきました。60代女性として、彼女は定期的に、そして目立つ役で仕事を続けている年配の女優であるという点で珍しいです。

また、低予算の自主映画からハリウッドの大作まで、バラエティに富んだ出演を楽しんでいます。

「ナイン・マウンテンズ」のような商業的なプロジェクトから「セーフ」のようなアートハウスの傑作まで、無傷で行き来できる稀有な能力が高評価され、彼女はアートハウスでもシネコンでも尊敬されてきました。

「ハンニバル」の監督リドリー・スコットはジュリアンの多才さを称賛しています。また、2013年10月、彼女はハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞しました。2015年、「タイム誌」は毎年恒例のタイム100リストで世界で最も影響力のある100人の一人に彼女を選びました。。

2020年、「ニューヨーク・タイムズ」紙は21世紀の最も偉大な俳優のリストで彼女を11位にランク付けし、「エンパイア」誌による2022年の読者投票で彼女は、史上もっとも偉大な俳優50人に選ばれました。

「ガーディアン」紙のオリヴァー・バークマンは、彼女の登場人物は典型的に「秘めた苦悩や忍び寄る失敗の自覚に直面しながらも、平常心を保とうと奮闘している」と書いたことがあります。

演技へのアプローチについて、ジュリアンは演技の95%を撮影現場で発見するに任せています。登場人物を感じとってカメラに収めたい、そのためには感情を持ち込まずに、感情が起きるポジションに自分自身を置くこと……それが起こったときにエキサイティングだというわけです。

私生活

結婚・家庭

ジュリアン・ムーアの最初の夫は、俳優、プロデューサー、舞台演出家であるジョン・グールド・ルービン。1984年に出会い、2年後に結婚。1993年に別居し、1995年8月に離婚が成立しました。

ついで彼女は、「指紋の神話」で監督を務めたバート・フロイントリッヒと1996年に交際を開始し、2003年8月23日に結婚。ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジに住みました。二人の間に1997年12月4日生まれの息子ケイレブ・ムーア・フロイントリッヒと、2002年4月11日生まれの娘リブ・ヘレン・ムーア・フロイントリッヒの2人の子供がいます。彼女たちにはしっかりした家庭生活を営んでいて最も満足のいくものとのこと。彼女は仕事をする際、家族の近くにいようとし、親として実用的な素材を選びました。

親戚関係

ジュリアンはPBSの番組「Finding Your Roots」でとりあげられ、研究者たちはジュリアンの家系図を作成して彼女のDNAを分析。友人で俳優のマリサ・トメイが同じことをしたところ、マリサとジュリアンが遺伝的に従姉妹同士であることがわかりました。

政治的見解

ジュリアンは政治的にはリベラルであり、2008年と2012年の米国大統領選挙ではバラク・オバマを支持しました。

また、フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒の支援者であり、「命のための行進」を組織。また、同グループのミュージックビデオの公開にも協力しました。

彼女は無神論者です。「Inside the Actors Studio」で、天国に到着したとき神は彼女に何を言うかもしれないと尋ねられたとき、彼女は神の答えを「まあ、あなたは間違っていたと思う、私は存在するのだから」と答えました。

ジュリアンはドナルド・トランプの移民政策に反対し、2020年、米国大統領選でジョー・バイデンを支持しました。

フィルモグラフィ

映画

公開年 タイトル 役割
1990 テイルズ・フロム・ザ・ダークサイド 映画 スーザン
1992 ゆりかごを揺らす手 マーリーン・クレイヴン
1992 ベティ・ルーのハンドバッグの中の銃 エリノア
1993 ボディ・オブ・エビデンス シャロン・デュラニー
1993 ベニー&ジュン ルシー
1993 逃亡者 アン・イーストマン博士
1993 ショートカット マリアン・ワイマン
1994 42丁目のワーニャ イェレナ
1995 セーフ キャロル・ホワイト
1995 ルームメイト ベス・ホルツェク
1995 ナイン・マンス レベッカ・テイラー
1995 暗殺者 アンナ/エレクトラ
1996 サバイビング・ピカソ ドーラ・マール
1997 ロスト・ワールド ジュラシック・パーク サラ・ハーディング博士
1997 指紋の神話 ミア
1997 ブギーナイツ マギー/アンバー・ウェーブス
1997 シカゴ・キャブ 取り乱した女
1998 ビッグ・リボウスキ モード・リボウスキ
1998 サイコ ライラ・クレーン
1999 クッキーの幸運 コーラ・デュバル
1999 理想の夫 ローラ・チーヴリー夫人
1999 世界地図 テレサ・コリンズ
1999 情事の終わり サラ・マイルズ
1999 マグノリア リンダ・パートリッジ
2000 私じゃない
2000 レディース・マン オードリー
2001 ハンニバル FBI捜査官クラリス・スターリング
2001 エボリューション アリソン・リード博士
2001 ワールド・トラベラー ダルシー
2001 海運ニュース ウェイビー・プラウズ
2002 天国から遠く離れて キャシー・ウィテカー
2002 ザ・アワーズ ローラ・ブラウン
2004 マリーとブルース マリー
2004 引き寄せの法則 オードリー・ウッズ
2004 忘れられたもの テリー・パレッタ
2005 トラスト・ザ・マン レベッカ
2005 オハイオ州ディファイアンスの賞金稼ぎ エブリン・ライアン
2005 ザ・ネイキッド・ブラザーズ・バンド 彼女自身
2006 フリーダムランド ブレンダ・マーティン
2006 チルドレン・オブ・メン ジュリアン・テイラー
2007 次へ NSAエージェント、カリー・フェリス
2007 野蛮な恩寵 バーバラ・バケランド
2007 アイム・ノット・ゼア アリス・ファビアン
2008 イーグル・アイ アリイア(声)
2008 ブラインドネス 医師の妻
2009 ピッパ・リーの私生活 キャット
2009 シングルマン シャーロット・ロバーツ
2009 クロエ キャサリン・スチュワート
2010 キッズ・アー・オールライト ジュールズ・オールグッド
2010 シェルター カーラ・ハーディング
2011 クレイジー、おバカ、ラブ エミリー・ウィーバー
2012 ビーイング・フリン ジョディ・フリン
2012 メイジーの知っていたこと スザンナ
2013 ドン・ジョン エスター
2013 イングリッシュ・ティーチャー リンダ・シンクレア
2013 キャリー マーガレット・ホワイト
2014 ノンストップ ジェン・サマーズ
2014 マップ・トゥ・ザ・スターズ ハバナ・セグラン
2014 スティル・アリス アリス・ハウランド博士
2014 ハンガー・ゲーム モッキングジェイ パート1 アルマ・コイン社長
2014 セブンス・サン マザー・マルキン
2015 マギーの計画 ジョルジェット・ノールガード
2015 フリーヘルド ローレル・ヘスター
2015 ハンガー・ゲーム モッキングジェイ パート2 アルマ・コイン社長
2017 ワンダーストラック リリアン・メイヒュー/年上のローズ
2017 サバービコン ローズ/マーガレット
2017 キングスマン ゴールデン・サークル ポピー・アダムス
2018 グロリア・ベル グロリア・ベル
2018 ベルカント ロクサーヌ・コス
2019 アフター・ウェディング テレサ・ヤング
2019 よろめく少女 フランチェスカ・モレッティ
2020 グロリアス グロリア・スタイネム
2021 窓辺の女 ケイティ/ジェーン・ラッセル
2021 飼いならされない魂 コーラ・プレスコット(声)
2021 ウィズ/イン 第1巻 不明
2021 ディア・エヴァン・ハンセン ハイディ・ハンセン
2022 世界を救い終えたら レイチェル・カッツ
2023 シャープ マデリーン
2023 5月 12月 グレイシー・アサートン・ユー
TBA エコー・バレー ケイト・ギャレット

TV

放送年 タイトル 役名 備考
1984 夜の果て カルメン・エングラー 全7話
1985–1988 アズ・ザ・ワールド・ターンズ フラニー・ヒューズ
2010 アズ・ザ・ワールド・ターンズ サブリナ・ヒューズ
1987 アイル・テイク・マンハッタン インディア・ウェスト ミニシリーズ
1989 金、権力、殺人 ペギー・リン・ブレイディ テレビ映画
1990 B.L.ストライカー ティナ エピソード ハイ・ライズ
1991 ザ・ラスト・トゥ・ゴー マーシー テレビ映画
1991 キャスト・ア・デッドリー・スペル コニー・ストーン テレビ映画
1998 サタデーナイトライブ ホスト エピソード ジュリアン・ムーア/バックストリート・ボーイズ
2004 セサミストリート 彼女自身 2エピソード
2009–2013 30 Rock ナンシー・ドノヴァン 6エピソード
2012 ゲーム・チェンジ サラ・ペイリン テレビ映画
2016 インサイド・エイミー・シューマー 彼女自身 エピソード ブレイブ
2016 ディフィカルト・ピープル サラ・ナスバウム エピソード High Alert
2017 ナイトキャップ 彼女自身 エピソード Single White Staci
2021 リシーズ・ストーリー リジー・ランドン ミニシリーズ
2023 メアリー&ジョージ メアリー・ヴィリアーズ ミニシリーズ
この記事を書いた人
なむ

50代前半の既婚男性。元大学教員、現寺院職員。趣味は自転車遍路と映画・ドラマ視聴。詳細は名前リンクをクリックしてください。

なむ語るをフォローする
女優・モデル
スポンサーリンク
このページをシェアする
なむ語るをフォローする
なむ語る

コメント お気軽に感想を教えてください ^_^

タイトルとURLをコピーしました